TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
VLN2013 Rd,9
ROWE 250-Meilen-Rennen
c0084643_1341984.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2013/10/12
天候 曇り時々晴れ
エントリー 総数:174 台 SP8 クラス:9 台
出走 総数:162 台 SP8 クラス:9 台
完走 総数:115 台 SP8 クラス:4 台
ドライバー #135
・ Uwe Kleen 選手 ・ Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・ 脇阪 薫一選手 ・ Klaus Völker 選手
ドライバー #137
・ Helmut Baumann 選手 ・ Uwe Kleen 選手

Class: SP8 Class
Date: 12/10/2013
Weather: Cloudy and Sunny
Total entries: 174 cars; SP8: 9
Cars started: 162 cars; SP8: 9
Cars completing race: 115 cars; SP8: 4

Drivers #135: Uwe Kleen, Jordan Tresson
Drivers #136: Shigekazu Wakisaka, Klaus Völker
Drivers #137: Helmut Baumann, Uwe Kleen
c0084643_13141697.jpg

濃霧のため予選開始は2 時間遅れの10 時30 分、時間も短縮され60 分間となった。
#136総合40 位/クラス4 位と好位置につける。
#137 総合98 位/クラス8 位。
#135 参加車中唯一、タイム計測無しで予選を終える事となってしまう。

Due to thick fog, the qualifications started with two hours delay at 10:30 and were shortened to only 60 minutes.
Qualifying Results:
#136 overall rank 40 / class rank 4
#137 overall rank 98 / class rank 8
#135 exceptionally the car ended the qualifications without a time measurement.
c0084643_13143772.jpg

12:00決勝レーススタート予選までのトラブルが回避された#135は、順調にレースを重ねていく、#136は2度もタイヤバーストに見舞われる!一度目はGP コース上、スロー走行で緊急ピットインとなった。2度目はノルドシュライフェに入って間もなく、約20kmをバーストしたまま脇阪41選手は車を上手くコントロールし、ピットイン。
#137にも予期せぬトラブルが発生!左リアのタイヤが外れなくなってしまった!ついにピットクルーはホイールをカットして、問題となっているハブボルトを切り落とす事を決断する。戦線復帰したが、30 分以上をロスすることになる。

After resolving the issues from the qualifying, #135 started the race well at 12:00. #136's tires burst twice: Once on the GP track, having to drive back slowly to the pit. The second time was right after entering the Nordschleife, having to drive back 20km with a burst tire. Driver Wakisaka 41 was able to control the car well and reach the pit safely.
Unexpectedly #137 also ran into trouble! The left rear tire was no longer removable! Immediately the pit crew decided to cut off the wheel and remove the hub bolt. The car was able to recover but lost precious 30 minutes.
c0084643_13152516.jpg
c0084643_13153139.jpg
c0084643_13153741.jpg
c0084643_13154478.jpg
c0084643_13155124.jpg
c0084643_1316185.jpg
レース中盤以降、ライバル車が相次いでリタイア!!
レース残り約40 分、135 号車は遂にクラス1位に踊り出る。 そのまま、後続との余裕を保ちチェッカーフラッグ!!!
LEXUS IS F CCS-R今季初勝利!他の2 台もクラス3位、4 位に入り、CCS-R の3 台は素晴らしい結果を残す事が出来た。2013年のCCS-R は完走率が非常に高くポイントも2012年に比べて格段に多く獲得してきたが、VLN9で遂にクラス優勝を果たした。今季は残すところ、あと1 戦今回のように高いパフォーマンスを発揮する事を期待したい。

At the middle of the race, rival cars retired one after the other!!
40 minutes to the end of the race, #135 was finally on its way to finish on class rank 1. The car was able to keep the distance to its followers and continue on that rank racing past the checker flag!!
The first triumph of the season for the Lexus ISF CCS-R! The other two vehicles ended on class rank 3 and 4. The three CCS-Rs were able to bring back a great result! Compared to 2012 in 2013 the number of times the CCS-Rs finished the race was much higher, resulting in many more points than in the prior season. Finally in VLN9 we were victorious. With only one more race to go in this season, we hope to show this kind of high performance again.
c0084643_13162864.jpg
c0084643_13165810.jpg
c0084643_1317445.jpg
c0084643_13171574.jpg

