TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

Eco Car Cup 2013
Carbon Tras #135 Sillky PRIUS 010   2013/07/21
c0084643_1614204.jpg

レース名称Eco Car Cup 2013サマーフェスティバル                         
開催日時2013年 7月 21日(日曜日)
開催場所富士スピードウエイ:レーシングコース 4,563m
天候曇り25℃
 ・ドライバー山本 晋也
 ・ドライバー込山 勇
・ナビゲータ稲葉浩美・稲葉大典

結果 
出走台数61台
予選4位
SHV(スーパーハイブリッドクラス)2位
総合9位
               

過酷な暑さを予想していたが、外気温25℃前後の過ごしやすい気候の富士スピードウエイ。
c0084643_16145058.jpg

参加条件は、ハイブリッド車両であること。
今回はBMW AH3や新型レクサスGS450hを始め、ハイブリッド多車種の参加が多く面白味のあるエコレースとなってきた。
61台と、参加台数の多さから、予選は2組で行われた。

c0084643_16154882.jpg
c0084643_1616587.jpg
             


BMW AH3の圧倒的な速さには、プリウスでは到底追いつく訳もなく#135は予選4番手に付けることに。ハイブリッドカーでは圧倒的な人気のプリウス30は、#135も含めると参加台数34台!当然のことだがプリウス30勢の中では予選1位の高ポジションを得ることになった。 
c0084643_16162829.jpg

2010年参戦時は、ホイル・タイヤなど参加車両が市販車のままだったこの競技ですが、今回はホイル・タイヤ・サスペンション・シート・カラーリングなどを変えて参加する車両も多く見受けられ、#135はー150kgの軽量化に加え、エコカーのモディファイに対する指針として、参加者からの注目も多く集めている。当然ながら予選で頑張ることで、参加者からの注目はさらに高くなる。
ここ一番の速さはとても重要なアピールポイントでもあります。

c0084643_16164650.jpg
             

前回まで監督を務めていた、フリージャーナリストの山本晋也がドライバーを務める。
3時間の耐久レースは定刻AM10:00スタート
c0084643_1617560.jpg

 スタートよく飛び出す他車より、遅れてスタートした#135は、燃費順位を優先する山本の作戦による。実は、この作戦が大きく間違っていることになる。レース順位と消費燃費の合算で総合順位が決まるこのレースは、速いだけでも駄目だが、あくまでもレース順位が大きなポイントとなる。
 
c0084643_16172693.jpg
            
   
1周目に何位で帰ってくる順位によりその後のレース順位は大きく左右されることになる?山本は、終始燃費走行に徹し、レース順位を上げることが出来ず13:00のゴールを迎えることになった。
小山町を周遊するオリエンテーリングでは、エコカーカップ公道ステージ特別賞!(^^)v
c0084643_16191419.jpg

参加者だけではなく、地元新聞社も注目のトラス車両は、翌日の静岡新聞朝刊に記事が掲載されました。
# by carbon_tras | 2013-08-13 16:19 | Tras Racing
VLN2013 Rd,5
53. ADAC Reinoldus-Langstreckenrennen
c0084643_18174657.jpg

参戦クラス SP8 クラス
開催日 2013/7/20
天候 晴れ
エントリー 総数:193 台 SP8 クラス:9 台
出走 総数:182 台 SP8 クラス:9 台
完走 総数:122 台 SP8 クラス:5 台
ドライバー #135
・ Uwe Kleen 選手 ・ Klaus Völker 選手
・ Jordan Tresson 選手
ドライバー #137
・ Helmut Baumann 選手
・ Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 20/7/2013
Weather: Sunny
Total entries: 193 cars; SP8: 9
Cars started: 182 cars; SP8: 9
Cars completing race: 122 cars; SP8: 5
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_18182598.jpg

ヨーロッパ全土に熱波が襲来♪空一面に青空が広がる快晴のニュルブルクリンク。
今回のトピックは、昨年のVLN 第9 戦にCCS-R で参戦後、ドライビングに魅せられ、ついに購入してしまったバウマンさん。
バウマンさんは、念願叶って CCS-Rオーナードライバーとしての参戦となった。

As Europe was hit by a heat wave, the Nürburgring presented itself with a partly blue sky. This time's hot topic is clearly the Baumann brothers, who had decided to buy a CCS-R after racing in one during last year's VLN9. It was then, that the Baumann's wish to be CCS-R owner-drivers was born.
c0084643_18184686.jpg

20日(土曜日)8 時30 分から90分行われた予選では、路面温度の上昇と共にタイヤ内圧を合わせる慌ただしさ。
#135 は9 分14 秒344 で総合45 位/SP8 クラス8 位
#137 は9 分22 秒550 で総合56 位/SP8 クラス9 位
総合順位では前回よりも好位置につけることが出来た。
しかし#137 は予選終盤で追突され、リヤバンパーとディフューザーを破損。メカニックは、短い時間で修復作業に追われた。

