TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

VLN2014 Rd,3
56. ADAC ACAS H&R-Cup

c0084643_15385325.jpg
クラス SP8 クラス
開催日 2014/4/26
天候 晴れ時々曇り
エントリー 総数:199 台 SP8 クラス:7 台
出走 総数:195 台 SP8 クラス:7 台
完走 総数:141 台 SP8 クラス:5 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手
・Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・山内 一典選手 ・大井 貴之選手
ドライバー #137
・Horst Baumann 選手 ・Lorenz Frey 選手
・Fredy Barth 選手

Class: SP8 Class
Date: 26/04/2014
Weather: Sunny with some clouds
Total entries: 199 cars; SP8: 7
Cars started: 195 cars; SP8: 7
Cars completing race: 141 cars; SP8: 5
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #135: Kazunori Yamauchi, Takashi Ohi
Drivers #137: Horst Baumann, Lorenz Frey, Fredy Barth
c0084643_15393410.jpg

開幕から2 週間おきのペースで開催されている今年のVLN は、早くも第3 戦を迎えた。

In a bi-weekly pace this VLN season has come off to a fast start, bringing us already to the third race.
c0084643_15402555.jpg

今回のドライバー陣135 号車はレギュラー3 人。136号車には約1 年ぶりの搭乗となる山内一典選手が、過去4 回のニュルブルクリンク24 時間レース出場を誇る、経験豊かな大井貴之選手と組んで参戦。137 号車にはHorst Baumann 選手が、6 月に開催されるニュルブルクリンク24時間レースでパートナーとなるFredy Barth 選手、Lorenz Frey 選手と搭乗し、久々に3 台のCCS-R がニュルブルクリンクを走ることとなった。

The drivers for #135 were the regular three. #136 was driven by Kazunori Yamauchi, who took the cockpit for the first time in a year and has raced the 24 hour race four times already. He participated together with the experienced Takashi Ohi. In #137 Horst Baumann and two drivers, who will be joining him in the 24 hour race in June - Fredy Barth and Lorenz Frey - took the wheel. It has been a while we had 3 CCS-Rs on the Nürburgring track.
c0084643_15404497.jpg
135 号車はTresson 選手−Völker 選手−Kleen 選手の順に、136 号車は大井選手−山内選手−大井選手、137 号車はBarth 選手−Frey 選手−Baumann 選手とスティントは決定。

Stint orders were as follows: #135 with Tresson, Völker, Kleen. #136 with Ohi, Yamauchi, Ohi and #137 with Barth, Frey and Baumann.
c0084643_15405868.jpg
c0084643_1541855.jpg
1 周のフォーメーションラップの後、順調にスタートを切ったかに思えた3 台のCCS-R だったが、いきなり波乱が起きる。GP コースのショートカット立ち上がりでポルシェと交錯した136 号車がコースアウト、クラッシュしてしまう。幸いドライバーの大井選手は無傷であったが、オープニングラップでリタイヤという残念な結果となってしまった。

After the formation lap we were ready for a smooth start with all three of our vehicles, however an incident occurred soon after: At the short cut of the GP course a Porsche collided with #136 and clearly crashed out. Luckily driver Ohi was unharmed, but the retiring on the opening lap was the unfortunate outcome of the situation.
c0084643_15412996.jpg

残された2 台のCCS-R は序盤の混乱を乗り切ったかに見えたが、更なる試練が待っていた。137 号車のBarth 選手から突然の無線が入る。「左フロントから激しいバイブレーション、タイヤがバーストしたかもしれない。緊急ピットインする!!」 ピットに帰ってきた137 号車は、タイヤを含め外装のダメージは確認出来なかったが、左フロントタイヤにガタが発生していた。細部を確認するとアッパーアームのボルトが脱落しており、手持ちのボルトを使って応急処置を行いレースに復帰したが、20 分強をロスしてしまった。

The other two CCS-Rs overcame the challenges of the first rounds, but a different kind of challenge was waiting. Barth in #137 radioed the pit suddenly: “I think my front left tire might have burst. I’m getting strong vibrations. I’ll come in immediately!!” Once returned to the pit no external damages could be found but the front left tire appeared to be a little wobbly. Checking in detail, the bolt of the upper arm had fallen off. After some emergency measures of repair the car was sent back into the race. Nevertheless the issue caused a loss of 20 minutes.
c0084643_15424965.jpg

第2 スティントはコース上でダブルイエローフラッグが増え始めて、中々ペースが上げられない。2 台のCCS-R は持ち前の安定感を発揮し、クラス2 位、4 位を走行する。
レースも残り1 時間強となった所で、第3 スティントに突入する。Kleen 選手は、ピットとの無線を通じて各車のタイム差を把握しつつ、レースをコントロールしていく。
2台のCCS-Rは、波乱の第3戦も切りぬけチェッカーを受ける。順位は135 号車がクラス2 位、137 号車がクラス4 位であったが、その後、フェラーリがダブルイエロー区間での追い越しによりペナルティーを受け、クラス3 順位降格と判明。

In the second stint the double yellow flag was increasingly waved on the circuit and the races pace did not go up. The two CCS-Rs showed strength and bolted through to 2nd and 4th place in class.
With little more than an hour to go in the race the 3rd stint started. Kleen stayed in contact with the pit to check the time gaps of the cars and controlled the race.
Both CCS-Rs were able to overcome the dangers of the 3rd stint and reached the checker flag. #135 on 2nd place and #137 on 4th place. Later on however the Ferrari turned out to have overtaken a car during the double yellow flag phase and got a penalty, leaving #137 3rd in class.
c0084643_15431847.jpg

135 号車はクラス優勝!!137 号車も3 位へと繰り上げになった。135 号車は今季3 戦2 勝、3 位1 回と抜群の成績、137 号車も3 位に入り、着実にポイントを稼ぐ事が出来た。

様々なコンディションの中でも安定感を保ち、速さや勝負強さも発揮している。
LEXUS IS F CCS-R
世界一過酷なニュルブルクリンク耐久レースで戦績を積み上げてきているという事実は、クルマだけでなくチーム力も向上している証明であるといえよう。

#135 got the victory in class, and #137 on 3rd rank! What an outcome! #135 had two out of three victories and one podium on 3rd. #137 also on rank three this time means we are really collecting points.

