TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
MFJ SUPERBIKE2014 Rd,6
●AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2014
c0084643_2133209.jpg

◆2014 全日本ロードレース選手権第6戦 スーパーバイクレースin九州
◆開催地:オートポリス(大分県)国際レーシングコース 4.674km
◆開催日:9月13日(土) 公式予選 9月14日(日) 決勝レース
■ 主催 : 株式会社 オートポリス オートポリス倶楽部
一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
■ 特別協力 : 株式会社ブライト
■ 後援 : 九州運輸局/大分県/熊本県/日田市/菊池市/阿蘇市/柳川市/大津町/小国町/南小国町/産山村/日田市教育委員会/菊池市教育委員会/阿蘇市教育委員会/柳川市教育委員会/大津町教育委員会/小国町教育委員会/南小国町教育委員会/産山村教育委員会/日田市観光協会/菊池観光協会/阿蘇市観光協会/柳川市観光協会/肥後おおづ観光協会/小国町ツーリズム協会/杖立温泉観光旅館協同組合/南小国町観光協会/産山村観光協会

■ 開催クラス : JSB1000

■併催レース : 2014 全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦
GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2014 西日本シリーズ第2戦

◆天候:晴れ22℃
◆参戦クラス:JSB1000
◆周回数:19周
◆エントリー総数:27台
◆スタート車両:25台
◆完走:22台
◆TeamTras135HPライダー:寺本幸司
●観客:土曜日:4.560人 日曜日:11,300人

阿蘇外輪山の北方、標高900mに位置しているオートポリスに向かうには、宿泊先から大津ミルクロードを経由していく。道路脇の栗の木から零れ落ちた毬栗達が、秋の訪れをそっと教えてくれる。ほんの少しの雲と共に光り輝く青空のもと、最大標高差52mのテクニカルコースで、2014 MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ第6戦が開催された。
c0084643_21313310.jpg
c0084643_2135542.jpg

c0084643_2127321.jpg

12時55分定刻通りレースはスタートした。スタートを得意とする寺本だが、朝フリー走行後に違和感を感じていたクラッチがスムースに繋がらず、数台に抜かれ出遅れてしまう。オープニングラップの最終コーナー出口で2台が転倒!赤いマシンと黄色いマシンは絡んだままストレートコース上まで滑走し、炎上するアクシデントが発生した、黄色いマシンを見た時に一瞬ヒヤッとしたが、ポジションを落としたおかげで難を逃れた。赤旗提示。コース上のマシンと、こぼれ出た油脂類の処理の為レースは仕切り直しとなる。ドゥカティを繰る須貝義行選手がギア抜けを起こし失速、直後にいたカワサキの井上哲悟選手が追突したことが要因のようだ。
c0084643_2127258.jpg

赤旗から約15分後、2度目のスタートが切られる、朝フリーから発生したクラッチをいたわりながらも寺本は順位を落とすことなく1コーナーに入っていく、トップグループは柳川明、中須賀克行、高橋巧、渡辺一樹、津田拓也、山口辰也、の6台、寺本はP15からP14と4周目にはP13に上げ着実な走りでサードグループのトップを死守している。
10周目の第1ヘアピンで渡辺が転倒、そのままリタイアとなってしまう。さらに100Rから200Rで高橋が転倒するもすぐに再スタートを切る。荒れ始めたレースの中、寺本は攻めと我慢が入り混じる混沌とした走りで14位チェッカーフラッグを受けた。
 レースも終盤戦に入りポイントランキングでは、同ポイントながらも酒井大作12位・寺本幸司13位と続いている。TeamTras135HP残り3戦、結果を残す走りでひとつでもランキング順位を上げることに専念する。
c0084643_2128021.jpg