On July 20 (Saturday) at 8:30AM the 90 minutes qualifications took place with high surface temperatures and accordingly adjusted tire pressure.
#135: 9”14’344 – Overall rank 45 / SP8 Class rank 8
#137: 9”22’550 – Overall rank 56 / SP8 Class rank 9
This time the overall ranking was higher than in the prior qualifying. However #137 encountered a collision during the qualifying and took damage to the rear bumper and the diffuser. The mechanics only had a very short time to repair the damage before the race.
c0084643_18191884.jpg

正午から開催された決勝、第1スティントでは、#135を前に137 号車が追走するというランデブー走行を見せ、サーキット全体の視線をCCS-Rが集める。
Völker 選手、Horst Baumann 選手と、抜群の安定感を誇る2 台のCCS-R は、アクシデントもなく、総合順位を10 位ほど上げて、ピットに帰ってきた。

For the afternoon race during the 1st stint the cars were racing with #135 right in front of #137, capturing the attention of spectators throughout the circuit.
Klaus Völker and Horst Baumann both safely and constantly drove throughout the stint without any accidents and were able to improve the ranks by ten positions by the time they returned to the pit.
c0084643_18194240.jpg

第2 スティントは#135 にTresson 選手、#137 にHelmut Baumann 選手が搭乗。
#137 は、他クラスの遅い車の集団に巻き込まれ、ペースダウンを強いられる苦しいレース展開に。それとは対照的に#135は他車に引っ掛かる事なく、ペースアップしていく。無線のトラブルで、#135 とピットは交信できなくなってしまったが、サインボードによる指示に的確に対応し、快走していく。

Our drivers for the second stint: Jordan Tresson in #135 and Helmut Baumann in #137.
For #137 this part of the race turned out to be tough as it was caught in groups of slower cars, forcing it to slow its pace. Very differently #135 was unhindered by competing vehicles and able to increase its pace. Troubles with the radio made communication impossible. The team finally communicated using the signboard and succeeded to smoothly proceed.
c0084643_18201492.jpg

先に第3 スティントに入った#137 のHorst Baumann 選手は、毎周確実に順位を上げていく。#135前戦では、赤旗終了の為に走れなかったKleen 選手が、入賞圏内を目指して第3 スティントに入る。135 号車の無線はピットからドライバーへの交信は届いている事を祈り、毎周同クラスのライバルとのタイム差を伝える。レースは残り1 時間を切り、ジリジリと前を行くアストン・マーティンV12 ヴァンテージを追い詰める。

Horst Baumann took the wheel in #137 after it returned to the pit and improved the ranks constantly. During the prior race Uwe Kleen in the #135 couldn't race due to a red flag abort. This time he aimed at the podium as he entered his third stint. The radio continued to cause trouble and the pit crew just hoped their indications of the rival lap timing got through to the driver. As the final hour started the distance to the Aston Martin V12 Vantage shrank.
c0084643_18204162.jpg

#137 は無事第4 スティントに入り、Helmut Baumann選手がラストスパートを掛ける。#135 号車とヴァンテージの差が20 秒程に縮まり、あと一息というところで、無常にもレース開始から4 時間が経過、クラス4 位でのフィニッシュとなった。#137 は、クラス5 位でのフィニッシュ。デビュー戦を完走で飾ったことは、素晴らしい結果であったと言えるだろう。

#137 entered the fourth stint without any problems and Helmut Baumann went for a last spurt. The gap between #135 and the Vantage reduced to the 20-second range, in need for just that little bit more after 4 hours of continuous fight, finished as fourth in class. #137 finished as fifth in class. This being the debut race finishing the race through to the end is a great result!
c0084643_1821429.jpg
c0084643_18211220.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
車の出来には満足している。今日はすごく暑かったから、レース自体が厳しいものになると思い慎重に走っていた、レース2 周目から至る所でアクシデントが起きていた。今回の様にタフさが求められるレースで完走出来た事は、次の6 時間レースにも生かされると思う。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
タイヤの良い所を見つけられなかった事が、自分達のレースを難しくしてしまった。この車が次の速さを手に入れる為には、そこのポイントを詰めていかなければならない。
ライバル達に差を付ける為には、タイヤの良さを引き出す事と…ドライバーだ(笑)
『Jordan Tresson 選手のコメント』
ちょっとジャンプするような所で着地が安定しないけど、そこ以外は良い感じです。路面温度も上がって、タイヤの減り方が前回とは違った、車の中が暑くて大変だけど、楽しい経験になった。CCS-R でVLN に参戦出来て本当に嬉しい♪