最終順位
135 号車:総合25 位/クラス優勝
136 号車:総合50 位/クラス3 位
137 号車:総合101 位/クラス4 位

Final Results:
#135 overall rank 25 / class rank 1
#136 overall rank 50 / class rank 3
#137 overall rank 101 / class rank 4

『Uwe Kleen 選手のコメント』
前戦からのトラブルが解消されなかった135 号車が、決勝ではノートラブルで優勝出来て本当に嬉しい!137 号車に物理的トラブルが出て、レースの厳しさというか、面白さというか、色々と経験させてもらった。自分のスティントで乗っている時には、どちらの車共、ピットとも上手く交信出来て、ボス櫻井さんと共にレースをを進めていった。それがチーム全体としての好成績にも繋がった。ピットクルーも毎戦フレキシブルに対応してくれているし、苦労の末に皆で掴んだ勝利を、素直に喜びたい!!!
『Jordan Tresson 選手のコメント』
135 号車は、前戦からトラブルに悩まされていて、決勝でその鬱憤が晴らせて良かった。自分は走って結果を出すしか無いから、トラブルが再発しないか心配だったけど、無事に
走れて良かった。自分は最初の2 スティントを担当して、Kleen 選手が最後まで素晴らしいドライビングでレースをコントロール。ライバル車のトラブルもあって、最後にはクラス優勝が出来た♪クラス2 位、1 位と順位を上げていって、優勝が見えてきた時には、チェッカーが待ち遠しかった。チーム皆で勝ち取った勝利は最高です。

『脇阪 薫一選手のコメント』
今回の車の安定性には満足している。もう少しストレートが速くなる仕上がりにしたかった。決勝で足回りを変更して、結果としてタイムを上げる事は出来たけど、まだまだ早く走れるはず?ノルドシュライフェに入って、バーストしたのが比較的安全な場所だったから、スローダウンしながらピットに戻れたけど、今思うとぞっとするよ。
取り敢えず最低限の結果は出せた感じ。次戦はもっとストイックに攻めて行くので応援よろしくお願いします。
『Klaus Völker 選手のコメント』
ポルシェやM3 に負けない戦闘力があるから、ノルドシュライフェで勝負出来るのは楽しくて仕方がない。毎周定時連絡の無線で、他の2台のチームメイトがどの辺りを走っているかを把握できて彼らとのペースの違いレースコンディションを計算していくのも良い経験に結びつく。自分のスティント最終周に入って、GP コース走行中にタイヤがバーストしてしまったのは残念だったけど、直ぐにショートカットしてピットイン出来たから、ロスは最小限に抑えられたと思う。タイヤに関しては136 号車はアンラッキーだったと思うけど、結果が残せて良かったよ。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
今回もレースを楽しめたし、CCS-Rには大変満足しているよ。毎レース自分のベストラップを更新しているし、本当に楽しい♪前回はクラス3 位、今回はクラス4 位で、安定して良い成績も残せて大満足。もっともっと車の事を理解していけば、まだまだタイムは伸びると思う、あと10 秒は早く走れる!来週は練習する時間もあるから、最終戦に向けた自己鍛錬に励む事にします。来週は練習する時間もあるから、最終戦に向けた自己鍛錬に励む事にします。


『Uwe Kleen』
I am really happy that after all the troubles we had with #135 in the prior race, we were able to get the 1st rank without encountering any troubles. #137 had some physical troubles and a difficult race. Still, it was an interesting way to gain some new experience. During my stint I was able to communicate with the pit well and thus was able to plan out the race together with boss Sakurai-san. This resulted in good results for the whole team. The pit crew flexibly addresses the challenges thrown at them during each race. I am really happy that we were able to achieve a graspable win for everyone.
『Jordan Tresson』
After the troubles with #135 last time, it was great to be able to let off all that steam during the race. The only thing to do for me was to race and get a good result. Of course I was worried that we would again run into trouble and was glad that we were able to race without problems. I was in charge of the second stint after Kleen had shown great and controlled driving throughout his stint. The rival cars having troubles, we were able to take the victory home. Climbing ranks from 2nd to 1st, I could not wait for the checker flag. It is wonderful to have won together with everyone of the team.