■TeamTras135HP寺本幸司
■レース結果:14位
c0084643_21352058.jpg
■レース中のベストタイム:1分53秒576
■ポイントランキング:13位

c0084643_21302884.jpg
◆寺本幸司選手のコメント
全日本選手権オートポリスRd6は決勝14位でフィニッシュしました。ここにきてDDC(電子制御サスペンション)のセットアップに苦しんでますね。思い切ってライディングができず厳しい戦いでした。次戦の岡山はホームコースなんで頑張ります!!みなさん応援ありがとうございました!
At finals result was 14 position. So difficult to DDC system set up for this time. But we know, have to do for next race. Next race is my home circuit. Will one’s best to do everything!! Thanks everyone cheering for me!!

c0084643_21304896.jpg


◆武藤昇監督のコメント
サーキットでは、1周を幾つかの区間に区切りそれぞれ第1セクター・第2セクター・第3セクターのセクションタイムがモニターに表示されます。レースウィーク中は、走行毎にタイムを確認し、状況を把握しています。金曜日の走行から寺本のコメントは、的確で「第2ヘヤピンから一気に駆け下りる右連続と、大きめなコーナーでDDC制御が良くない方向に働き、タイムロスしている。」セクタータイムを照らし合わせると、第1・第2共にトップグループより+0.5秒差、第3セクターでは2秒以上遅れていることがわかりました。メカたちが様々な姿勢変化に向けセッティングし直しますが劇的な変化はありませんでした。電子制御サスペンションを使用しているチームは我々だけなので、情報も乏しく、難題にぶつかった感じです。一般走行からサーキット走行まで、難なく制御するDDCですが、世界でもグリップ力が高いと言われている日本のサーキットでスリックタイヤを使用する領域では、今ひとつライダーの思う所と違う制御になっていることを感じています。ただ、一般市販車を使用し最高峰レベルのレースに参戦している状況とすれば、素晴らしい結果をもたらしています。
今のチーム体制では、寺本には我慢の走りを要求することになりそうですが、結果を残すことに専念してもらい、最終戦!来年!“DDCの未来に向けたチーム体制作り”が必要と感じました!
引き続き、応援よろしくお願いします。
PHOTO: office25
2014年 TeamTras135HP はBMW本社及びBMW Motorrad JAPAN
オフィシャルサポートチームとして承認されています。

ご協賛各社様
◆住友ゴム工業株式会社(ダンロップタイヤ)
◆日信工業株式会社 (NISSINブレーキ)
◆トタル・ルブリカンツ・ジャパン株式会社(油脂類elfウエア)
◆株式会社 ビトーアールアンドディー(JBホイル/精密金属加工部品)
◆ビー・エム・ダブリュー株式会社
◆株式会社D.I.D  (ドライブチェーン)
◆株式会社ザム・ジャパン  (スプロケット)
◆株式会社フリクション  (表面処理)
◆株式会社ケミテック  (競技用冷却水)
◆ファンファクトリー  (車両ラッピング)
◆株式会社ベビーフェイス  (ステップ)
◆オメガ株式会社   (車両専用運搬車)
◆ジップモータープロ(車両メンテナンス)
◆有限会社テクニクス(サスペンション)
◆有限会社トーヨー産業(インターホンセット)
◆有限会社J・スタイル(車両スタンド)
◆BBSジャパン株式会社(PIT用椅子)





お問い合わせ:(有)トラス 新田正直
TEL055-977-9922FAX055-977-9925
e-maill:info@tras.co.jp
by carbon_tras | 2014-09-19 21:31 | Tras Racing
VLN2014 Rd,8
46. ADAC Barbarossapreis
c0084643_21183692.jpg

9/13に行われる予定でしたVLN8は、濃霧の為に中止となりました。

選手権は全10戦の内、上位ポイント8戦分を積算して争われます。
現在、135号車がクラス首位ですが、クラス2位の138号車フェラーリ458とは
僅差です。(それぞれ3勝ずつしています。)

引き続き、応援よろしくお願いいたします。

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2014-09-19 21:18 | Tras Racing
VLN2014 Rd,7
OPEL 6-Stunden ADAC Ruhr-Pokal-Rennen
c0084643_1717765.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2014/8/23
天候 晴れ後雨所により強い雨
エントリー 総数:193 台 SP8 クラス:5 台
出走 総数:169 台 SP8 クラス:5 台
完走 総数:106 台 SP8 クラス:3 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手
・Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・吉本 大樹選手 ・小林 敬一選手
・Jonathan Hui 選手 ・Keith Chan 選手
ドライバー #137
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手
c0084643_17172682.jpg