『Helmut Baumann 選手のコメント』
時間的に厳しい中、自分達の車を完成させてくれて本当にありがとう。自分のCCS-R で走るのは夢のようです。今迄試乗したCCS-R より足回りが固められていて、良い感じ。
これだけ安定しているのに、ポテンシャルの高さがまだまだ感じられるとは、CCS-R はすごい車だよ。今日は、本当に満足!!
『Horst Baumann 選手のコメント』
自分達のCCS-R でニュルブルクリンクを走ることが出来るなんて、夢みたいだ!!
セッティングは、兄と話し合いながら詰めていきます。第1 スティントはVölker 選手と近い所で走れたから、ペースも良かった。今週末は興奮しっぱなしだったからちょっとクールダウンして、それから次のレースの作戦を練るよ。

『Klaus Völker』
“I am satisfied with the cars grade. As it was really hot today, I thought it would be a tough race and I raced carefully. From the races second lap onward there were accidents. I think we can translate the tough attitude we developed finishing this race for the next upcoming six hour race!”
『Uwe Kleen』
“Our race was made difficult by the fact that we were not able to find the ‘good spot’ of the tires. To get to the next level of speed with this care, we need to work on this point and get it right.
To close the gap to our rivals we got to discover the tire’s goodness and …. drive well. ☺“
『Jordan Tresson』
“Only when landing after a jump I feel a slight instability. Other than that we are at a good place. As the circuit surface heated up, the tires wore differently. In the car it was sweltering hot, but it was a great experience. I am really happy to take part in the VLN with the CCS-R!”

『Helmut Baumann』
“Thank you for finishing our car in time for the race despite the limited time frame! Being able to race in our very own CCS-R is like a dream. More than the CCS-R we have tried so far, the car’s setup was nice and firm.
The car displays a high potential, despite its high grade of stability. This is a great car! Today I am really satisfied.”
『Horst Baumann』
“It really is like a dream to race the Nürburgring in our own CCS-R!!
Together with my brother we came up with the setting. In the first stint we were able to keep up with Völker at a good pace. I experienced this week at a high level of excitement. Now it is time to cool down and then start setting the strategy for the next race.”


レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
c0084643_18212374.jpg

# by carbon_tras | 2013-08-03 18:25 | Tras Racing
VLN2013 Rd,4
44. Adenauer ADAC Simfy Trophy
c0084643_20282895.jpg

参戦クラス:SP8
開催日 2013/6/22
天候 曇り時々雨
エントリー 総数:186 台 SP8 クラス:9 台
出走 総数:173 台 SP8 クラス:8 台
完走 総数:156 台 SP8 クラス:7 台
ドライバー #135
・ Uwe Kleen 選手 ・ Klaus Völker 選手
・ Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・ Helmut Baumann 選手
・ Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 22/6/2013
Weather: Cloudy with rain
Total entries: 186 cars; SP8: 9
Cars started: 173 cars; SP8: 8
Cars completing race: 156 cars; SP8: 7
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #136: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_2029944.jpg

ウイークに入り天候は不安定、ニュルウェザーで、ドライ〜ハーフウェットのコンディションでの幕開けとなったVLN第4戦。
土曜日の朝8 時30 分から10 時迄行われた予選では、両車共クリアラップを中々取れず、苦労を強いられる。
タイムアップを果たすもののSP8クラスのライバルチームも戦闘力を上げてきており予選結果は#135  9 分14 秒924 で総合58 位、#136 9 分22 秒127 で総合71 位。

Entering the VLN week, the weather was unstable. It is classic Nürburgring weather that makes for dry to half wet tyre conditions, as the curtain opens for the fourth VLN challenge. During the qualifying from Saturday 8:30 to 10:00AM both cars were having trouble finding a clear lap. The rival teams of the SP8 class were increasing their efforts as ever. The results of the time lap were as follows. #135 with 9”14’924 leading to overall qualifying rank 58. #136 with 9”22’127 leading to overall qualifying rank 71.
c0084643_20293541.jpg

