TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧
VLN2014 Rd,5
レース名 54. ADAC Reinoldus-Langstreckenrennen
クラス SP8 クラス
開催日 2014/7/5
天候 霧雨時々曇
エントリー 総数:150 台 SP8 クラス:6 台
出走 総数:139 台 SP8 クラス:6 台
完走 総数:120 台 SP8 クラス:5 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手
・Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 05/07/2014
Weather: Drizzle with some clouds
Total entries: 150 cars; SP8: 6
Cars started: 139 cars; SP8: 6
Cars completing race: 120 cars; SP8: 5
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #136: Helmut Baumann, Horst Baumann

VLN 第4 戦から1 ヵ月半、ニュルブルクリンク24 時間レースを終え、久しぶりとなるVLN 第5 戦、54. ADAC Reinoldus-Langstreckenrennen が開催された。
It has been one and a half months since VLN4, as the Nürburgring 24h endurance race was held in the meanwhile. So after quite a while finally the VLN5, 54. ADAC Reinoldus-Langstreckenrennen, was held on the 5th of July.

24 時間レースでのアクシデントにより修理中の137 号車に代わって136 号車に搭乗するBaumann 兄弟。予定通りに開始された土曜日の予選。135 136号車共にタイムアタックに挑もうとしたその時、Flugplatz で大クラッシュが発生、この規制は1 時間程続いたが、解除後の残り20 分でタイムアタックをしたのだが全車GPSで管理されているためグリーンフラッグ手前で速度超過をしたという事で135号車は予選タイム抹消。136号車は速度超過が低くファステストラップのみ抹消となった。予選暫定ポールポジションであったチームは決勝をボイコットする事態に発展、ピットも騒然とする中、2 時間遅れで決勝が開始される事に、スタートが遅れた影響でレース時間も短縮となり、上位クラスは登録ドライバー全員が乗らなくとも良いという特別ルールが発表された。いつもとは違う作戦が求められるレースとなったが、決勝前ミーティングによって135 号車はTresson 選手−Völker 選手の2 人で乗り、Kleen 選手がリザーブ、136 号車はHelmut 選手がスタートしてHorst 選手に繋ぐ事に決定。
Due to an accident during the 24h race, #137 was still being repaired and vehicle #136 used by the Baumann brothers instead. The qualifying was held on Saturday. As both #135 and #136 were going for a time attack a huge crash happened at the so-called Flugplatz. During one hour the qualifying was restricted. After the restricted period #135 tried its time attack anew, however the GPS-monitored car had increased its speed shortly before the green flag had been shown and due to this, its qualifying time was voided. The speeding of #136 was very little, so that only its fastest lap was voided. A team had been temporarily on pole position, however it boycotted the race, which caused a stir in the pits and a 2-hour delay of the race start. As a result the overall race time was also reduced. In a special move the requirement for all registered drivers to drive during the race was put on hold and allowed for a race with a totally new strategic approach. In the pre-race meeting we decided that only Tresson and Völker would ride and Kleen would be the reserve driver. For #136 Helmut took the start and Horst the following stint.

ニュルブルクリンクは霧雨が降り始め、チームは安全策を取って2 台ともウェットタイヤで送り出す。フォーメーションラップでノルドシュライフェの様子を伺うと、ドライバーからは「ギリギリスリックでいけるんじゃないか」「ウェットじゃペース上げられないね」との無線。1 周目を終えた所で先に135 号車がピットイン、136 号車もその次の周でピットインしスリックタイヤに交換。135 号車は特に素晴らしい追い上げを見せ、第1 スティント終了時には総合19 位迄ジャンプアップするという素晴らしい展開となった。
As a drizzle started to wet the Nürburgring all teams decided to take the safe strategy of sending their cars out with wet tyres. The feedback from the riders during the formation lap came in through the radio: “We could have almost gone with the wet tires.” or “With these wet tyres we cannot really increase the pace.” After the first lap #135 came into the pit first, followed by #136. Both changed to slick tyres. Especially #135 showed an exemplary catch-up. It was a great development.

136 号車Helmut 選手はスティント終盤にもタイヤ選択に悩んでおり、その為どうしてもペースが上げられず、明らかに苦しんでいた。135 号車の第2 スティントはVölker 選手が搭乗。微妙な天候と闘いながらジワジワと順位を上げていく2 台のCCS-R。非常に難しいコンディションの中でのレースであったが、2 台とも無事にフィニッシュする事ができた。
Helmut was visibly suffering from the choice of tyres at the end of #136’s stint. #135’s rider for the second stint was Völker. Battling with the changing weather both CCS-Rs managed to improve their positions. It was a race in very difficult conditions, but both were able to finish the race.