8 月後半、朝晩の気温は10度を下回る!秋らしい気候となったニュルブルクリンク。

c0084643_17174787.jpg
2014VLN 第7 戦、OPEL 6-Stunden ADAC Ruhr-Pokal-Rennen が開催された。今回は唯一6 時間耐久レース。
8 時30 分から開始された土曜日の予選。予選開始直後からクラッシュが多発していた為、中々タイムが出せない。コース上のダブルイエローが解除されるタイミングを見計らってノルドシュライフェに入っていく。
c0084643_17181426.jpg

予選結果
135 総合39 位/クラス2 位
136 総合91 位/クラス5 位
137 総合88 位/クラス4 位
決勝スティントは
135 号車が、Tresson ~Völker ~Kleen ~Tresson
136 号車が、吉本~Hui ~小林~Chan
137 号車がHelmut ~Horst~Helmut~Horst
c0084643_17183053.jpg

決勝は、予定通り12 時スタート。3 台のCCS-R は6 時間の長丁場を乗り切る為に、慎重にレースを進めていく。135 号車のTresson 選手はその中でも傑出した走りを見せ、4 周目、5 周目に9 分切りを難無く見せる快走で総合20 位迄上がる。チームは7 周で136 号車、8 周で135 号車、137 号車をピットインさせる作戦を指示する。
3 台のCCS-R のピット作業が終わって一段落した辺りから、急に空を暗い雲が覆い始める。ウェットタイヤにチェンジするタイミングを計り始める。その頃、ノルドシュライフェでは局所的な豪雨が始まっておりピットは素早くウェットタイヤを準備し、ドライバーもKleen 選手にチェンジ。不運だったのは136 号車Hui 選手だった。タイミング悪く、他のクルマがピットイン中にホームストレートへ戻ってきてしまい、ピットで受け入れる事が出来なかった。その結果、Hui 選手は初めてのノルドシュライフェにも関わらず、ヘビーウェットを1周スリックタイヤで走る事になってしまった。第3 スティントの小林選手
この時点でSP8 クラスのライバル車はリタイヤや降格のペナルティなどで脱落しており、レースは事実上3 台のCCS-R による順位争いとなっていた。相変わらず毎周コースの何処かでクラッシュが起きており、全く予断を許さない状況に変わりはない。
c0084643_17185179.jpg