予定通り正午に決勝がスタート。序盤、両車共に50 位前後をキープする順調な出だしを見せる。KlausVölker 選手、Horst Baumann 選手の両者が乗るCCS-R は、非常に安定した走りを見せ、ジリジリと順位を上げていく。
しかし、レース4 周目辺りから時折雨がパラつき始め、その影響からかクラッシュによるイエローフラッグが多くなってきた。
ピットでも、第1 スティント終了ギリギリ迄スリックとレインタイヤ両方を考慮した準備を進めるが、ニュルブルクリンクを熟知したチームは、スリックタイヤ続行の決断と共に、ピットに両車を迎え入れる。
第2 スティントは135 号車にJordan Tresson 選手、136 号車にHelmut Baumann 選手が搭乗。コンディションが徐々に厳しくなっていく中、CCS-R は中盤第2 スティントでも安定した走りを続ける。特に今レースがVLN デビュー戦となるTresson 選手は、デビューとは思えない素晴らしい走りを見せ、イエローフラッグのみならず、ダブルイエローも毎周発生する過酷な条件下で、順位を着実に上げていく。
第2 スティントを終えようとしていた所、レースは急変する。ピットは第3 スティントの準備に追われていたが、突如レースは赤旗中断となり、車両をパルクフェルメに移動するよう、レース本部より指示が出る。時刻は14 時40 分、通常であれば再開の可能性もある時間だったが、この措置はレース終了を意味していた。
レース本部からの発表によると、Opel Astra で参戦していたWolf Silvester 選手が、心臓発作によりマシンをコントロール出来ずにコースアウト、レスキュー隊による懸命の蘇生措置が行われたが、搬送中に死亡が確認された。死因はクラッシュによるものではないものの、主催者側の迅速な判断は的確なものでした。
Wolf Silvester 選手のご逝去を悼み、ご遺族ならびに関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。
2 台のCCS-R は今回、非常に安定した走りを見せ、そのポテンシャル、パフォーマンスの高さを証明出来た。このまま順調に経験を積み、ポイントを積み重ね続けて行く事が出来たら素晴らしいシーズンとなるであろう。最終順位は、#135が総合30 位/SP8 クラス3 位、#136 は総合45 位/SP8 クラス6 位。

The race started as planned. First the cars strived to keep a rank around 50th. The CCS-R drivers Klaus Völker and Horst Baumann both show a steady race and manage to climb the ranks slowly but surely. However, from the fourth lap onwards rain started to fall intermittently. This led to crashes and yellow flags.
In the pit, considering until the end of the first stint, both slick and wet tyres were prepared. The team, knowing the Nürburgring well, decided to continue with slick tyres as it called the cars in.
The second stint was fought by Jordan Tresson in the #135 and Helmut Baumann in the #136. Despite conditions growing constantly worse during the middle of the race, the CCS-R continued to race steadily. Especially Tresson, who raced the VLN for the first time, showed a performance unlike a debut and continuously climbed the ranks despite yellow and double yellow flags being shown each lap.
During the second stint the race suddenly changed. Race control called the red flag, just when the preparations for the third stind in the pit had been completed. The cars retired to the parc fermé. At 2:40PM the race was declared finished.
Race control announced that driver Wolf Silvester, who was racing in the Opel Astra, had experienced a cardiac episode and had lost control over his machine. He subsequently ran off the circuit. The rescue team initiated life saving actions, however during transportation death was confirmed. Death resulted not from the crash, but due to other medical reasons and the race organization decided clearly and rightly to end the race.
As we mourne the passing of Wolf Silvester, we would like to send our condolences to his family and team members.
Both CCS-Rs showed a steady race this time. Their potential and high end performance capability was proven. If we continue to gain such experience and success, we will accumulate points and can aim for a great season. The final rankings were as follows: #135: Overall 30th and 3rd in the SP8 class. #136: Overall 45th and 6th in SP8 class.
c0084643_2030124.jpg
c0084643_20302683.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
今回のレースは、スタートドライバーを担当しました。
CCS-Rは全体的に良いセッティングが出ています。アンダーステアも解消されてタイムも刻めるようになっています。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
赤旗中止により、今回は結局予選しか走ってない、車のセッティングは大分固まってきた。ハードコンパウンドのタイヤがセッティングにうまくマッチして安定感が増してきたので、この方向でセッティングをもっと詰めていく事になると思う。予選ではクリアラップが取れなくて苦戦しました。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
チャンスを提供して頂いた山内一典さんに感謝したいです。車のバランスが非常に良いですね!ブレーキ、タイヤも素晴らしい!!コーナリングもスムーズ!!!ノルドシュライフェの厳しさ、という経験も出来た。
コンディションが悪くなっても、車の電子制御システムが素晴らしかったから、気持ち良く走れたよ。
私にとって今回のレースは「クラス3 位入賞なんて驚くほど見事な出来です!!」
Silvester 選手のご冥福を祈ります。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
CCS-R でのレース経験を積む為に色々試しながら走った。
攻めるところが見えてきたから次戦はもっと良い結果が期待出来るよ。
『Horst Baumann 選手のコメント』
CCS-Rは、どの点を取ってもポジティブ。兄が走ったプラクティスでセッティングを変え乗りやすくなった、土曜日のレースは良い仕上がりでとても満足。決勝ではVölker 選手とあまり変わらない位のタイムで走れて楽しかったよ♪~
ブレーキは「ファンタスティック」と表現出来る位素晴らしいね。