『Shigekazu Wakisaka』
I am very happy with the level of stability of the car this time. I wanted to adjust the car to get a little bit faster on the straight through. During the race I changed the settings of the chassis and was able to improve the time. However, I still think we are able to race even faster. Where I encountered the tire bursting was in a comparably safe place and I was able to drive back slowly, but thinking of it now, that was scary.
After all I feel like we got the minimum result out of it. Next race we will improve stoically, so please support us!
『Klaus Völker』
As we have the fighting powerl to win against Porsche and M3, the races on the Nordschleife are immensely fun. Thanks to the radio call at each lap, I can find out about the other two team mates position on the circuit and calculate the conditions on the track. Entering the last lap of my stint my tire burst on the GP course. This was unfortunate, but I was able to take the short cut back to the pit and reduce the time loss to a minimum. Regarding tires #136 was unlucky, but we were still able to get a good result.

『Helmut Baumann』
The race was fun and I was thoroughly satisfied with the CCS-R. At each race I am improving on my personal best lap and it is really fun. Last time we finished on class rank 3, this time on class rank 4. I am happy we are showing a stable performance and good results. The more I learn about the car, I think I still can improve on the time and get another 10 seconds out of it! Next week I have time to train, so I will practice hard for the season’s final race.

c0084643_1317311.jpg
c0084643_13174038.jpg


レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2013-10-25 13:18 | Tras Racing
VLN2013 Rd,8
45. ADAC Barbarossapreis
c0084643_1829689.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2013/9/28
天候 晴れ
エントリー 総数:172 台 SP8 クラス:9 台
出走 総数:164 台 SP8 クラス:7 台
完走 総数:119 台 SP8 クラス:4 台
Class: SP8 Class
Date: 28/9/2013
Weather: Sunny
Total entries: 172cars; SP8: 9
Cars started: 164 cars; SP8: 7
Cars completing race: 119 cars; SP8: 4
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann


秋も深まった雰囲気のニュルブルクリンク9月28日(土曜日)VLN 第8 戦、45. ADAC Barbarossapreis が開催された。
土曜日朝の予選で、2 台のCCS-R の明暗が分かれる。135 号車は金曜日午後からトランスミッションのトラブルに見舞われていた。

An autumnal atmosphere awaited the VLN8 (45. ADAC Barbarossapreis) on Saturday September 28 at the Nürburgring.
The qualifications on Saturday morning revealed the unequal fate of the CCS-Rs with only two of them on track. #135 had had transmission problems since Friday afternoon.
c0084643_18293097.jpg

予定通り12:00に4時間の耐久レースがスタート。
#135は、マニュアルモードに移行出来ず、自動変速のままではレーシングスピードでドライバーの意思通りに走る事は難しく、ペースが上がらない。このまま走行を継続する事は危険と判断し、残念ながらリタイヤする事となった。

The 4-hour endurance race was started according to plan at 12:00. #135 was not able to shift gears in manual mode, so we had to let the drivers’ feeling guide the automatic gearshift. Of course this was very difficult and the lap times slow. We decided that it would be dangerous to continue the race like this and unfortunately had to make the call to retire from the race.
c0084643_18294153.jpg

終始、ハイペースなレース展開はドライバーを消耗させ、いつもより燃料も必要になってくる。SP8クラストップ総合でも首位争いを演じていたManthey ポルシェ911GT3RSR #145がコースアウト、同2 位のFerrari F458 #457がバックストレート後半でガス欠。結局この2 台はコントロールラインに戻る事はなかった。

From beginning to end this was a high paced race, wearing out the drivers and consuming more gasoline than usual. The Manthey Porsche 911 GT3 RSR #145 committed to get the 1st place on the podium lost its way off the course and the number two Ferrari F458 #457 ran out of fuel on the end of the back straight. Both vehicles could not make it back to the control line.
c0084643_18301979.jpg
c0084643_18303098.jpg
c0084643_18304051.jpg
c0084643_1831924.jpg
c0084643_18312169.jpg
c0084643_18313128.jpg

