TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
VLN2013 Rd,6
Opel 6 Stunden ADAC Ruhr-Pokal-Rennen
c0084643_19453737.jpg

参戦クラス SP8
開催日 2013/8/24
天候 曇り後雨
エントリー 総数:214 台 SP8 クラス:15 台
出走 総数:198 台 SP8 クラス:15 台
完走 総数:135 台 SP8 クラス:14 台
#135
・ Uwe Kleen 選手
・ Klaus Völker 選手
・ Jordan Tresson 選手
#136
・ 脇阪 薫一選手
・ 密山 祥吾選手
#137
・ Helmut Baumann 選手
・ Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 24/8/2013
Weather: Clouds followed by rain
Total entries: 214 cars
Cars started: 198 cars
Cars completing race: 135 cars
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #136: Shigekazu Wakisaka, Syogo Mitsuyama
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_19455758.jpg

年間10 戦のシリーズで行われるVLN もいよいよ6 戦目、夏の終わり6時間の耐久レースは人気のようで214 台ものエントリーを集めることに。

バーチャルとリアルを繋ぐ!なんと #135 Jordan Tresson 選手はGT Academy 2010 チャンピオン!!
ゲームの世界からレーシングドライバーに!新しいスタイルのドライバーは、CCS-Rと共に果敢にノルドシュライフェに挑んでいます!

Already the sixth of the annual ten races in the VLN race series. Clearly the series is as popular as ever, as 214 cars entered this 6-hour challenge!

Connecting the virtual space with reality, #135 was piloted by driver Jordan Tresson, the champion of the 2010 GT Academy!!
c0084643_1946232.jpg

土曜日の朝8 時30 分~10 時00分迄行われた予選。
#135  9 分12 秒154  総合70 位/クラス11 位
#136  9 分11 秒321  総合68 位/クラス10 位
#137  9 分06 秒773  総合59 位/クラス8 位

LEXUS IS F CCS-R 3台が揃う記念すべき今大会はニュルブルクリンク正午12:00にスタート。 3 周目あたりからコース上でアクシデントが目立ち始め、それからはレース終了迄ほぼ毎周、コースの何処かでイエロー、ダブルイエローが振られているという、ニュルブルクリンクの難易度を象徴するようなレースとなっていく。

Qualifying results (Saturday 8:30 – 10:00)
#135  9” 12’ 154  overall rank 70 / class rank 11
#136  9” 11’ 321  overall rank 68 / class rank 10
#137  9” 06’ 773  overall rank 59 / class rank 8

Before the race started at 12:00 noon at the Nürburgring, of course a souvenir photo of the three Lexus IS F CCS-R vehicles gathered together! It started with yellow/double yellow flag-incurring crashes around the third lap that went to symbolize the difficulty of this Nürburgring race.
c0084643_19465115.jpg

第1 スティント終盤、コーナーで先行車をパスしようとした#136が、その先行車にインを絞られ接触。その様子がモニターに映され、ピットは一瞬騒然としたが、幸い大事には至らなかった。136 号車、137 号車、135 号車の順で1 周ずつずらしてピットイン。
1ピット1つの給油機を6台~7台の参加車が使用するニュルブルクリンクでは、ピット作業のタイミングで順位を大きく落とすことになるので、3台のピットインの調整は監督の采配が要となります。

During an overtaking attempt in a curve, #136 got touched by another car in the first stint's end phase. This scene was transmitted live on the pit monitors, creating a stir in the pit, however luckily no big trouble emerged. #136, #137, #135 came in orderly one lap after the other in this order.

The timing of the pit in at the Nürburgring can crucially affect a team’s position in the race. As each gasoline outlet is shared by 6 to 7 cars, it is most important to plan the order of entry according to the team directors input.
c0084643_194712.jpg

第2 スティント #135 Kleen 選手 #136 号車密山選手 #137 Helmut 選手。
数周後、小雨が降りだし雨脚は徐々に強まり、タイムも徐々に落ちてくる我慢の展開となる。監督は、CCS-R の電子制御システム、特にABS とトラクションコントロール性能を信頼し、無線で各車に「第2 スティント終了までスリックタイヤで引っ張り、第3 スティントに各車ウェットタイヤに交換する。」と指示を出す。

For the second stint the drivers were Kleen in #135, Mitsuyama in #136 and Helmut Baumann in #137. After several laps a light rain turned into a stronger and stronger shower causing slower times and testing the drivers’ patience. Trusting in the CCS-R's electrical control system - especially the ABS and traction control - the team director gave out the following order to each car over the radio: “We will fight through the second stint in slick tires, then for the third stint we will change to wet tires.”
c0084643_1947156.jpg

第3 スティント #135 Völker 選手 #136 脇阪選手 #137 Horst 選手。
雨を物ともせずペースアップしていく脇阪選手Horst 選手と対照的に、慎重派のVölker 選手はなかなかペースを上げられない。スティント終盤で、脇阪選手はスリックタイヤへの変更を希望、Völker 選手とHorst 選手はウェットタイヤで走行を続ける。

For the third stint it was Völker on the wheel of #135, Wakisaka for #136 and Horst Baumann for #137. Ignoring the rain Wakisaka and Horst Baumann increased their pace contrasting the conditions. A careful Völker however had difficulties to increase his pace. By the end of the stint, Wakisaka requested to change to slick tires, while Völker and Horst continued on wet tires.
c0084643_19472580.jpg

第4 スティント #136 密山選手から「ダメだ、また雨が降ってきた!!」素早くウェットタイヤにチェンジ。レースは終盤を迎える、#135 Kleen 選手 #136密山選手 #137Helmut 選手は、この後も安定した走りを見せた。