Amongst these various conditions we were able to keep up reliability, speed and strong racing.
The LEXUS IS F CCS-R is building results on the worlds hardest race circuit – the Nürburgring. This is not only thanks to the car, but also proof of the increasing team strength.
c0084643_1543463.jpg

最終順位
135 号車:総合40 位/クラス優勝
136 号車:リタイヤ
137 号車:総合92 位/クラス3 位

Final ranking
#135: Overall: 40 / Class: Victory
#136: Overall: Retired
#137: Overall: 92 / Class: 3rd rank

『Klaus Völker 選手のコメント』
VLN 2014は結構大きいクラッシュが頻繁に起きて、それでフラッグが多くなる傾向にあるね。自分のスティントでまともに走れたのは3 周弱かな。それ以外はフラッグの確認に大忙しというくらい旗が多かったよ。でもダブルイエローの減速区間でタイヤのグリップを回復させたりも出来たから、そういう事も計算に入れてレースをコントロールしていた。もし136 号車がリタイヤせずそのまま走っていたら、レース終盤で3 台のCCS-R のバトルが見られたかもしれないと思うと、少し残念だったね。天気も良かったし、チームの皆がいい仕事をしてくれたからレースに勝つ事も出来たし、また嬉しい週末になったよ。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
今日もいつも通り最終第3 スティントを担当して、ライバルとの差をチェックしながら走っていた、それにしてもクラッシュが多かったよ。このコースはまず無事に走りペースを掴んでいくべき。今年はちょっとアグレッシブ過ぎる車が多いね!一つ一つコツコツとやっていく事が最終的には勝利への近道になったね。このままの好調を維持して、後は慢心しないようにやっていければと思う。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
今回も予選、決勝共にスターターだった。自分がペースをつかみ始めた決勝3〜4 周目には、もう3、4 ヶ所でダブルイエローが振られていて、随分荒れたレースだなと思ったけど、結果的に自分のスティントでクラス2 位まで順位を上げられた事は嬉しかったし、速さやペースに関する自分の感覚と実際のレース展開がシンクロしてきて、より客観的にレースをコントロール出来たのも良かった。また次もいい結果が出せるように頑張るよ。

『大井貴之選手のコメント』
今回初めてCCS-R に乗ったんだけど、すごく完成度、成熟度の高い車ですね。
タイヤとの付き合い方の工夫も必要だけど、足回りはもっとノルドシュライフェに合わせたものにしていけると思う。予選は自分ではまずまずの走りが出来ました。決勝は、ファーストラップのショートカットの出口の立ち上がりで、ポルシェが急にハンドルを切ってきてコース外に押し出されて、ガードレールに当たっておしまい。多分こっちを見てなかったと思うんだけど、とても残念。
『山内一典選手のコメント』
久々のCCS-R は、やっぱり乗りやすいですよね。サーキットを走っているのにラグジュアリーセダンの乗り心地ですから。そんな乗り心地だから気付きにくいけど、実際は速い車です。 大井選手が予選で良いタイムを出してくれたから決勝を楽しみにしていたけど、リタイヤしてしまって残念。僕も乗りたかったな。

『Fredy Barth 選手のコメント』
初めて乗ったこのクルマ、私が最近開発している他メーカーのGT3 車両と、どこがどの位違うのか興味があったけど、まずポジティブなサプライズの連続でした。ニュル24 時間レースの為に色々とこのクルマの事を知っておこうと思って、抑え目に走って観察したんだけど、とにかく安定した速さを持つ車です。ブレーキは良く効く反面、強く踏むとABS が入っちゃうからその感覚もまだまだ慣れないといけないね。
安定感と素晴らしいパフォーマンスを持った車だと感じました。
『Lorenz Frey 選手のコメント』
CCS-R は素晴らしいね。今回は参加台数も多かったしイエローフラッグも多く振られていた。GT3 カーとの違いがどの位あるか不安だったけど、快適なドライビングをすることが出来た。車が跳ねた時や、ブレーキの踏み具合、ABS とのバランス等、完璧に車を理解した訳では無いけど、今日は非常に良い経験を積む事が出来ました。ありがとう。
『Horst Baumann 選手のコメント』
レース終盤の第3 スティントにも関わらず、すごく混んでいた。ダブルイエローも多かったですね。Fredy の時のトラブルが原因かもしれなが最高速が落ちていたように感じました。まだまだこの車のセッティングは詰められる所が沢山あるし、自分ももっとギアチェンジが少ない乗り方をしたい。これからもCCS-Rを楽しみながら、考えていく走りを続けていきます。

『Klaus Völker』
In VLN 2014 there have been quite often big crashes, leading to a tendency for more flags. I was only able to drive about three regular laps during my stint. Besides that I was always busy checking for flags. But well, during the double yellow flag phase I was able to improve the grip of my tires. Of course, thinking of what could have happened if #136 had not crashed out – a battle of the three CCS-Rs maybe – it is a little sad we did not see that happen. The weather was great and all the team members all did great work making us win finally. It has been another happy weekend.
『Uwe Kleen』
As usual I was in charge of the third stint and was watching my gap to the rival cars. Still there were many crashes. The most important on this circuit is to drive through without incident and keep your pace. This year there are a few cars driving a bit too aggressively! Carefully going step by step led us onto the road to victory in the end. We shall continue to keep this approach, so that we will not become bigheaded at some point.
『Jordan Tresson』
I was the starter in both qualifying and the race. At the point I was getting to my pace at the 3rd or 4th race, there were already double yellow flags at 3, 4 places. I think it was quite a stormy race but finally I am happy I was able move up and finish my stint as second in class. Also I was able to synchronize my feeling of speed and pace with the real race and arrived at an objective race control. I will fight hard to bring good results next time again.

『Takashi Ohi』
I was the first time for me to drive in the CCS-R. The car is a high-end piece of engineering and shows a high degree of maturity.
I still need more experience on these tires, but I believe that there is potential to adjust to the Nordschleife. As I was leaving the shortcut at the race’s first lap, I was pushed off course as a Porsche suddenly cut in and hit me. I hit the guardrail and that was it. I think he just didn’t see me, but it was a great pity.
『Kazunori Yamauchi』
It has been a while since I had driven the CCS-R, but it I felt again it is a great car to drive. Although you are driving on a circuit, you feel like you are in a luxury sedan. Since it is that comfortable it is sometimes hard to notice, but it actually also is a really fast car. Ohi got us a good time during qualifying, so I was looking forward to the race, but unfortunately we had to retire. I also wanted to race..

『Fredy Barth』
This was my first time in a CCS-R. As I am working on the development of another manufacturers GT3 car, I was really looking forward to see where the differences lie, but first of all I was very positively surprised. Keeping our upcoming participation in the 24-hour race at the Nürburgring in mind, I wanted to learn as much as possible. So I tried to drive with consideration. At any rate the car showed great reliability. While the brakes are very responsive, when hitting them hard the ABS kicks in, which I still need to get used to.
『Lorenz Frey』
The CCS-R is a great car! This time there were many entries in the race and many yellow flags. I was a bit worried as to how different the car might be from a GT3 car, but was able drive comfortably. The way the car spurns the ground, the breaking and the balance with the ABS; many things I have not yet mastered perfectly, but today has been a great opportunity to gather experiences. Thank you.
『Horst Baumann』
Although I was driving in the 3rd stint, the circuit still was very crowded. Also there were many double yellow flags. It might have been a result of the troubles Fredy encountered, but I feld the max speed was slightly reduced. There are still many things we can optimize in the cars settings and I have to still reduce the gear shifting on my end. I will continue to enjoy driving the CCS-R and continue to race, while thinking how to improve!
c0084643_15453135.jpg

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
# by carbon_tras | 2014-05-10 15:46 | Tras Racing
MFJ SUPERBIKE2014 Rd,1
●SUZUKA 2&4 RACE
c0084643_924921.jpg

◆2014 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦
◆開催地:鈴鹿サーキット(三重県)国際レーシングコース 5.821km
◆開催日:2014/04/13
◆天候:曇り
◆参戦クラス:JSB1000
◆周回数:20周
◆エントリー総数:56台
◆予選通過車両:44台
◆完走:36台
◆ライダー:寺本幸司