レース後半の追い上げが実った137 号車は、そのまま無事にチェッカーフラッグを受け、見事に総合35 位、クラス3 位入賞を果たした。Baumann 兄弟は、自身で購入したCCS-R での参戦4 戦目にして快挙を成し遂げ、CCS-R はまたしても世界一過酷なサーキットの一つであるニュルブルクリンクにその名を刻んだ。

#137 caught up during the second half of the race and was able to pass the checker successfully racing to overall rank 35 and class rank 3 on the podium! The Baumann brothers in the fourth race in their personally owned CCS-R and performed greatly engraving the CCS-R once again further as being one part of the Nürburgring!
c0084643_18314273.jpg
c0084643_18315584.jpg
c0084643_1832623.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
今回は金曜日のプラクティスからトランスミッションにトラブルが出て、中々まともにセッティングを詰めることが出来なかった。今の車は電子制御で管理されている部分が多いから、視認出来る物理的トラブル以外は特定するのも難しいね。
トラブルの原因はある程度限定出来たから、次のレースで今回の鬱憤を晴らす事にするよ。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
今回は自分達の想定外のトラブルに悩まされて、その原因特定が本当に難しかった。CCS-R がニュルブルクリンクで参戦し始めて以来同じトランスミッションを使っていたから、そろそろあの辺りに寿命が来るはずだとは思っていたけど、これはまだデータがない領域だから、次の開発にフィードバックされるといいね。新しいタイヤはどの様に使うと、どういった走りが出来るかが確認出来たから、次のレースでは期待して欲しいよ。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
新しいソフトコンパウンドのタイヤはグリップも増して、車のコントロールがよりしやすくなったね。もう少し足回りを固めにしてもいいかもしれないけど、VLN は耐久レースだからリスクマネージメントも大事。あくまでも車の安定性を失わない範囲で少しずつセッティングを詰めていこうと思う。 次戦にはトラブルシュートしたCCS-R で良い成績を残したい。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
CCS-R 乗る度に車の事をより理解出来て、今回はそれがある程度結果を伴ったものになったと思うよ。この車は本当に気持ち良く乗れて、安定感も抜群。自分のミスで少しコースアウトしてしまったけど、無事に、そして良い成績を伴って完走出来てよかった。ピットクルーの皆も一丸となってサポートしてくれて、皆で勝ち取った入賞だ!これからもセッティングを詰めていって少しずつ早くなって行きたいけど、あまりピーキーな車になってCCS-R の安定感が損なわれないよう、慎重に取り組んでいきたいね。
『Horst Baumann 選手のコメント』
今回のヨコハマタイヤは、自分が思い描いている理想のラインにかなり近い所を攻める事が出来て、車のポテンシャルを引き出すのに素晴らしい効果をもたらしてくれた。タイヤライフコントロールもやりやすくなったよ。レースコンディションによって走り方をコントロール出来れば、タイムも揃うようになってきたし、本当に乗っていて楽しい。タイヤのグリップが良くなったから、ギリギリまで攻めていけるようになったね。こんなにポテンシャルが高いから、8 分50 秒辺りまでは目指してみたい。素晴らしい週末になったよ。

『Klaus Völker』
From the Friday practice onwards we had trouble with the transmission and couldn’t find the right setting. As cars nowadays are controlled largely my electronics, it is difficult to find and identify issues, which are non-physical.
We could circle the root issue more or less and I will make sure to let off my steam over this issue at the next race.
『Uwe Kleen』
We were hit by troubles we could not predict this time and they were hard to figure out. Since the CCS-R started participating in races at the Nürburgring we have been using the same transmission so I thought its life span might be coming to an end, but this is an area we do not have any data on. I hope in the next development stage this feedback will be considered. We are at a point where we know how to implement and handle the new tires and we shall implement this experience well at the next race.
『Jordan Tresson』
With the new compound tires we have a better grip providing better control over the car. Maybe it would be good to harden the settings, but as the VLN is an endurance race, risk management is important as well. So we shall little by little improve the settings without losing the stability of the car. Next race I want to leave a good result with the fully troubleshot CCS-R.