『Klaus Völker』
“This race I was the starting driver. The CCS-R has good overall settings. We were able to resolve the understeer issues, which is now helping us to cut the time.“
『Uwe Kleen』
“Due to the race being red flagged, I only drove during the qualifying this time. The settings of the car have been more or less settled at this point. As the hard compound tyres matched our other settings well, the stability of the car increased. I believe we will go ahead with this setting. Despite this, I had rough going in the qualifying as I was unable to find a clear lap.“
『Jordan Tresson』
“First of all, I would like to thank Kazunori Yamauchi for giving me a chance to race. This car’s balance is really great! Breaks and tyres alike were incredible!! The cornering was also smooth!!! I was able to experience the difficulties of the Nordschleife. Although the conditions were bad, the car’s electronic control system was great, so I was able to drive comfortably. For me being able to finish the race 3rd was a big and pleasant surprise!
My condolences to Wolf Silvester’s family and friends.“

『Helmut Baumann』
“To increase my experience, racing in the CCS-R, I tried out various things during this race. I have identified several things I want to improve, so I expect a better result in the next race.“
『Horst Baumann』
“Everything about the CCS-R is positive! Changing the settings, my brother used during practice, the car was easy to handle. I was pleased with the finish we made on Saturday’s race. It was a great feeling to drive at almost the same rank and time as Völker during the race. The breaks can really be called FANTASTIC!“

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
c0084643_20304914.jpg

# by carbon_tras | 2013-07-11 20:31 | Tras Racing
VLN2013 Rd,3
55. ADAC ACAS H&R-Cup
c0084643_14282492.jpg

参戦クラス: SP8 クラス
開催日:2013/4/27
天候:雨後曇り
エントリー総数:227台
出走:219 台
完走:164 台
ドライバー #135: Uwe Kleen・ Klaus Völker
ドライバー #136: 脇阪 薫一・ Aquira Stanley

Class: SP8 Class
Date: 27/4/2013
Weather: Rain followed by clouds
Total entries: 227 cars
Cars started: 219cars
Cars completing race: 164 cars
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker
Drivers #136: Shigekazu Wakisaka, Aquira Stanley
c0084643_14285363.jpg

24 時間耐久レースにむけ、ますます熱気を帯びたニュルブルクリンクには、フルグリッド210台を超えるエントリー。金曜日から、予報どおり天候は急速に悪化。気温も氷点下目前まで下がり、冷たい雨が時折雪や霙に変わる等、非常に厳しいコンディションでのレースとなった。
土曜日朝の予選では、両車とも低温とヘビーウェットのコンディションに悩まされる。
135 号車は12 分18 秒455 で総合152 位/SP8 クラス9 位、136 号車は11 分40秒886 で総合92 位/SP8 クラス6 位という予選結果となった。
そして迎えた決勝、午前中各チームを悩ませた雨は多少弱まったものの、未だに霧が深く立ち込めており、安全確保の為、フォーメーションラップに加え、セーフィティカーが+1 周入った後、スタートとなった。フォーメーションラップ中に既に数台がクラッシュ、リタイアするという波乱の展開を予感させるスタートとなったが、両車ともアクシデントに巻き込まれる事無く、無事にスタート。

Over 210 cars entered the race, as the atmosphere is heating up in preparation for the upcoming Nürburgring 24 hour race. Just according to the forecast from Friday onwards the weather worsened very quickly. With temperatures falling below freezing point and the cold rain turning into snow from time to time, it turned out to be a race with extremely difficult conditions.
During Saturday morning’s qualifying both cars were troubled by the low temperatures and the heavy wet conditions. At 12”18’455, #135 classified on position 152 overall and 9 in the SP8 class. At 11”40’886, #136 classified on position 92 overall and 6 in the SP8 class.
Whilst for the race the rain that troubled all teams in the morning got lighter, a thick fog curtain remained on the Ring. For safety reasons a formation lap was called and after another lap the safety car disappeared and the race started. During the formation lap several cars crashed and an uneasy feeling of an impending early end overcame those starting. However luckily neither of the cars got involved in any accident and the race started without issues.
c0084643_14315215.jpg

135 号車は遅い車の集団に捕まり、ペースが上げられない。レース5 周目に136号車Stanley 選手がPflanzgarten 付近でスピン、コースアウトし、急遽ピットイン。大きな外損は認められず一安心。このタイミングで給油、ドライバーチェンジをし、第2スティントに送り出す。スクランブル発進となってしまった脇阪選手であったが、流石はプロドライバー。何事も無かったかの様に冷静に周回を重ねていく。135号車もKleen 選手にチェンジ、天候は相変わらずヘビーウェットで濃霧。このスティント中盤辺りから、コース上至る所でクラッシュが相次ぎ、GP コースもオイルまみれ、ノルドシュライフェでも毎周違った場所で、イエロー、ダブルイエローフラッグが振られるなど、さらに過酷な状況となった。
両車ともにスリックに履き替えた第3 スティントは、Stanley 選手、Völker 選手が第1 スティントでの鬱憤を晴らすかの様な快走を見せ、順位もグングン上げていく。