朝晩の冷え込みは若干感じるものの、春らしい天候の中スタートを切った全日本選手権シリーズ開幕戦は、鈴鹿サーキットで4輪のF3やスーパーフォーミュラーと共に開催された。
c0084643_9542519.jpg

金曜日のフリー走行枠は、午前と午後に各1回のみで、共に40分と短い時間で明日の予選に向けた電子制御サスペンションの方向性を探ることになる。電子制御サスペンションシステムはアクセル開度を基準に制御をかけているため、レースシーンにおけるバトルを繰り返す領域になると、ライダーの思いに連動しない動きが見受けられていたが、サスペンションセッティングを担当するテクニクス井上代表とBMW Motorrad JAPANの平野がタッグを組み、ライダーの要求に応じるセッティングに専念することになる。新しいシステムを使用することによりセッティングデータも無く方向性も手探りから創り出す状況に重ね標準品をレースシーンに対応させることにより難しい局面も迎えたが、ライダーと共に前向きに進めることで車両の方向性は見出すことが出来た。

車両のセッティングはコンピュータに接続して行うシステム。
c0084643_9264371.jpg



12日(土曜日)予選はAグループ11:10~45に行われた。ここまで、寺本はDDC電子制御システムサスペンションに2時間弱しか乗っていない。そんな不安も寺本の経験により上手く克服し予選は2分12秒279のタイムを出し、出走56台中“15番手”と、好位置につけることが出来た。寺本が信頼を寄せるメカニック喜田を始め、チーム員が一丸となり進めてきたことが良い方向に進み、明日の決勝に向けマシンの調整に入ることに。
c0084643_9272830.jpg



いよいよ13日(日曜日)決勝の朝を迎える。前日までの、短い走行時間内で、方向性を見出した寺本の要求に合わせマシンの調整を朝フリーで確認し決勝に向けた細かな調整も済ませ、ピットウォークではファンの対応に細やかに接していた寺本も、決勝に向けたメンタル調整を済ませ、定刻の12:45にコースイン!
c0084643_9552533.jpg
c0084643_9555220.jpg

13:00開幕戦の決勝がスタートする。一周目は17位で通過、その後着実にポジションを上げる寺本の走りは、我々チーム員にも気迫と共にモチベーションも上げてくれる!
BMWチームの75武石選手とも、抜きつ抜かれつのバトルを繰り広げ、ファイナルラップまで第2グループのトップ争いを繰り広げたTeam Tras135HPは12位でフィニッシュを迎えられました。決勝後のリザルトを確認してみて驚いたのですが寺本の後ろ4台のベストラップは寺本より速いことが確認できました。おそらくDDC電子制御サスペンションとダンロップタイヤの組み合わせが良い方向に進んでいて安定したタイムを出すことが出来たのでしょう、一つでも上の順位が望めることが実感できた、良い幕開けとなりました。
セッティングに関しては、何が出来てどのように進むか?手探りの状況が続くと思われますが、次戦オートポリスに向けTeamTras135HP着実に前進し続けるよう努力していきます。
c0084643_9561141.jpg
c0084643_9562242.jpg


◆レース結果
◆12位 ゼッケン:135 寺本 幸司選手 BMW HP4
Team Tras 135HP ベストタイム 2'12.255

◆寺本幸司選手のコメント
全日本選手権開幕戦鈴鹿Rdの結果は予選15位決勝12位でした。序盤からファイナルラップまで、元ワークスライダーや去年のGP-2チャンピオンとの6台の大バトルを制しての結果には満足しています。誰が制してもおかしく無かったバトルは、とても刺激的でした!!しかし僕には運があったようです。僕達の現状のパッケージではベストは尽くせたと思います。これからもっとHP4のDDCシステムのセットアップを進めて進化させていきます!みなさん応援ありがとうございました!
I was push hard final race today. So got a 12 place. It was very hard battle by 6 riders since start lap to final lap. I have satisfaction this result. We should much more be evolution to HP4 DDC system setup by the race and test riding. Thanks for everyone cheer up!!



◆武藤昇監督のコメント
2014年Team Trasにとって、初のJSB1000クラスフル参戦。プライベートとして、電子制御サスペンションを実践レースで使用するのは、全日本選手権最高峰カテゴリーで初のチャレンジです。BMW HP4 は、3月1日・2日の鈴鹿ファン感謝デーにおいてサーキットデビューしました。今回の金曜日ART走行会(40分x2回)、予選35分間だけでの調整で決勝を迎えました。金曜日の走行では、初めてのDDCサスの動きに対して制御(何処を触れば、どのように変化するのか?) に対する経験値がないため手探りでのセッティング、勿論工具は使わずノートパソコンを接続しての作業の連続でした。ライダー寺本幸司の明確な分析に対して、テクニクス井上さんを始めダンロップさんからも的確なアドバイスを頂きながら、現状出来る範疇では最高と思える結果を導きだす事が出来たと思います。
チームスタッフをはじめご協力頂きました皆様に改めて感謝致します。
本日のレースには5台のBMWが参戦!BMW同士のバトルもあり、2002年に鈴鹿8時間耐久ロードレースに参加した時には考えられない興奮を得ることが出来ました。
今回の得たDDCのデータや今後の各サーキットレース得ることが出来る情報を、一般ユーザーの皆様に還元して行きたく思っています。
今後とも,応援宜しくお願い致します。
c0084643_957129.jpg


BMW車両を使用したチームのレース結果 
◆10位 ゼッケン:39 酒井 大作選手 Flex D.R.E.Motorrad39
◆13位ゼッケン:75武石 伸也選手  Flex D.R.E.Motorrad39
◆29位ゼッケン:105野田 達也選  Motorrad Toyota ナガサカレーシング

2014年 TeamTras135HP はBMW本社及びBMW Motorrad JAPANのオフィシャルサポートチームとして承認されています。

ご協賛各社様
◆住友ゴム工業株式会社(ダンロップタイヤ)
◆日信工業株式会社 (NISSINブレーキ)
◆トタル・ルブリカンツ・ジャパン株式会社(油脂類elfウエア)
◆株式会社 ビトーアールアンドディー(JBホイル)
◆ビー・エム・ダブリュー株式会社
◆株式会社D.I.D  (ドライブチェーン)
◆株式会社ザム・ジャパン  (スプロケット)
◆株式会社フリクション  (表面処理)
◆株式会社ケミテック  (競技用冷却水)
◆ファンファクトリー  (車両ラッピング)
◆株式会社ベビーフェイス  (ステップ)

テクニカルサポート
◆ジップモータープロ(車両メンテナンス)
◆有限会社テクニクス(サスペンション)
c0084643_9572578.jpg


PHOTO:Office25
レポート:新田正直
# by carbon_tras | 2014-04-22 09:31 | Tras Racing
VLN2014 Rd,2
39. DMV 4-Stunden-Rennen

c0084643_911713.jpg
クラス SP8 クラス
開催日 2014/4/12
天候 晴れ時々曇り
エントリー 総数:177 台 SP8 クラス:6 台
出走 総数:173 台 SP8 クラス:6 台
完走 総数:139 台 SP8 クラス:5 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手
・Jordan Tresson 選手
ドライバー #137
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 29/03/2014
Weather: Sunny with some clouds
Total entries: 177 cars; SP8: 6
Cars started: 173 cars; SP8: 6
Cars completing race: 139 cars; SP8: 5
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_9112258.jpg