『Helmut Baumann』
Each time I drive the CCS-R, I understand the car better, this time this helped to a certain extent to achieve our result. This car really feels great to drive and its stability is unbeatable. Due to my own mistake I was off the course a little. Coming back safely and even driving to the podium was great! Thanks to the support from everyone in the pit crew, we were able to win this prize for all of us! Continuing from here we want to go ahead and tweak the settings on the car to gain speed without making it into a too edgy car losing its stability.
『Horst Baumann』
I was able to drive the Yokohama tires on exactly the line I wanted to and could unleash the potential of the car bringing out a good result. The tire life control was not so easy. If I am can adjust my driving style to the race conditions, the good lap times follow. This is when it gets fun! As the tire grip improved I was able to attack to the limit. With this high potential I saw, I want to aim for an 8”50’ lap time. It was a great weekend!

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
c0084643_18322033.jpg

by carbon_tras | 2013-10-04 18:16 | Tras Racing
VLN2013 Rd,7
36. RCM DMV Grenzlandrennen
c0084643_124495.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2013/9/14
天候 曇り後雨
エントリー 総数:177 台 SP8 クラス:10 台
出走 総数:162 台 SP8 クラス:9 台
完走 総数:132 台 SP8 クラス:7 台

ドライバー #135
・ Uwe Kleen 選手
・ Klaus Völker 選手
・ Jordan Tresson 選手

ドライバー #136
・ 脇阪 薫一選手
・ 密山 祥吾選手

ドライバー #137
・ Helmut Baumann 選手
・ Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 14/9/2013
Weather: Clouds followed by rain
Total entries: 177 cars
Cars started: 162 cars
Cars completing race: 132 cars
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #136: Shigekazu Wakisaka, Syogo Mitsuyama
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_12442548.jpg
VLN7は、プラクティス(金曜)/予選・決勝(土曜)まで、まさに終始ニュルウェザーに見舞われた。
*ニュルウェザー(北コース/ノルドシュライヘは森の中、霧・雨・曇り・晴れ・と、目まぐるしく変わるニュルの天候。)
For VLN7 the whole duration from the practice sessions on Friday to the qualifications and race on Saturday, we were faced with Nürburgring weather*
* Nürburgring weather means extremely changing conditions throughout the Nordschleife through the forest with fog, rain and so on)
c0084643_12443936.jpg
c0084643_12444583.jpg
c0084643_12445278.jpg

雨が小康状態になった12;30決勝スタート。
ウェットタイヤ~スリックタイヤ~ウェットタイヤ~スリックタイヤ赤旗終了!と天気に翻弄されタイヤ交換を余儀なくされた今回のVLN7。

第2スティントにトラブル発生!
ウェットコンディションを物ともせず快走する3 台のCCS-R であったが、#137 から無線が飛び込む。「北コース(ノルドシュライフェ)に入って直ぐのHatzenbach 付近でコースアウト。どうにか走れそうだからスローダウンしながらピットに戻る、ダメージが自分では判断出来ないから見てくれ!!」。それから約15 分後、ピットインしてきたHorst 選手の乗る#137 は、車体左右をウォールに叩きつけられていたが、応急処置後レースに復帰する。

12:30 the start was called, just as the rain slowed down.
In short the VLN7 can be summarized: Wet tires, slick tires, wet tires, slick tires and a red flag finish! All these tire changes due to the mood of the heavens.

Troubles in the second stint!
At first the three CCS-Rs made their rounds in the wet conditions as if nothing was happening, then a radio message from #137: “Upon entering the Nordschleife the car left the course at Hatzenbach. The car is still able to drive, so I’ll make my way in a slow pace back to the pit. I cannot assess the damage by myself, so please have a look!” After roughly 15 minutes, Horst came back to the pit with the #137. Both sides had hit the wall and after some emergency measures to secure the damaged parts, the car was sent back off into the race.
c0084643_12455526.jpg
c0084643_1246322.jpg
c0084643_12461022.jpg

4時間の耐久レース残り10 分となった所で、またもや突然の強い雨が降り始める。ここで赤旗終了となった。

10 minutes before the end of the regular 4 hours of the race, suddenly strong rain started to fall again. This led to a red flag finish.
c0084643_12463219.jpg