Early on #135 was held back by a group of slow cars and could not increase its pace. In the fifth lap of the race, driver Stanley spun off track close to Pflanzgarten in the #136, forcing him to hurry for a pit visit. As no crucial damage was found the team was relieved. Benefiting from the pit stop, the gas was refilled, the driver changed and the car sent off into its 2nd stint. Despite being sent off hastily due to the quickly evolving events, Wakisaka naturally handled it as professionally as the driver he is. As if nothing had happened he calmly accumulated laps.
After the driver change to Kleen for #135, the weather was unchanged heavily wet and heavily nebulous. During this middle stint, crashes on the course continued; the GP course was covered in oil and on the Nordschleife caution was called with yellow and double yellow flags strictly at various locations, as things went from bad to worse.
Both cars changed to slick tires for the 3rd stint. Drivers Stanley and Völker seemed to be letting off steam from the first stints frustrations and sped constantly increasing their ranks.
c0084643_14323212.jpg

レースも4 時間を経過し、残すはファイナルラップのみとなったところで、135 号車をアクシデントが襲う。ダブルイエローフラッグを確認し減速した135 号車に、フラッグを見落とした車が減速せず後ろから激突。追突した車は横転してしまった程のクラッシュだったが、135 号車はなんとかスロー走行が出来る状態だったのが不幸中の幸いだった。しかし、這々の体でチェッカーフラッグに向かって走るVölker 選手に、さらにアクシデント。コース右側を徐行していた135号車にはホワイトフラッグが振られていたが、またもやフラッグを見落とした後続車が衝突。普段は冷静で温厚なVölker選手だが、度重なるモラルハザードに激高していた!

世界で最も過酷なサーキットであると言われている、ニュルブルクリンク。そこで常にベストな結果を残す事は困難であるが、それゆえこれだけ多くの人々を引きつけ続けているのであろう。今回のレースは、そのニュルブルクリンクでの過酷な面を特に多く体験する事が出来、チームにとってもドライバーにとっても貴重な財産となったはずである。

After 4 hours of race and only the final lap left to complete, #135 got struck by an accident. As #135 reduced its speed at the sight of a double yellow flag, another car behind missed the flag and without reducing its speed hit it from behind. The result was a crash in which the car causing the rear-end collision flipped over. Despite the extent of the unlucky crash, #135 was luckily still able to slowly drive. However as Völker was hopefully driving towards the checker flag, he was hit by another accident! Despite the white flag cautioning the other drivers of the slowly proceeding #135, again a driver missed the signal and hit the car from behind. Even the usually cool driver Völker lost his temper facing the repeated moral hazard!
The circuit called the most pitiless of them all is the Nürburgring. Showing your best 100% of the time is arduous. Maybe this is the reason that it attracts so many people to compete again and again. Being able to face this arduousness so clearly and in many facets at this race, has been a valuable experience for the team and the drivers alike.

c0084643_14291163.jpg
c0084643_14291973.jpg
c0084643_14293169.jpg

レース結果#135:SP8 クラス5 位、総合84位
#136:SP8 クラス7 位、総合95 位

Race result of #135: SP8 Class Rank 5, Overall Rank 84.
Race result of #136: SP8 Class Rank 7, Overall Rank 95.
c0084643_14294049.jpg

『山内一典選手のコメント』
今回はLEXUS IS F CCS-Rと、24時間に参戦するGRAN TURISMO GT-Rのダブルエントリーでしたが、私のニュル経験で今回は一番難しいコンディションと感じたので、24時間レースに備えGT-Rでのドライビングを優先することにしました。
『Klaus Völker 選手のコメント』
タイヤに熱が入らないどころか、プラスチックみたいにカチカチになっちゃって、少しでも車が横に向くと瞬間的にリアが流れて!ニュルブルクリンクはコーナーが多いサーキットだから、精神的にも非常にタフなレースでした。CCS-Rは、車の完成度が素晴らしく、周りをスイスイオーバーテイクして行ける。
レースとはいえ、ルールの下で行われているもの。その先にある危険を知らせるフラッグは守らなければいけない、オフィシャルの指示に従えないドライバーは、レースに参加する資格が無いのでは?
『Uwe Kleen 選手のコメント』
最悪とも思えるコンディションなのにIS Fの電子制御系プログラムはすごく信頼が出来ることを強く感じました。グリップにさえ気をつけていれば絶妙なバランスで車を安定させてくれる、こういったバランスの良さもCCS-R の乗りやすさの一因だろうね。
『Aquira Stanley 選手のコメント』
2 回ともほぼ同じ所でスピンしてしまった。第1 スティントは天候も最悪、殆ど前が見えない状態でした。でもニュルブルクリンクで走るCCS-Rは、楽しい。
『脇阪薫一選手のコメント』
ヘビーウェット・ウェット・ハーフウェット・ドライ・すべてのコンディションを体験した結果、セッティングを詰めていけば良くなる要素がいくつかあることが分かりました。いつになく過酷なレースでしたが、まずはCCS-Rで完走出来て良かったです。