2014 年VLN 開幕戦をクラス優勝という最高の形で終えてから2 週間、朝晩は少し肌寒さが残るものの、日中は暖かく過ごせるようになってきたニュルブルクリンクで、VLN 第2 戦が開催された。今回のドライバー陣は135 号車にJordan Tresson 選手、Klaus Völker 選手、Uwe Kleen 選手のレギュラー3 人、137号車にはHelmut Baumann 選手、Horst Baumann 選手が搭乗という、開幕戦と同じ体制での参戦となった。
Two weeks after the formidable winning of the opening race to the 2014 VLN season, weather was still cool in morning and evenings. So the second race VLN2 took place in quite warm daytime conditions. This time drivers for #135 were our regular three Jordan Tresson, Klaus Völker und Uwe Kleen. For #137 Helmut Baumann and Horst Baumann took the wheel, so our driver setup was the same as in the first race.
c0084643_9114054.jpg

c0084643_9142982.jpg
c0084643_9143682.jpg

135 号車はTresson 選手−Völker 選手−Kleen 選手の順に、137 号車はHorst 選手−Helmut選手−Horst 選手の順に搭乗する事に決定。予定通り12 時にスタートした決勝、
序盤は穏やかなレース展開となったが、そこは世界一過酷なサーキットであるニュルブルクリンク、穏やかな時間はそう長くは続かない。第1 スティント中盤には、既に複数のダブルイエローがコース上で振られるようになっていた。徐々に荒れ始めたレース展開の中、じわじわと順位を上げていた2 台のCCS-R であったが、第1 スティントの終盤、突然135号車、Tresson 選手から怒号の様な無線が入る。「今、目の前でビッグクラッシュ、コースから車が飛び出て森に突っ込んでいった!! これは赤旗だ!!」 無線を聞いていた各クルーも騒然とし、確認の為にピットロードに飛び出すと、無線から凡そ20 秒という早さで赤旗中断となった。ノルドシュライフェでは映像でカバーできる部分が少なく、すぐには正確な状況は掴めなかったが、後の公式発表によると、Pflanzgarten 入り口付近でポルシェとシロッコがクラッシュ、両ドライバーは無事であるが、コース設備が破損し安全が確保出来ない為、赤旗となったという事であった。中断から30 分以上経った頃、運営本部より14 時30 分からレース再開とのアナウンスがあったが、赤旗の原因となったポルシェとシロッコの回収、及び約100 メートルにも及ぶガードレールの補修が遅れ、結局レースが再開されたのは16 時15 分頃、ここから残り2 時間としてリスタートとなった。
For the stint order we decided on Tresson, Völker, Kleen in #135 and Horst, Helmut in #137. The start took place as planned at 12 noon.
At first the race took off quietly, but at the world’s hardest circuit Nürburgring, quiet times do last. Around mid-first-stint actually many double yellow flags had to be waved on the course. Amidst the increasingly heating up race the two CCS-Rs were climbing the ranks, but towards the end of the first stint pilot of #135 Jordan Tresson suddenly radioed the pit. “Just in front of my eyes there was a big crash just now. A car flew off the track and into the forest! The race will be red-flagged!!” Each crew member, who heard the radio quickly moved to the pit to check with their own eyes on the screen. On the Nordschleife most areas are not covered with video surveillance, making the investigation of the situation difficult, but within 20 seconds the red flag was raised. According to the later public announcement, a Porsche and a Scirocco collided at the Pflanzgarten entrance. Both drivers were unharmed, but the circuit was damaged, so that the race could not continue safely. Hence the red flag. After 30 minutes the race control announced that the race would be restarted at 14:30. But removal of the Porsche and the Scirocco as well as the repair of roughly 100m of crash barrier led to a restart at 16:15 with 2 hours of the race to go.
c0084643_9141093.jpg

再開時にグリッドについたのは、135 号車がVölker 選手、137 号車がHelmut 選手。大クラッシュ後のリスタートで、各チーム慎重なスタートを切るが、レースは間もなく荒れ始め、周回を重ねる毎にコース上で振られるフラッグが増え始める。CCS-R の2 人のドライバーはタイムを飛躍的に伸ばす事こそ出来なかったが、冷静に最終スティントに繋ぐドライビングにより、結果的に順位を上げてのピットインとなった。
最終第3 スティントは135 号車にKleen 選手、137 号車にHorst 選手が搭乗。レース中断前のライバル車とのタイム差が公式発表されていない中、ペースコントロールが難しい終盤戦となったが、両ドライバーは少しでもタイムを上げていこうと快調に周回を重ねていく。相変わらずコース上では多くのポイントでイエローフラッグ、ダブルイエローフラッグが振られていたが、2 人共取り乱すこと無く、淡々と車を走らせていく。落ち着いてレースを進めていった両車は、他チームで相次いでいたトラブルに見舞われることもなく、無傷でチェッカーフラッグを受けた。
At restart timing #135 was on the grid with Völker and #137 with Helmut Baumann on the grid. After the big crash, all teams took great care. But soon the race started to get stormy and flags started being waved increasingly. The two CCS-R drivers were not able to improve their lap times much, but thanks to cool driving they returned to the pit with improved rankings.
In the third and last stint Kleen in #135 and Horst Baumann in #137 took the wheel. As the time gap to rival cars from before the interruption of the race was not displayed, pace control was difficult in the last phase of the race. The decision was that both drivers should try to increase their pace as they complete their laps. As usual there were many occurrences of yellow and double yellow flags around the lap. But our two drivers kept their cool and were left racing unaffectedly. Thanks to this attitude and without the various troubles other teams encountered both our cars passed the checker flag unharmed.
c0084643_9145565.jpg

今回のレースも、赤旗中断を始めとしてアクシデントの多い、荒れたものとなったが、2 台のCCS-R はこの過酷な条件下で何事も無かったかの様に完走した。車とドライバーにとって、高い負荷が待ち受けているこのニュルブルクリンクで、驚異的な完走率を誇るCCS-R の安定性が光ったレースであった。昨年末から続いたクラス優勝の連勝こそ途絶えてしまったが、難しいレースでもポイントを重ねていく事が重要であり、そういった意味ではプラン通りに進んだレースだったと言えよう。次のレースでのCCS-R の活躍にも期待したい。
Starting with the red flag interruption and continuing with many accidents this race was a true storm, but the two CCS-Rs finished the race as if nothing had happened. The car and the drivers can be proud of the magnificent race completion ratio achieved at the Nürburgring. The reliability of the CCS-R has been proven anew. The continuation of the winning streak since last season as top of class has been interrupted, but it was very important to be able to collect points also in a difficult race. In that sense we can also say that the race went according to plan. For the next race again, expectations for the CCS-R are high.
c0084643_915635.jpg