順調に走っていた3 台のCCS-R だが、アクシデントが起こったのは21 周目。136 号車がDöttinger Hohe を過ぎAntoniusbuche に差し掛かった時、コースアウト。ガードレールへ接触は免れたが、200km/h 以上出ている高速区間でのコースアウトにピットは一瞬青ざめた!136 号車はフロントスポイラーを失っており、ディフューザーも落ちかけていた。小林選手は燃料ギリギリまで引っ張る。3 台共最終スティントに入って運も味方し、1-2-3 フィニッシュ目前となったCCS-R。
136 号車Chan 選手がホームストレートでスローダウン、最終コーナーから立ち上がったところでエンジンが吹けなくなりストール、そこからエンジンの再始動が出来なくなってしまった。136 号車はファイナルラップにリタイヤという、厳しすぎるニュルブルクリンクの洗礼を受ける事になった。
壮絶な6 時間耐久レースはCCS-R のVLN 参戦初のクラス1-2 フィニッシュで幕を閉じた。
137 号車のHelmut Baumann 選手、Horst Baumann 選手は、CCS-R でVLN 参戦2 年目にしてようやく初トロフィーを獲得、忘れられないレースとなったに違いない。
c0084643_1719108.jpg
最終順位
135 号車:総合20 位/クラス優勝
136 号車:リタイヤ
137 号車:総合30 位/クラス2 位
c0084643_17252530.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
もう1 周早くピットインしておけば?もう1 周我慢しておけば?それほど毎周状況が変わっていた。自分の最後のスティントで履いたカットスリックは、ハーフウェット位の天候が不安定な時にはとても使える。これだけ厳しい条件下でのレースだったから、今日は3〜4 位辺りを狙えればいいかな?と思っていたんだけど、それが1-2 フィニッシュ出来て
♪素晴らしいよ。ありがとう。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
レースの前半からリタイヤしている車も多かった、無線でピットと定期的にレースの状況をやりとりして、自分達のペースでレースを組み立てたことが良かった。ダブルイエローも殆ど毎周出ていて、その減速区間を丁度無線に使っていた、レースも後半になってくると、オイルが散っている所が幾つか出てきて、とても危なくなっていた。ちょっとの油断、見落としで大惨事になるのがノルドシュライフェ、無事に車を完走させることが出来てホッとした。勝てて大満足だよ。137 号車も一緒にトロフィーが取れたしね。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
車自体のパフォーマンスは良かった、コースコンディション、レースコンディションとの兼ね合いでレースを作っていった。混んでいる時は無理せず比較的空いている時はタイムゲイン出来る様に走った。いつも完走する事を第一に考えて走らせている。トラブル無しで走っていれば、ある程度の順位には行ける、冷静でいられる様に心掛けた。短い時間でコンディションが変わって、結局最後にはまた雨が降ってきたし、難しいレースだったね。でもここでしっかりと勝てたのが嬉しいよ。
『吉本 大樹選手のコメント』
ノルドシュライフェを一回走っちゃったら、日本のサーキットは片手で親指と人差指でステアリング握っても走れる位に感じちゃう。それ程魅力のあるサーキットだし、楽しいです。また来年来られる様に頑張ります。
c0084643_1725395.jpg

『小林 敬一選手のコメント』
念願のニュルブルクリンクで走る、レースに出るという思いがやっと叶えられました。噂通りスリリングだし、周りの雰囲気も含めて、ニュルブルクリンクというものが独特の存在感を出している、ここが聖地だと呼ばれているかを肌で感じる事が出来ました。ある程度思い通りに走る事も出来、本当に面白かった。ドライ〜ヘビーウェットと全部のコンディションを経験させてもらいました。自分のスティントはウェット中心で、1 周が長くて長くて。濃い体験をさせてもらったし、まだまだやり残した事もいっぱいあるし、来年もニュルに来たいですね。
『Jonathan Hui 選手のコメント』
レインコンディションでのニュルブルクリンクの走り方をそもそも分かっていなかったから、精神的にとてもしんどかったですね。車のコントロール自体は問題が無かったから、少しずつニュルブルクリンクでのレースを学んでいけた、悪条件下での車に対する信頼性も確認出来て、それがペースアップにつながりました。満足しています。全てがチャレンジだったし、とてもいい経験が出来た。また早く戻ってきてニュル走りたいです。
『Keith Chan 選手のコメント』
僕にとってビッグチャレンジ!車は抜群の安定感があって素晴らしい。
本戦が始まってから、自分のスティントまで天候がコロコロ変わって、少しでもラインを外すとつるつる滑るし、本当に難しかった。途中からはまた雨が強くなってきて、我慢してウェットタイヤで走っていたのが逆に助かりましたね。そこでペースを上げられたのだけど、最終周に入るホームストレート手前で突然スロットルペダルにクルマが反応しなくなって、色々試したけど、エンジンが掛かってもすぐにエンストしてしまうので、そのままゆっくりとコース脇に止めた。もう少しで完走だったから本当に残念だったけど、素晴らしい経験をさせて頂く事が出来ました。直ぐにでもまたノルドシュライフェで走りたいですね。
c0084643_17261489.jpg