最終結果
135 号車が総合98 位/クラス8 位
136 号車が総合82 位/クラス6 位
137 号車が総合110 位/クラス10 位。

Final results
#135 overall rank 98 / class rank 8
#136 overall rank 82 / class rank 6
#137 overall rank 110 / class rank 10
c0084643_124707.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
今回はコンディションが変わる難しい状況でのレースだったね!
自分は最後のスティントを担当した、コンディションが安定しなければ、チームメイトの二人になるべく多く走ってもらう作戦だったので、その通りになった。実際Jordan の時は何回もピットインしなければならなかったし、Uwe もスリッピーな路面の中、スリックで頑張ってくれた。自分のスティントでピットアウトした時、脇阪選手と並ぶ形になった、彼は既に1 周走っているからコースコンディションを知っている。彼を先行させ、自分でコースの状況を確認した。終了10 分前に赤旗終了になってしまったけど強い雨の中、スリックでチェッカー迄我慢する車が増えてしまうと、その分アクシデントの確率も上がる、主催者側の判断は賢明でした。こういう状況だったから自分は今回少ない周回数しか走れていないが、レース運びとしては良かったかな。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
予選は、自分の時にはあまりプッシュ出来なかったコースには至る所でオイルが撒かれたまま!!車自体はいい感じに仕上がってきている。決勝は、あれだけ天気が変わればドライバーもピットも大変、落ち着いて対処出来ていた。自分のスティントの時はスリックで出られたから、その間に出来るだけペースアップ!運も味方してくれ燃料残量ギリギリ迄引っ張れて良かった。最後の数周は、次のKlaus の為に無線でコースの状況を教えていた。結局彼が出た時には天気が変わっていて、改めてニュルブルクリンクでのレースの難しさチームとしての動き方を勉強したよ。3 台とも完走出来たことは大きな成果です。
ゆっくり、着実に進化していきたいね。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
今回の自分のスティントは非常に難しかった。タイムはそんなに悪くなかった。1周毎にコンディションが変わっていたから、CCS-R のトラクションコントロールとABS には大分助けられたよ。いきなり雨が降ってきた時もあって、他のCCS-R と同時ピットインになってしまい、タイムはロスしてしまったけど、無理にスリックで我慢してタイムが出ない!危ない展開になっていたと思うから、仕方ない。ニュルブルクリンクでは,自分がラインを綺麗にトレースして走っていても、他車のアクシデントに巻き込まれる事も多いから、自分が冷静にドライビング出来る様心がけていました。

『脇阪薫一選手のコメント』
今回は、悪天候の中でのレースだったので、僕のノウハウを生かしタイヤが路面に追従するようにセッティングを変えたことで、前回よりグリップしていたし、スリックの時は、良い感じで乗れたね。ステアリングもシャープに切れるようになった。
自分の最初のスティントの時は天候が変わって大変だったけど、今回のピットインのタイミングの判断は良かったと思う。引っ張る所は引っ張れたし、天候の変わり目で早めに判断したのが良かったかな?
『密山祥吾選手のコメント』
前回乗った時とサスとセッティングが変わったので、ブレーキタイミングなど先に延ばせるので、攻められる車になりました。
レース中、自分のスティントはスリックで走れたので、ペースもつかめましたけど、雨が降り始めたら難しいレースになりましたね。前回よりもスムーズに先行車をパス出来る様になったり、良い経験も出来ました。ニュルブルクリンクでのレースは無傷で帰ってくる事が難しいですし、今回も予想外の所で後ろに当てられてしまいましたけど、完走出来て良かったです。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
前にもコメントしたかもしれないけど、まだ雨でのレース、ウェットタイヤに自分が上手く対応出来ないね。サスのセッティングを変え、少しずつ対処したスリックタイヤとのフィーリングが違いすぎて、戸惑っているというのが正直なところ。
操舵性が変わると、自分でレースをコントロールしていくのも厳しい、こういう事に対処していくのもレース、もっと練習するよ。
『Horst Baumann 選手のコメント』
今回のレースは、レースコンディションも雨での展開が多く、コース上にオイルが残っていた期間もあり全体的にスリッピーな路面で難しかった。自分のスティントは、タイヤのチョイス自体も中々判断が出来ずに厳しい時間が長かった。このコンディションで自分の走り方をすると、オーバーステアが強く出ていたから、姿勢を安定させて走らせるのが精一杯。Hatzenbach でグリップを失ってコースアウトして、外のウォールに衝突した時ダメージも深刻だと思い車から下りたけど、走れそうだったからスローダウンしながら帰ったよ。メカニックが車をチェックし修復後レース続行したが、モチベーションを上げきれなかったことが残念です。