最終順位
135 号車:総合40 位/クラス3 位
137 号車:総合47 位/クラス5 位
Final ranking
#135: Overall: 40 / Class: 3rd rank
#137: Overall: 47 / Class: 5th rank
c0084643_9152437.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
自分は前回と同じ、第2 スティントを担当した、タイヤも良い感じに機能してくれたし、赤旗後の再開でレースもそこまで荒れていなかったから、気持ち良く乗れた。そこからはコース上にオイルが沢山出てきたし、フラッグも毎周増えていったから、冷静にドライビングする事を求められたね。他車にアクシデントも多発していたし、無傷で完走出来たのは本当に良かった。こういうレースコントロールも、このサーキットではとても重要だし、そういう意味では安定したレースが出来たと思うよ。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
車の性能自体はいつも通り素晴らしいBMW Z4GT3 にも付いて行く事が出来た。こういった荒れたレースでは車自体の性能の高さ、安定感が重要だから、レースの結果には満足しているよ。タイヤの内圧のコントロールも、もう少し詰める事ができるし次のレースが楽しみだね。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
今回は予選からコースが混んでいてタイムを伸ばすのが難しかった。前回の予選と違って今回はミディアムコンパウンドでタイムアタックに臨んだんだけど、アグレッシブに走ろうとするとオーバーステアが出てしまい、これも予選でタイムが伸ばせなかった理由の一つだと思う。決勝は気温、路面温度共に上がったから、同じミディアムでも予選の時より大分走りやすかったし、自分のファステストも更新出来て満足しているよ。赤旗の原因になった大クラッシュは、その後方を走っていたから、車が真上に吹き飛んでコース外の森に落ちたのを見て、自分が冷静にドライビング出来ない位に動揺してしまった。クラッシュした車のドライバー達は無事で良かったけど、自分は赤旗中断中にも動揺が収まらず、とてもレースが出来る状態じゃなかった。こういう事もレースでは起こり得るという、ドライバーとしてとてもシビアな経験をしたね。
『Helmut Baumann 選手のコメント』
非常にタフなレースだったよ。ブレーキングは新しいパッドに合わせて、遅めに、同じ割合で掛けようと心掛けた。まだ対処しきれていないコーナーもあるけど、全体としてタイムが上がっているから、修正の方向は合っていると思う。ミディアムコンパウンドのタイヤは、自分にとってはライフもグリップも調度良いバランスだと思うよ。今回はコースの至る所でクラッシュやコースアウトした車が止まっていたから、自分達が無傷で完走出来ただけでも万々歳だよ。
『Horst Baumann 選手のコメント』
こういった難しいレースだったから、車をセーフティーに1 周1 周走らせてゴールに近づける事を心掛けたよ。その様な中での今回のレースの結果には満足すべきじゃないかな。欲張らない方が良い時もあるよ。Jordan も言っていたけど、ミディアムコンパウンドのタイヤは、アグレッシブな使い方をしなければ、合格点を出しても良い性能じゃないかな。

『Klaus Völker 』
Just as last time I was in charge oft he 2nd stint. The tires worked well for me, so that even after the red-flagged race, I rode comfortably. From then on, lots of oil was spilled on the track and more flags went up as the laps went on. I tried to keep my cool. I am really glad I made it back unharmed, as many other cars got involved in accidents. This kind of race control is also very important on this circuit. So in this sense I think I had a calm race.
『Uwe Kleen』
The car was as usual super reliable and I was even able to follow the BMW Z4 GT3. In this kind of stormy race, the reliability of the car is key and I am happy with the result achieved. We can improve the control of the tire pressure for the next race. I am looking forward to it!
『Jordan Tresson』
During qualifying the circuit was crowded and it was difficult to get good lap times. Different from last time, I participated on medium compound tires for the time attack. When trying to race aggressively the car over steered and that I think was another reason I could not improve my time. The race itself was warmer and along with the air, the surface temperature went up. With the same medium tires, I was able to race much faster than during qualifying. I also improved my fastest time, which I am happy about. The big crash that caused the race to be red flagged happened right in front of my eyes. I saw the car flying straight up in the air and falling into the forest. Seeing this shook me and I had to control myself to keep a cool driving mind. I am glad the drivers involved in the crash are fine, but also had difficulties to calm myself during the red flag interruption. I was in no state to race. Seeing this kind of incident actually happening during a race has been quite a big experience as a driver.

『Helmut Baumann』
This was a very tough race. Adapting to my braking to the new pads, I focused on hitting the brakes later. There are still a few corners, that I have not mastered all the way, but my time was improved overall, so I am going in the right direction. The medium compound tires have a great balance in terms of life span and grip. When I left the track this time there had been a huge crash and cars besides the track, so I am very grateful we were able to finish the race without any damage.
『Horst Baumann』
As it was a very difficult race, I focused on bringing home one lap after the other safely. Considering the circumstances, we should be happy with the result achieved. There are times it is better not to want too much. Jordan also said it, but if you don’t drive the medium compound tires too aggressively, they show their best performance.
c0084643_9153523.jpg
c0084643_9154215.jpg


レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
# by carbon_tras | 2014-04-22 09:16 | Tras Racing
VLN2014 Rd,1
60. ADAC Westfalenfahrt

c0084643_94534.jpg
クラス SP8 クラス
開催日 2014/3/29
天候 晴れ
エントリー 総数:170 台 SP8 クラス:4 台
出走 総数:165 台 SP8 クラス:4 台
完走 総数:116 台 SP8 クラス:3 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手
・Jordan Tresson 選手
ドライバー #137
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 29/03/2014
Weather: Sunny
Total entries: 170 cars; SP8: 4
Cars started: 165 cars; SP8: 4
Cars completing race: 116 cars; SP8: 3
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_952468.jpg

暖かかった冬が過ぎ初春を迎えたこの季節、ドイツには珍しく穏やかな晴天が続く中、2014 年VLN 開幕戦が開催された。
前年SP8クラス年間チャンピオンを獲得したCCS-R は、冬の間も南フランスでタイヤやブレーキのテストを重ね、準備万端でVLN2014シリーズを迎えることに。

After the too warm winter has passed, we have arrived in this season: Unusually mild days are continuing in Germany as the 2014 VLN opening race takes place.
After emerging as the SP8 class champion last year, the CCS-R went through tire and brake tests in the South of France to prepare for the VLN Series 2014.
c0084643_955981.jpg

予選中に起きたクラッシュによる設備補修の為、13 時からに変更された決勝。
135 号車はTresson 選手−Völker 選手−Kleen 選手の順に、137 号車はHelmut 選手−Horst 選手−Helmut 選手の順に搭乗する事に決定。
開幕戦という事もあり、どのチームも序盤は慎重に走る。第1 スティント中盤あたりから、冬の期間に車を順調に仕上げてきたチームと、そうでないチームの差が出始め、コース上でも徐々にイエローフラッグが!
第1 スティント最終周に事態が急変する。先行していた135 号車のTresson 選手が予定通りピットイン、ドライバーチェンジ、給油、タイヤ交換をし、第2 スティントを担当するVölker 選手がピットを後にしようとした所で、137 号車のHelmut 選手から無線が入る。「Helmut からピットへ。Döttinger Höhe 手前、Schwalbenschwanz 付近でクラッシュ、コースアウト。自分は大丈夫だがレースは続行出来ない!!」