『Helmut Baumann 選手のコメント』
前回、車のトラブルで残念ながらリタイヤしてしまったので、今回は完走を目指したかった。これだけ天候が不安定なので、落ち着いて車を走らせた。ペースも安定していて良かったんじゃないかな。何回か自己ベストに近い走りが出来たけど、そういう時に限ってフラッグが出て、自己ベスト更新はならなかったけど、冷静にレースは進めていった。悪天候で無線にノイズが結構乗ってきて聞こえづらかったね。でも、クラス2 位にもなれたから今日は大満足。チームの皆も本当にテキパキと動き、イレギュラーな状況にも素晴らしい対応を見せてくれた。本当にありがとう。
『Horst Baumann 選手のコメント』
レースの後半になって、スリックで雨の中を走っていた時は、怖くてとてもナーバスになった、いきなりノーグリップになってスピンした時は本当に怖かったです。その後は、何
もない様に見える路面でもオイルがあるかもって思いながら慎重に走った。実際そんな場所がいくつかありとても危険だった。無傷で完走出来て嬉しかったし、クラス2 位の結果は最高に嬉しいです!
c0084643_17264468.jpg
c0084643_17265640.jpg

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2014-09-05 17:17 | Tras Racing
VLN2014 Rd,6
37. RCM DMV Grenzlandrennen
c0084643_1755130.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2014/8/2
天候 晴れ時々曇
エントリー 総数:170 台 SP8 クラス:5 台
出走:168 台 SP8 クラス:5 台
完走:128 台 SP8 クラス:3 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手
・Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・松下 信雄選手 ・鶴田 昭臣選手
ドライバー #137
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手
Class: SP8 Class
Date: 02/08/2014
Weather: Sunny with some clouds
Total entries: 170 cars; SP8: 5
Cars started: 168 cars; SP8: 5
Cars completing race: 128 cars; SP8: 3
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #136: Nobuo Matsushita, Akiomi Tsuruta
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann

c0084643_176425.jpg

8 月に入り短いドイツの夏も終わりが近づく中、2014VLN 後半戦の始まりとなる第6 戦、37. RCM DMV Grenzlandrennenがニュルブルクリンクで開催された。
135 号車と137号車は共にレギュラードライバー136号車には松下信雄選手と鶴田昭臣選手がエントリー。3 台のCCS-R がノルドシュライフェを駆け回るレースに臨んだ。
予定通り8 時30 分から開始された土曜日の予選。136 号車の松下・鶴田両選手はニュルでのレースは初参戦!“習うより慣れろ”とノルドシュライフェヘ。他車のクラッシュによる赤旗で、予選最後がカットされてしまっが3 台のCCS-R は無傷でピットに帰還し、順調な仕上がりである事をアピール。
135 号車が総合54 位/クラス3 位
136 号車が総合158 位/クラス5 位
137 号車が総合58 位/クラス4 位
c0084643_177058.jpg
c0084643_177814.jpg

予定より15分遅れでスタートした決勝、135 号車のTresson 選手137 号車のHorst 選手に続き136号車松下選手もノルドシュライフェに入っていく。ニュル24hでのクラッシュによる修理を終えた137 号車にトラブル発生。デフ油温が下がらずピットイン。電気的トラブルが判明しピット内で修復作業に入る。
c0084643_1774126.jpg
順調に走る135/137は第2 スティントに突入、135号車Völker 選手136 号車鶴田選手にドライバーチェンジ。ノルドシュライフェに入った鶴田選手から「右コーナーで右側面をぶつけられた!!」と無線が入る。車をいたわりながらピットイン。走行に直接影響する部分は全くダメージを受けていない、簡単なリペアでコースに復帰。
c0084643_1782760.jpg
137 号車Helmut 選手もレースに復帰「デフ油温が下がらない、ピットインする!」との無線。その後、137 号車は2週間後のレースに備えレースをリタイアする事となってしまった。
c0084643_1781097.jpg
レースも終盤135 号車のKleen 選手、136 号車も松下選手から最終ドライバー鶴田選手に交代、懸命の走りを見せる。安定した走りに定評のあるCCS-Rの2台はチェッカーフラッグを受けた。SP8クラス2、3 位を獲得。VLN も残り4 戦、取れるポイントを取りこぼさず、勝てるレースを確実に勝つ事が、年間クラス別チャンピオン2 連覇への必須条件となるであろう。
最終順位
135 号車:総合28 位/クラス2 位
136 号車:総合109 位/クラス3 位
137 号車:リタイア
『Jordan Tresson 選手のコメント』
予選時に選択したタイヤが良いフィーリングだった。今日はライバル車もほぼノーミスで走っていたから厳しい闘いでしたね。トラブルもなく着実に走りポイントを稼げたから良かったよ。
『Klaus Völker 選手のコメント』
特に、夏場のレースは集中力を高め、冷静に淡々とスティントをこなしている。ダブルイエローもほぼ毎周出ていたので、順位キープを心掛けたよ。追い抜かれたのはGT3 車両と、コンスタントに9 分を切ってくる車位だから、CCS-Rも速い車の仲間入りだよね。車内が暑くて大変だったけど、レースが楽しめたから満足している。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
タイヤをケアした走り方をしたり、遅い車に引っかかったり、ダブルイエロー区間で減速することでグリップが回復するから、タイヤマネージメントを考えて走ればパフォーマンス向上に繋がるネ。ペースも悪くなかったし、ベストリザルトと言っても良いんじゃな
いかな。
c0084643_1784877.jpg