『Kazunori Yamauchi』
“This race I entered for the Lexus IS F CCS-R as well as the Gran Turismo GT-R, which are participating in the 24 hour race. As these were the most difficult conditions in my experience so far, I prioritized the driving in the GT-R going towards the 24 hour race.“
『Klaus Völker』
“The heat just wouldn’t build up in the tires, so they were more like plastic. Even the slightest move to the side caused the rear of the car to slip! The Nürburgring is a circuit with many corners, so also mentally this was a very tough race. The CCS-R is a greatly engineered car, so I overtook the ones surrounding me one after the other.
Racing takes place according to certain rules. You must follow the warnings of caution conveyed by the flags. Do the drivers who don’t follow the race officials decisions even have a race permit?“
『Uwe Kleen』
“Under these miserable racing conditions, I strongly felt I could trust the electronic controls of the IS F. The car stabilizes the balance incomparably and gives the car a good grip. This kind of good balance is one of the contributing factors, that makes the CCS-R fun to drive.“
『Stanley Aquira』
“Twice I went for a spin at virtually the same place! In the first stint the weather was horrible. I could hardly see anything ahead. But riding the CCS-R on the Nürburgring was fun anyway.”
『Shigekazu Wakisaka』
“This race had all conditions in it: heavy wet, wet, half wet and dry. Experiencing them all, I understood that adjusting the settings to each condition will come with improvements. It has been an unusually arduous race, but above all I am happy we were able to complete the race in the CCS-R.“

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
c0084643_14301065.jpg

# by carbon_tras | 2013-05-15 14:30 | Tras Racing
VLN2013 Rd,2
38. DMV 4-Stunden-Rennen
c0084643_172484.jpg

参戦クラス: SP8 クラス
開催日 :2013/4/13
天候 :曇り後晴れ
エントリー 総数:214 台
出走:206 台
完走:132 台
ドライバー #135: 山内 一典・ Uwe Kleen・ Klaus Völker
ドライバー #136: 脇阪 薫一・ Aquira Stanley

Class: SP8 Class
Date: 2013/4/13
Weather: Cloudy, later sunny
Total entries: 214 cars
Cars started: 206 cars
Cars completing race: 132 cars
Drivers #135: Kazunori Yamauchi, Uwe Kleen, Klaus Völker
Drivers #136: Shigekazu Wakisaka, Aquira Stanley

c0084643_17195689.jpg

VLN第1戦が雪の影響で中止順延となったので、第2戦は、事実上の今シーズン開幕戦。

As the VLN 1 race was cancelled due to snow, VLN 2 turned out to be the opening race of this VLN season.

c0084643_17211698.jpg

8 時30 分から10 時迄行われた土曜日の予選は大荒れとなり、135 号車は9:49:474 で総合54 位、SP8 クラス4 位の好位置、136 号車は10:09:229 で総合89 位、SP8 クラス6 位の位置につけた。

The qualifications from Saturday 8:30am to 10am were chaotic and resulted in #135 finishing with a time of 9:49:474. Hence it qualified overall as the 54th rank and as a comfortable 4th in the SP8 class. #136 finished on the overall rank 89 and rank 6 in the SP8 class at 10:09:229.

c0084643_17153142.jpg
c0084643_17163761.jpg

レースは序盤からクラッシュ、接触によりコース上にパーツやオイルが散見され、イエローフラッグ、ダブルイエローフラッグが頻発、波乱含みの展開の中、135 号車・山内選手、136 号車・Stanley 選手共に冷静なドライビングで周回を重ねる。

第2 ドライバーは135 号車がVölker 選手、136 号車が脇阪選手。順調に第2 スティントを開始した両車であったが、レース10 周目に136 号車をアクシデントが襲う。135 号車Völker 選手は、持ち前の堅実なドライビングを続け、総合40 位、SP8 クラス2 位に浮上。最終第3 スティントKleen 選手は、SP8 トップを走っていたHyundai Genesis V6 を追走。Genesis がピットインした20 周目、ついにSP8 トップに躍り出る。レースも残り30 分程度となった所で、レース中盤のサスペンション交換による長時間ピットインで一気に順位を落としていたLEXUS LFA が、後続を次々と抜き去り、SP8 クラス2 位に浮上。Kleen 選手も何とか引き離しに掛かるが、そしてレース24 周目に差し掛かるホームストレートで、ついにLFA に抜き去られてしまう。135 号車もコーナーで差を縮めようとするが、ストレートでまた差が広がってしまい、結局そのままチェッカーを迎えた。