Due to a crash during the qualifying, repair works on the track led to a delayed start of the race at 1PM.
The driver stint order for #135 was Tresson, Völker and Kleen. For #137 it was set to Helmut, Horst Helmut.
As it was the first race of the season, at first every team was driving carefully. Around the middle of the first stint, the difference between the teams that prepared well during the winter break and those who didn’t started to show and yellow flags started to go up!
In the last lap of the first stint things suddenly changed. The leading #135 entered the pit with driver Tresson: Driver was changed, gas was refilled and tires were changed. Völker, who was in charge of the second stint, was just leaving the pit, when Helmut in #137 radioed the pit. “Helmut to pit. Just before Döttinger Höhe and close to Schwalbenschwanz ther I had a crash and landed off-track. I am fine, but we cannot continue the race!!”
c0084643_961959.jpg
135 号車の第2スティントを担当したVölker選手は、持ち前の冷静な走りを披露、落ち着いたレース運びを見せる。タイムが伸び悩んだり、トラブルでピットインしたりするライバルチームを尻目に、135 号車はコンスタントな速さをノルドシュライフェで発揮。
Völker 選手は、SP8 クラスのライバル車全てを周回遅れにする程のパフォーマンスを見せた。

第3 スティントを担当したのはKleen 選手。大幅なマージンを保ったまま戻ってきたVölker 選手からスティントを受け継いだKleen 選手は、ライバルとの差を鑑みた巧みなペース配分で北コースを走っていく。スティント中盤Kleen 選手からバイブレーション発生の無線が入る。一つの判断ミスが致命傷になりえるこのサーキットで、Kleen 選手は自身のノルドシュライフェでの知識と経験を活かし、車とレース状況にふさわしいドライビングを見せる。135 号車はライバル車との差を大きく保ったままチェッカーフラッグを受け、見事2014 年のVLN 開幕戦を勝利という最高の形で終え、また2013 年のVLN 終盤戦からクラス3 連勝を飾った。

ニュルブルクリンクでの速さ、安定感、そして車としての非常に高い成熟度を見せつけたCCS-R。今年のVLNSP8 クラスを牽引していくであろうCCS-R にとって、素晴らしい開幕戦となった。

Völker in #135 showed his usual cool driving and continued the race calmly. Unlike the rival teams that encountered difficulty improving their times and had to pit-in due to troubles, #135 sped constantly around the Nordschleife.
Völker showed a performance that left all SP8 rival cars a lap behind.

The third stint was fought by Kleen. Völker handed over a big margin against the competition to Kleen, who drove off at a model pace onto the north course. At the middle of the stint Kleen started noticing some vibration and radioed the pit. On this circuit, where one misguided decision can mean the end, Kleen used his own experience on the Nordschleife and adopted a driving style fitting to the cars condition. #135 was hence able to keep the gap to the competition and pass the checker flag. An exemplary opening race of the 2014 VLN season brought back triumph to the team and the victory actually was the third in a row continuing from the VLN 2013 season.

The CCS-R has reached a ripe stage looking at the speed, stability and demands on the car at the Nürburgring. It has been a great start into this year’s VLN SP8 battle for the CCS-R.

最終順位
135 号車:総合32 位/クラス優勝
137 号車:リタイヤ

Final ranking
#135: Overall: 32 / Class: Victory
#137: Retired
c0084643_963825.jpg

『Jordan Tresson 選手のコメント』
予選に関してはソフトタイヤがベストチョイスで上手くハマったね。新しいブレーキパッドもすごく良く効いて、タイムの伸びに繋がったと思うよ。本戦のミディアムタイヤは、勿論ソフト程のグリップは無いけど、1 スティント9 周ノルドシュライフェを走る事を考えると、とてもいいパフォーマンスだと思う
『Klaus Völker 選手のコメント』
第2 スティントで交代した時、既にクラス首位だったし、開幕戦でもあったから慎重に走った。途中フロントにバイブレーションが出たんだけど、サーキット上のゴミを拾っただけかもしれないと思い、出来るだけセーフティーに走る事を心掛けた。全体としてはとてもいいセッティングが出せているし、その結果クラス優勝出来て嬉しいね。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
タイヤに負荷が掛からない様に走った。2 位との差を確認しながら周回を重ねた。そうしている内に、ハブベアリングの疲労が原因と思われる、左右フロントからバイブレーションが感じられて、神経質に走らなければならなかった。確実にフィニッシュする為に、最後は総合トップのゴールタイミングも加味しなくてはいけなくて、ノルドシュライフェをペースを落として走るのは普通に走るよりかなり難しいんだ。結局総合トップとタッチの差で1 周多く走らなければいけなくなったけど、ウイニングランさせてもらう感じで楽しんだよ。
昨シーズン終盤から合わせて3 連勝、今シーズンは始まったばっかりだけど、この勢いを続けていきたいね。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
新しいブレーキパッドは、20%位パフォーマンスアップしている感じかな。大分遅くブレーキングに入ってもキッチリ止まってくれるね。タイヤに関しては去年より車を良くコントロール出来ると思うよ。順調に走っていたのだけど、スティント最終周に左前からクラッシュしてしまった。その時はステアリングが切れない状態になっていたし、ダメージの大きさも自分では判断出来なかったから、そこでレース続行を断念したよ。
『Horst Baumann 選手のコメント』
新しいタイヤ、ブレーキパッド共にパフォーマンスアップに繋がっていると思う。両方共車の制動に直結するから、ブレーキタイミング、ラインの取り方を再調整しなければならないけど、車の安定感が抜群だから、もっとポテンシャルを引き出せるようにしたいね。

『Jordan Tresson』
We made the right choice deciding to do the qualifying on soft tires. The new brake pads also were highly effective. I think they helped us to improve our time. The medium tires we used in the race of course did not have the grip of the soft tires, but considering one stint consists of nine Nordschleife laps, I thinkg they showed a great performance.
『Klaus Völker 』
At the driver change for the second stint, we were already at the top of the race, so considering it was the first race of the season I raced carefully. At some point I felt vibration from the front, but I thought it might just be some debris I collected on the course and just continued as safely as possible. Overall we had a good setup of the car and thanks to this were able to take the class victory.
『Uwe Kleen 』
I drove in a way to reduce strain on the tires. Always checking the gap to the second ranked car I did laps. I think origin of the vibration that I started to feel came from the left and right front and was tire of the hub bearing. I had to drive quite carefully in order to finish, which impacted on our overall timing. It is actually much more difficult to control your pace on the Nordschleife as opposed to driving at normal speed. Finally due to the gap with the overall leader we had to drive one lap more, but the feeling of being on a winning run was fun.
Continuing from last season it was the third win in the row. The season just started, but I want to continue on this momentum.