『松下 信雄選手のコメント』
開発テストでは、何度か経験のあるノルドシュライフェですが、レースとしての走行は初めてなので、最初はゆっくりとコースや車に慣れていこうと心掛けました。
“操ることを楽しむCCS-R” は非常に乗りやすい車で、乗っていてもストレスを感じる事がないのですが、レースとして走るノルドシュライフェは怖かったですね。ペースをつかみながら、少しずつアクセルを踏み込み、ブレーキもギリギリまで遅らせる事が出来る様になってきました。全体を通して、自分のペースで走っていこうと思いました。走行中、目の前でクラッシュにも遭遇したのですが、いつものように落ち着いて、周りの状況判断することで、余裕もうまれ回避出来ました。最後の方は、自分なりにレースも出来てきて非常に満足しています。僕が参加するには多くの人の助けがあったからです。その皆様一人一人に感謝したいです。
『鶴田 昭臣選手のコメント』
この伝統ある北コースで、ドライビングスクールに参加し、ツーリストとして走った事はありました。松下さんから、レースに出られるチャンスがあるって聞いたから直ぐに飛びついたよ!ドライビングスクールとレースは全然違って、金曜日のプラクティスで走っていても改めて怖いポイントが見つかったり、ちょっと後ろから煽られたり、何かのタイミングがずれただけでパニックに陥ったりして、恥ずかしくない走りが出来るまで大変だった。車は最高、問題が有るとしたらドライバーの僕だね?慎重にレースに入っていったお陰で、決勝でも粛々と走ろうと決心が出来た。他車とぶつかって緊急ピットインしたけど、足やホイール等にダメージが無くて良かったよ~!あの接触の後は、視界も広くなってきて余裕が持てたと思うよ?松下さんと2 人で“目標は完走”と話し合っていたから、今日の結果には大満足。こんなにアドレナリンが出ちゃったら若返っちゃうね。

c0084643_1713720.jpg
『Helmut Baumann 選手のコメント』
24 時間レースの時にクラッシュしてしまった137 号車が戻ってきて、チェック走行から始めた、見た目も走行フィーリングも完ぺきだった。決勝で弟が乗っていた時からデフのポンプが回らなくなり油温の問題が出た。レースは続けたかったが次に繋げることを優先し、車は壊したくないのでリタイアの決断をした。辛かったよ。今回は残念だったね。
『Horst Baumann 選手のコメント』
マシンの電気系トラブルでデフの油温が下がらず残念だった。それ以外、私も車も調子は悪くなかった。スタートでベストポジションを取れ無かったことを反省している。まだまだ自分の走り方も良くしていかなければならないね。
c0084643_1793347.jpg
c0084643_1794136.jpg

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2014-09-02 17:09 | Tras Racing

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。