From the race’s opening phase the yellow and double yellow flags were being waved, due to crashes, parts and oil on the track. Nevertheless #135’s driver Yamauchi and #136’s Stanley kept their cool and cumulated laps amidst the turmoil.
Switch to #135’s second driver Völker and #136’s Wakisaka: The cars showed constant performance, however in the 10th round #136 fell victim to an accident. #135’s driver Völker continued his solid driving and rose to overall rank 40 and SP8 class rank 2. In the 3rd and final stint, driver Kleen overtook the Hyundai Genesis V6, which had been leading the SP8 class. Thanks to a pit-in of the Genesis in the 20th lap, Kleen jumped to the top of the SP8 class. At 30 minutes left in the race, the Lexus LFA, which had been experiencing suspension trouble earlier during the race and had had to replace it in an extended pit-in losing several ranks, now, was catching up. It was overtaking the runner ups one by one achieving the second position. Driver Kleen tried to keep the lead, but in the 24th round arriving on to the home straight, finally the LFA overtook. #135 tried to reduce the gap in the corners, however on the straights the distance grew anew and finally the two cars met the checker flag in this constellation.

c0084643_1716451.jpg
レース結果#135 : SP8 クラス2 位、総合31 位。
Race result of #135: SP8 Class Rank 2, Overall Rank 31.

『山内一典選手のコメント』
スタート後は、コースの至る所でクラッシュが発生しイエローフラッグも至る所で振られていて、レース自体は荒れていたけど、CCS-Rの完成度は素晴らしくて非常に乗りやすい。
ドライビングでストレスが掛からないのは、簡単なようで難しい、良い車と言う証拠ですね。
『Klaus Völker 選手のコメント』
参加台数が多く、予想以上に混雑したコースを冷静に走るかがポイントのレースでしたね。新しく装備されたスタビライザーが素晴らしく、コーナーの進入、立ち上がりでも車がより安定して、結果として、トップスピードを伸ばす事も出来ました。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
このCCS-R に携わってくれた全ての人々の為にも、是非ともクラス優勝をしたかった!
終盤ストレートでLFA に、とてつもない速さで抜かれた時、初めて後続車がLFA だったと知りました。LFA は速すぎます!大荒れのレースで、2 位になれた事には満足しています。
『Aquira Stanley 選手のコメント』
CCS-Rは、乗りやすい車ですね。ニュルでのVLN レースは、難しかった・怖かった・でも、とても楽しかった!
『脇坂薫一選手のコメント』
Döttinger Höhe の終わりのコース上にバンパーが撤去されずに残っていて、避けた途端にグリップが無くなってコースアウトしてしまった。ウォールに衝突した時、かなりすごい衝撃でした。右フロントの足が折れていて、そこで車を停めることに。折角Stanley 選手が自分に繋いでくれたのに申し訳ありませんでした。

『Driver Kazunori Yamauchi’s Comment』
“After the start there were many crashes, so the yellow flag was waved here and there. The race itself was rough, but the CCS-R was great to race in thanks to its high grade of quality manufacturing. To develop a track car that is not stressful to drive sounds easy, but is very difficult as a matter of fact. If a car gives you that, it is proof of a good car.“
『Driver Klaus Völker’s Comment』
“Even with many participating cars on track, there was more turmoil than I expected. It was a race where it was important to keep your cool. The newly fitted stabilizer was a dream! As a result of the car being very stable when entering corners and accelerating, I was able to achieve a higher top speed than before.“
『Driver Uwe Kleen’s Comment』
“I really wanted to win in this class for all the people working on the CCS-R project! In the end phase however I was overtaken by the extremely fast LFA. Only when it overtook me, I realized the runner up had been the LFA all along. That car is just too fast. I am satisfied to have achieved the second rank in this chaotic race.“
『Driver Stanley Aquira’s Comment』
“The CCS-R is a great car to drive. The VLN Race on the Nürburgring, has been difficult and scary, but a lot of fun!”
『Driver Shigekazu Wakisaka’s Comment』
“At the end of Döttinger Höhe, I encountered a bumper left over from a crash on the track. Right after I successfully managed to avoid hitting it, I lost grip and got off course. When I hit the wall, I experienced a very hard impact. The front right rod broke, so the car came to a halt. What a pity! This after Stanley had promisingly passed the car on to me. I am very sorry.“

レポート: 櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai

c0084643_17233828.jpg

c0084643_17173694.jpg

c0084643_17264989.jpg

# by carbon_tras | 2013-04-20 17:18 | Tras Racing

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。