『Helmut Baumann 』
I felt the new brake pads increased performance of 20%. Even when going for the breaks quite late the car would stop effectively. Regarding the tires, I feel I can control the car better than last year. I drove quite constantly, but in my stints last lap I crashed the front left. That caused the steering to block and the damage was so big that I could not determine the issue myself, so I had to retire from the race there.
『Horst Baumann 』
The new tires and the brake pads have led to increased performance. As the breaks were updated, we needed to adjust our brake timing and how we take the line, but the cars stability is unsurpassable now and I want to go ahead taking good positions.

c0084643_965371.jpg



レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
# by carbon_tras | 2014-04-22 09:07 | Tras Racing
VLN2013 Rd,10
38. DMV Münsterlandpokal
c0084643_1493753.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2013/10/26
天候 曇り時々晴れ
エントリー 総数:155 台 SP8 クラス:6 台
出走 総数:150 台 SP8 クラス:6 台
完走 総数:110 台 SP8 クラス:4 台
ドライバー #135
・Jordan Tresson 選手・Uwe Kleen 選手・Klaus Völker 選手
ドライバー #136
・脇阪 薫一選手 ・中西 広高選手
ドライバー #137
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 26/10/2013
Weather: Cloudy and Sunny
Total entries: 155 cars; SP8: 6
Cars started: 150 cars; SP8: 6
Cars completing race: 115 cars; SP8: 4
Drivers #135: Jordan Tresson, Uwe Kleen, Klaus Völker
Drivers #136: Shigekazu Wakisaka, Hirotaka Nakanishi
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_1495614.jpg


予定通り12 時から開催された決勝。スタートの時点ではハーフウェットコンディションであったが、時間が過ぎると共に、路面が乾いていく。#135 #137素晴らしい走りを見せる。

The race started as planned at midday. The conditions were half wet, but as time progressed the surface dried up. Both #135 and #137 showed a great race.
c0084643_1410986.jpg
c0084643_14101782.jpg

第2スティントKleen 選手から、緊迫した無線が入る。「最終シケインで、左前から異常なバイブレーションが発生、緊急ピットインする! 左前のチェック、タイヤ交換とドライバー交代を頼む!!」。タイヤは、バースト寸前の状態だったが、僅かな挙動の変化を感じ取り、直ちにピットインしたKleen 選手の好判断が、レースの流れを更に引き寄せたといえる。

第3 スティント、ここから#137 Horst 選手は猛プッシュを開始、前を走るクラス3 位のアストン・マーティンとの差を、毎周2 分近く詰めていくというスーパーラップを連発する。遂にはCCS-R による、ノルドシュライフェ初の9 分切り、8 分59 秒558 を記録。その次の周では遂にアストン・マーティンを捉え、3 位に浮上する。

In the second stint with Kleen at the wheel an interesting message came in on the radio: “Since the last chicane, I am getting strange vibrations from the front left, so I will have to do an emergency pit stop. Please check that side, change the tires and change the driver!!” The tire was was about to burst, but thanks to the sensitive perception of Kleen and his immediate decision for a pit in, the impact of the incident on the race flow was only minimal.

For the third stint in #137, Horst was on the wheel and started to push. He managed to reduce the gap to the Aston Martin racing in front of him on class position 3 by incredible two minutes per lap! He achieved a CCS-R-first: A lap below 9 minutes at a recorded 8”59’558! In the next lap, he overtook the Aston and took the third position.
c0084643_14103298.jpg
c0084643_14104188.jpg

無事に2 台ともチェッカーフラッグを受け、#135 は前戦に引き続き、見事VLN SP8クラス2 連勝、#137 も3 位という、素晴らしい結果で2013 年シーズンを締めくくる事が出来た。

Both cars passed the checker flag safely. #135 followed up on its performance during last race and secured class victory for the second time in a row. #137 secured the great result of class rank 3 and brought the 2013 season to a wonderful end.
c0084643_14111188.jpg

今シーズンのLEXUS IS F CCS-R は、速さと安定性を兼ね備えた素晴らしい進化を遂げ、世界一過酷なニュルブルクリンクで90%以上という脅威の完走率を果たすことに!!

日本・ドイツ共同チームとして参加しているVLN シリーズ輝かしい成績を残し続けるLEXUS IS F CCS-R チームは、来年も更なる飛躍をすべく準備を整えています。ファンの皆様、期待してください!そして更なる応援を、よろしくお願いいたします。

This season the LEXUS IS F CCS-R showed improved speed and constance and achieved a finishing rate of over 90% on the world’s most challenging track.

The LEXUS CCS-R participated in a Japanese-German team in the VLN series and brought back a great result. Now the preparations for next year must begin with with even higher success as the target. Dear fans you may expect something! We ask you for your support again!

VLN10最終順位
135 号車:総合35 位/クラス優勝
136 号車:リタイヤ
137 号車:総合68 位/クラス3 位

Final Results at VLN10:
#135 overall rank 35 / class rank 1
#136: retired
#137 overall rank 68 / class rank 3
c0084643_14114345.jpg

『Jordan Tresson 選手のコメント』
ハーフウェットからのスタートを担当したけど、レース中に乾いてきて、どのタイミングでスリックに換えるのか、判断が難しかった。ライバル車との差も考えながらレース及びタイヤマネージメントを同時にこなすタフなスティントだった!ダブルイエローなども重なりタイヤマネージメントの助けにはなったね?ボス櫻井の戦略で、全スティントをウェットタイヤで通したけど、結果的にそれが順位をキープ、最終的にクラス優勝につながったから、嬉しいね。
今シーズンはLEXUS IS F CCS-R でとても良い経験をさせていただき感謝しています。
山内一典さん、ビックチャンスをくれて本当に有難う。
山内さん、来シーズンは是非一緒にCCS-R でVLN を走り切りましょう!
『Uwe Kleen 選手のコメント』
前回クラス優勝を果たしたから、その良い調子を持続出来る様、今回も良い成績を目指してチーム一丸となって頑張った。気を抜かずに行こうと思っていた矢先、最終シケインでフロントから明らかにおかしいバイブレーションが出た!迷わず緊急ピットイン。
バースト直前で危ない状態だったから、良い判断だったね。
その後のKlaus も慎重にレースをコントロールしてくれて前戦に引き続きクラス優勝!
#137 もトラブルがあったにも関わらず3 位!良い形でシーズンを終えることができた。
・2012年はSP8クラス優勝1 回・2013年はSP8クラス優勝2回・来年はクラス優勝3 回が目標だね?
LEXUS、RingRacing、TRD、TMG関わっている全ての人々に感謝します。来年もよろしく。
『Klaus Völker 選手のコメント』
今回は天候が不安定な中でレースが始まったから、気持ちを冷静に保つよう努力した。#137 がバースト、#135もバースト寸前で帰ってきたから、タイヤに気を使って自分のスティントをスタートさせた。2後続との差を気にしながらのレースだったから、難しいレースだったネ。レース終盤はセーフティーリードが保てていたから、タイヤマネージメントに気を使って周回しました。優勝できて本当に嬉しかった。