In the fourth stint Mitsuyama in #136 radioed in “Oh no! It started raining again!”, so a quick tire change was performed. As the race entered its final phase, Kleen in #135, Mitsuyama in #136 and Helmut Baumann in #137 showed a controlled performance.
c0084643_19473511.jpg

3 台のCCS-R は、過酷な6 時間耐久レースのチェッカーフラッグを受けた。
#136  総合35 位/クラス6 位入賞
#135  総合42位/クラス9 位
#137  総合41 位/クラス8 位
VLN6は、63台もの車がリタイアする状況の中、SP8クラスのアストン・マーティンやコルベット、フェラーリ等よりも上位で3台のCCS-Rがフィニッシュ!
LEXUS IS F CCS-Rの、安定感と速さを含めた全体的なバランスが良さを改めて証明することが出来ました。

皆様、応援ありがとうございました。

After a relentless six-hour race the three CCS-Rs passed the checker flag on the following positions:
#136 overall rank 35 / class rank 6 (prize)
#135 overall rank 42 / class rank 9
#137 overall rank 41 / class rank 8
In an unmerciful VLN6 63 cars retired and all three CCS-Rs outperformed the rankings of Aston Martin, Corvette and Ferrari amongst others in the SP8 class!
We were able to show the Lexus IS F CCS-R’s stable, fast and overall balance!

Thank you to everyone supporting us!
c0084643_1947527.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
今回から投入された新しい横浜タイヤは素晴らしい!
このタイヤのおかげで、新たに車のセッティングを変えポテンシャルを引き出せると感じています。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
新しい横浜タイヤは,自分達の今迄使っていたタイヤと別世界のものだ!
曲がりたいと思った方向にかなり正確に曲がってくれるしライフも長いので期待できる。
SP8 クラスは、タイムも上位のSP9 クラス位に近づいている、残りの4戦も面白くなると思うよ。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
新しいタイヤに合わせて、足周りもいい方向に向かっています。縁石やジャンピングスポットの後もスムーズにショックを吸収するので乗りやすくなっています。上位クラスの車をコーナーで追い詰められるCCS-Rのドライビングは、非常に楽しかったです。

『脇阪薫一選手のコメント』
タイヤが新しくなって、車にかなりフィットしている感じだが、足回りはもっと詰めていく必要がある。足回りの変更でCCS-Rはもっと良くなっていくはず?
レースは、雨で厳しいコンディションとなり難しい展開になりましたが、自分にとって有意義なレースでした。有難うございます。
『密山祥吾選手のコメント』
過去に、ニュルブルクリンクで乗った車の中でもCCS-Rは安定感と速さを含めた全体的なバランスが良いので、非常に乗りやすいと感じました。
レースはクラッシュが多く、イエローフラッグも沢山出ていて、危ないシーンもある中で何とか無事にチェッカーを受ける事が出来ました。次にCCS-Rをドライブする機会が早く訪れることを願っています。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
CCS-R オーナーとして2 戦目。
新しいタイヤで、よりクイックな操作が出来る様になって満足しています。
予選で、弟が9 分6 秒を出した時は「トランスポンダーが壊れたか?」と疑うほどでした。公式タイムとして認定され、自分達の走っている感覚とタイムがシンクロしていることが実感できとても嬉しかった。CCS-R初のウェット走行でトラクションコントロールが優れていると体感できましたよ!今回も非常にエンジョイしたレースでした♪
『Horst Baumann 選手のコメント』
新しいタイヤのパフォーマンスの高さもあって、自分でも未だに信じられないタイムが出せてびっくりしている。決勝のスタートは少しのミスで順位を落としましたが、その後はリカバリー出来たので良かった。2 回目のスティントの時は雨だったけど安心して走れたね。とても楽しいレースが出来たよ。

『Klaus Völker』
"The new Yokohama tires we are using are great! Thanks to these tires, I felt we were able to extract new potential from the car with our new settings."
『Uwe Kleen』
"Compared to what we used so far, the new Yokohama tires were from a different planet! The tires turn exactly the direction you want them to and have a long life, so you can rely on them. The SP8 class results are getting closer to those of the higher ranked SP9 class. The next four races are going to get interesting. "
『Jordan Tresson』
"Including the new tires the setup is great and we are heading in a good direction. Edge stones and after jumping spots the shock is absorbed smoothly. Driving the CCS-R through the corners was great fun!"

『Shigekazu Wakisaka』
"While I thought the tires were a great fit for the car, we need to continue to work on the settings. I think we can improve with some adjustments around the wheels.
Due to the heavy rain we faced difficult conditions in the race. I was an impressive race to me. Thank you very much."
『Syogo Mitsuyama』
"In all the cars I have driven on the Nürburgring in the past, the CCS-R was one that felt very easy to drive with its high level of stability and speed that is brought together in a balanced way."

『Helmut Baumann』
"Our second race as CCS-R owners!
With the new tires, I am very happy with the even quicker handling feeling I got. In the qualifying, when my brother achieved 9”6’, we questioned whether the transponder was broken! We were happy to know that the speed we felt we were achieving and the speed that was recorded. As it was my first experience on wet tires in the CCS-R, I was able to experience how excellent the traction control functions. This race was a great enjoyment."
『Horst Baumann』
"I was very surprised at my personal best time, which was of course largely due to the new tires. Despite losing some positions due to my mistake at the start of the race, I was able to recover later. Also I could calmly race despite the rain. I was a very fun race."
c0084643_1948356.jpg
c0084643_19481086.jpg
c0084643_19481622.jpg

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2013-09-06 19:48 | Tras Racing

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。