『Klaus Völker』
This race under changing conditions resulted in a difficult race!
I was in charge of the last stint and planned for my teammates to drive as much as possible as long as conditions didn’t improve and that is what happened. Actually during Jordan’s turn, he had to enter the pit several times and Uwe fought on the slippery surface with slick tires. When I left the pit for my own stint, it just so happened that I was following Wakisaka. As he was out on track already for one lap, he already knew the conditions well. So I let him lead and followed to find out by myself. Although the race was ended with a red flag, the heavy rain and the many cars fighting through on slick tires to the checker flag increased the risk of accidents drastically. The decision of race control was correct. Due to all this our laps count was low, but for the execution of the race, this might have been the best.
『Uwe Kleen』
Reaching the point where I had trouble pushing during the qualifications, there was dried out oil on the track!! The car itself reached a good setup. Despite the weather giving the drivers and pit crew a difficult time, they calmly managed their duties. In my own stint, I went out on slicks and was going for a high pace during that period. With a little bit of good fortune and only little fuel left, I was able to push through. During the last few laps I radioed in the course conditions for Klaus, who was next up. However, once he emerged the weather changed. The Nürburgring once again taught us how difficult it can make a race for the team, forcing them to be on their feet at all times. It was a great result that all of our 3 vehicles made it to the end of the race.
Little by little, we shall improve!
『Jordan Tresson』
This time my stint was very difficult. The time wasn’t all bad however. As the conditions changed every lap, the CCS-R’s traction control and ABS were of great help. Once, suddenly rain started and I needed to get into the pit at the same time as the other CCS-R’s, I lost some time but I thought its better than forcing myself to stay on slicks and not getting good lap times. As it was getting dangerous, there was no other choice than to go in. Even if you drive your line perfectly at the Nürburgring, you might still get involved in accidents due to other cars. So I challenged myself to keep a cool head and be ready to react if necessary.

『Shigekazu Wakisaka』
As we were racing in bad weather conditions, I applied my know-how and went for tire settings that would gel with the surface more closely. This time I had a better grip than last time. While on slicks I was able to drive well and steer sharply.
With weather changing during my first stint it was quite challenging but the decision for a pit-in was done at the right time I think. I was able to extend, where possible and I think we did a quick and early decision as the weather was turning.
『Syogo Mitsuyama』
With the settings and suspension changed compared to last race, I could delay the break timing etc., resulting in a more aggressive car!
During the race I was on slicks in my stint. Although I was able to get a good pace, the race got very difficult once the rain started. I was able to pass slower cars more smoothly than before and felt it was a good experience. It is difficult to come out of a race at the Nürburgring unharmed and I was hit from the back at an unimaginable location on the course, so I am glad we were able to drive through to the end.

『Helmut Baumann』
I might have mentioned this before but I still haven found my way with wet tires and rainy races. Changing the suspension and the totally different feeling from the finely adjusted slick tires, I have to say I am a bit at a loss if I’m honest.
When the steering characteristics change the control over your own race gets more difficult. To improve on those kinds of things is also part of racing. I will practice more!
『Horst Baumann』
During this race, the race condition changes and rain were frequent and for a while with oil on the track the whole surface turned into a slippery and difficult one. For my stint it was difficult to decide for the right tires and it turned out to be a long and difficult time. Driving my style under these conditions led to a strong oversteer, so I was using all my force to race stably. At Hatzenbach I lost grip and got off course. Upon hitting the outer wall, I thought the damage was severe and got out to check, but the car seemed fine to drive on in a slow pace. After the mechanics checked and fixed the car, we got on with the race. It was a pity I could not keep up the motivation.
c0084643_12474622.jpg
c0084643_12475848.jpg

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2013-10-03 12:48 | Tras Racing

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。