『脇阪 薫一選手のコメント』
今回はチームメイトの中西選手に、まずは車とコースに慣れてもらう、自分はそれをサポートする事を優先しました。自分は昔から“勝負は1 番にならんといかん”誰よりも速くないといかん!と言われてレースをしてきたのですが、ここニュルブルクリンクでは、これまでの参戦で、レースへのアプローチの仕方の違いを多く学びました。近視眼的に、一発の速さを求める為に全てを費やすのではなく、車を安全にチェッカーフラッグまで運ぶ事。ニュルブルクリンクでの耐久レースではそれが非常に大事で、それが出来て初めて、その先に何か得られるものがある。レースコンディションやコースコンディションも刻々と変化するから、本当に最後まで気を抜かず、一つ一つ冷静にこなし、経験則や曖昧な記憶で決め付けない。そうやってレースを生き残っていく事が大事だと思い知らされました。ここでの経験、チャンスを与えて頂いて、本当に感謝しています。
チームの皆様2013年お世話になりました。
『中西 広高選手のコメント』
ニュルブルクリンクでレースに参加出来るなんて夢みたいでCCS-R はとても乗りやすい車なので、安心できました。金曜日のプラクティスの時から少しずつコースに慣れてき、感触を掴んでいきましたが、初のノルドシュライフェは、とにかく驚きでした。道幅は狭くコーナーの数が多いだけではなく、右に左にうねっている。更にはその多くがブラインドで、これは世界中の人々を魅了するサーキットだな!と思いました。土曜日の予選、ノルドシュライフェに入って最初の1/3 周位、Adenauer Forst の辺りで、左にコースアウトしてしまいました。車の左前が傷んでいたのは分かったけど、とりあえず自走は出来るかな、と視認せずにそのまま再スタートしたのですが、Pflanzgarten の辺りで、車を左側のエスケープに出しましたが、思っていたよりダメージが大きかった。車のダメージを確認しなかった経験の浅さが出てしまいました。また修行し直して、いつか必ず再挑戦したいと思います。チームの皆様にはご迷惑をお掛けして、申し訳ありませんでした。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
ノルドシュライフェに入ったばかりのHatzenbach で、左前タイヤがいきなりバーストしてしまうという不運に見舞われたがレースを諦めず気持ちを落ちつかせた。ピットの皆は本当にフレキシブルに動いてくれて感謝している。車のことも何時もより理解出来てきて良かった。レースを諦めないことで無事完走、しかも3 位に入れて良かったよ。
来シーズンはCCS-R とRingRacing共にさらに進化したいね。
『Horst Baumann 選手のコメント』
今回も非常に満足のいく感じで車に乗れた。雨でのレースは、まだまだ自分でも上手に乗らないとダメだなという反省もある。2 回目のスティントの時は、兄貴や他の車でもタイヤのトラブルがあったから、タイヤに負荷をかけない様に乗った。2 周目からペースアップしていこうと思って、それがタイムにも反映されたから良かったね。まさか自分がCCS-R で最初に9 分を切れるとは思わなかったし、まだ信じられないけど、車の事がよく分かってきたという事かな。ドライビング中は楽しくて自分の順位なんて全然分かっていなかったから、パルクフェルメでクラス3 位に入れたと聞かされて、とても嬉しかったよ。

『Jordan Tresson』
I was in charge to start the race in the half-wef conditions. During the race the conditions dried up and the difficult question arose, whether to change to slick tires or not. It was a tough stint thinking about the gap to the rival cars as well as figuring out the optimal tire management. The double yellow flag actually might have helped with the tire management in the end. Following boss Sakurai’s strategy we fought all stints on wet tires. In the end we were able to keep our position and even happily win in our class.
I am very happy to have been able to experience this season with the Lexus IS F CCS-R.
I would like to thank Yamauchi Kazunori for giving me this big chance. Yamauchi-san, let’s race in the CCS-R together in the VLN next season!
『Uwe Kleen』
The great victory achieved this time, was achieved thanks to the great team work and hard work each and every one put in. I was in to fight for it, when suddenly at the last chicane an obviously strange vibration emerged from the front of the car. I needed to enter the pit urgently!
The tire had been about to burst, so it had been the right call. After this Klaus took control of the race and pulled through getting us class victory!
In 2012 we had one SP8 class victory; in 2013 we had 2 class victories. We have to set our target for 3 victories next year!
Everyone involved from the side of LEXUS, Ring Racing, TRD and TMG: Thank you very much! Let’s go for it again next year!
『Klaus Völker』
The race started in bad weather conditions, so I tried hard to stay cool. #137 had a burst tire and #135 came back right in time, as the tire was about to burst, so I tried to drive my stint with the health of my tires in mind. I also had to keep in mind the gap to the following car at the same time, so it was a hard race. In the end phase of the race I had a safe lead, so I could do my laps without putting too much force on my tires. I am very happy we were able to grab the victory!

『Shigekazu Wakisaka』
First of all I wanted my team mate driver Nakanishi to get used to the car and the course, so I supported him on that. Personally I have always been told in the past: “In a race you must win! You have to be faster than anyone else!” That is how I had approached racing too. However, here at the Nürburgring, I learned to approach a race quite differently. It is not about shortsightedly going full throttle and spend all your power on that, it is about bringing the car back safely to the checker flag. At the Nürburgring endurance races that is an extremely important thing. Only by approaching it in that way, may you achieve anything. The race and course conditions change throughout, so one has to stay on the ball until the very end making cool-headed decisions. There is no room for general rules or vague thinking! This is what I learned is necessary to remain in the race. I am very thankful for this learning opportunity. I would like to thank the whole team for their support in 2013.
『Hirotaka Nakanishi』
It has been like a dream to participate in a race at the Nürburgring. The CCS-R is a great car to drive and I felt safely calm in it. From the practice sessions on Friday onward, I was able to get a feel for the course little by little, however I was surprised at the first lap on the Nordschleife. Not only is the circuit very narrow, but also swerves from left to right. Furthermore you enter most of those turns blindly! No wonder this circuit fascinates people worldwide. At the qualifications on Saturday, on my first Nordschleife at around one third of the lap around Adenauer Forst, I got off course to the left. I knew I collided with my left front, but as I was still able to drive I left without checking the car. Around Pflanzgarten, I brought the car out into the escape area on the left side. The damage was larger than I had expected. Not having assessed the damage before reentering the race showed my lack of experience. After additional training, I will certainly challenge this race again one day. I would like to apologize to everyone on the team for the hassle caused this time.

『Helmut Baumann』
Just after entering the Nordschleife at Hatzenbach, the front left tire suddenly burst. We did not let this bad luck stop us from racing. Thanks to everyone in the pit, who worked so flexibly in the pit, we were able to go on! It was good to learn even more about this car than ever before. It was great to end up this race unharmed and even on the 3rd rank in our class!
We are looking forward to taking the CCS-R to the next level together with Ring Racing.
『Horst Baumann』
Again I left the race and riding the car with lots of satisfaction. I felt that I myself must improve my driving in raining conditions. Since in the second stint my brother as well as the other cars had some tire troubles I drove without putting too much strain on the tires. From the second lap on I increased my pace and was happy to see this reflected in my times. I never thought I would be the first one to take the CCS-R around the course under 9 minutes and still cannot believe it. Maybe it means I am getting to terms with the car. I was having lots of fun driving, so I was not aware of my ranking. When I was told we made 3rd rank in class in the parc fermé, I was really happy!
c0084643_1412495.jpg
c0084643_1412123.jpg


レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
# by carbon_tras | 2013-11-04 15:44 | Tras Racing

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。