決勝レース終了後にも、ペナルティの審議対象となったチームが次々と本部に呼び出され、リザルトが確定出来ずに表彰式もキャンセルになる等、主催者は最後までルールに厳格な姿勢を貫き通した。2014 年のVLN は折り返し地点を迎えた。不断の努力でこれらの課題を解決していき、後半戦も優勝争いを続ける事が出来るだろう。
Even after the race one team after another was given penalties by the race control, so the results could not be announced and the winner ceremony was cancelled. The organisers demonstrated a very strict position to the rules until the end. The VLN has reached a turning point in 2014. With constant efforts we will take on these topics and continue to fight for victory in the second half of the season.

最終順位
135 号車:総合30 位/クラス3 位 【暫定】
136 号車:総合53 位/クラス4 位 【暫定】
Final ranking:
#135: Overall: 30 / Class: 3rd rank【tentative】
#136: Overall: 53 / Class: 4th rank【tentative】

『Klaus Völker 選手のコメント』
最初の3 周はとてもレースをするのが難しいコンディションだった。フルドライ、フルウェットが毎周交互にある感じだったし、その後も部分的にドライとウェットがミックスされた状態でレースを進めていかなければならなかったから!メンタル的にタフなレースだったよ。最後の方はペースアップが出来てきたんだけど、今日のレースでは、ノークラッシュ・ノーダメージで完走出来たのが何よりも良かったよ。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
自分は今回、ドライの予選しか走っていないけど、車のセッティングはある程度出せていた。ペナルティを参加チームの多くが受けて、それが決勝に大きく影響したね!タイヤマネージメントとの兼ね合いで、セッティングも大きく見直すべき点が出てきたし、レギュレーションへの対応も変えなくてはいけない。シーズンはまだ折り返し地点だし、今年も年間総合を獲りに行く!!焦らずに対処していきたいね。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
予選のペナルティは残念だけど、裁定が下ったものは仕方がない。フォーメーション、そして1 周目共に、自分ではスリックタイヤでいけると判断し無線を入れピットインした。その後はいいペースで走れたよ。Klaus には自分のスティントの時のコースコンディションの傾向を伝えて、スリックタイヤ続行を勧めたのだけど、コンディションがコロコロ変わっていたから、ベストな状態での走り方ではなくて、コンディションといかに闘い、または合わせた走り方をするか、そういった所を学んだレースだったね。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
今回のレースは非常に予想の難しいコンディションで、自分はタイヤチョイスでどうしても躊躇する場面が出てしまった。決勝レーススタートの後、慎重に走りながらタイヤの事を考えていたら、第2 グループに埋もれてペース自体も上げられなかったし、結果的に判断も遅れてしまった。ス調子自体は悪くなかったから、この辺りは反省点としてはっきり認識しなければならないね。
『Horst Baumann 選手のコメント』
決勝レースの第2 スティントはギリギリまで読めないコンディションで、ナーバスになってしまったね。思った程厳しいウェットじゃないと分かって、割り切って走り始めたらだんだん良くなってきたから、こういったレースに対応する経験だったり、メンタル、フィジカル的なタフさの必要性を勉強したよ。

『Klaus Völker』
The first three laps were very difficult racing conditions. It seemed like each lap the conditions changed from full dry to full wet. Even after that at times the track showed mixed dry and wet conditions. Despite this the race had to continue. It was a mentally tough race. In the end I was able to increase my pace, but most importantly we completed today’s race without a crash or any damage.
『Uwe Kleen』
I only drove in dry conditions during the qualiying session this time, but I think the cars settings were good. Most teams got a penalty, which had a huge impact on the race! Also the tyre management will have a big impact on our settings and we have to review our compatibility with the the regulation The season is at a turning point and we will go hunting for the overall podium!! Let’s calmly prepare our strategy.
『Jordan Tresson』
The qualifying penalty was a pity but there is nothing to do about it. During the formation lap and the first lap, I radioed the pit that we should be able to go with slick tyres. After that I managed a good pace. Klaus had conveyed to me the track conditions during his stint. But as the conditions were changing constantly, I needed to constantly adapt and adjust my riding. This experience was a great learning point for me.

『Helmut Baumann』
This race the qualifying conditions were very difficult. Personally I had difficulties choosing the right tyres and showed hesitation. After the start of the race I was focusing on the tyres and thinking about my driving. I was clustered in the second starting group, so I was not able to increase my pace and finally my decision was a bit late. The general conditions were not bad, so I will have to reflect on that topic.
『Horst Baumann』
The conditions of the second stint were difficult to foresee until the last minute and I got a little nervous. Once I realised it wouldn’t be as wet as I had thought, I changed my driving. From then on it went better and I learned that it is for such situations that one has to prepare ones physical and mental strength.

※今回は契約の関係で写真は無しとなりました。ご了承ください。
* We apologise that due to contractual reasons there are no pictures this race.

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2014-07-30 19:16 | Tras Racing

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。