TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
RECRUIT
Trasでは、業務拡張に伴いスタッフの募集をしております。

条件は、Carbon Compositeに興味があり次世代に向けた“もの創り”を率先(基本に忠実に)して行えることです。
      やる気が重要 やる気のない人は応募しないでください。
c0084643_116842.jpg
  

スタッフ募集の詳細はこちら
Tras is looking for new staff.
by carbon_tras | 2011-04-19 11:05 | Trasからのお知らせ
Super HYBRID Class Winner
ECO CAR CUP初参戦“スーパーハイブリッドクラス優勝”
First Eco Car Cup Participation led to a "Super Hybrid Class" Win!
c0084643_13194393.jpg

車の“①剛性感②快適性をアップ③運動性能を向上”。
さらに、車にやさしいドライビングテクニックを持ったスキルの高いドライバーがドライビングすることで燃費は向上していくはず?
Trasでは、過去の開発事例をもとにSilky PRIUS 010 プロジェクトをスタートさせました。
第一弾は、ルーフの軽量化により①②③を確認することに重点を置きました。
The car has improved ① rigidity, ② driving comfort and ③ kinematic performance.
A key point in succeeding in this race was to have a driver with a high driving skill, in order to keep fuel consumption at a minimum.
Based on past experiences, Tras has developed the Silky Prius 010. The main focus in this project was to reduce roof weight, in order to improve points ① through ③.
c0084643_13255739.jpg
c0084643_1326625.jpg

 一般道での通常走行テストを、黒澤琢弥さんに依頼。「明らかに車の上質感を感じる。①②は狙い通り!③はホイールとタイヤを変えることで今以上に向上する。ブランド・デザイン・クオリティー・軽さ・剛性・BBS RFが良いんじゃない?」BBS はメッシュイメージが強かったのですが、RFはスタイリッシュに生まれ変わった感じも見受けられるデザインで、美しい気品も感じる。
そんなRFは、トラスのプロジェクトにピッタリ!

燃費を稼ぐなら、細いエコタイヤに細めのホイールで抵抗をいかに少なくするかが大きな戦略となります。
車は見た目のカッコよさも重要です、ホイールとタイヤは、車からはみ出さないギリギリな感じがバランスよく写ります。
ノーマルの10.67kgに対しRFは6.58kg なんとホイール一本で4.09kgの軽量化に成功!

The tests on normal roads were conducted by Takuya Kurosawa. His conclusion was that the car was handling very well and an improvement in points ① and ② were there. Only point ③ needed to be addressed with better wheels and tires. From the perspective of brand, design, quality, weight and stiffness the BBS RF seemed to be the best choice. The choice of these wheels was a perfect fit for our project.

Of course the looks of a racing car is important! The cool looks of the chosen tires and wheels gave the car a nice balance and reduced the weight too. The normal tires are 10.67kg. The used RF are at 6.58kg. This excercise saved us 4.09kg per wheel!
c0084643_13264054.jpg

c0084643_14394462.jpg

タイヤも、ノーマルより太目に変更!でも重量は同じ・静かで・ECOなYOKOHAMA dBを選択。
The tires we used were wider than the normal ones, but kept the same weight. We used the silent and ecological Yokohama dB.
c0084643_14382518.jpg

当日の富士スピードウエイ(FSW)は雨!温度も低く寒い朝となってしまいました。
ステージ1は、くじ引きです。
レースには運も重要です。順位は5位?まずまずのスタートです。

我がチームには、富士スピードウエイ加藤裕明社長も応援に駆け付けてくれました!
左から黒澤琢弥さん FSW加藤裕明社長 Tras新田 大嶋和也さん
On the day of the race: Rain! First task on this cold day is the lottery. Luck is an important part of a race. We got assigned starting position 5... Well, off to the start.
Our team was cheered to by Hiroaki Kato, the president of the Fuji Speed Way. Thank you! From left to right Takuya Kurosawa, Hiroaki Katoh, Masanao Nitta (Tras) and Oshima Kazuya.
c0084643_13275024.jpg

練習走行スタート。大嶋和也さんがトップタイム。さすがプロ!
In practice Oshima got the top time. Leave it to the professionals!
c0084643_13304951.jpg

ステージ2は、3組に分かれてスタート。われわれ1組目は、完全ウエット路面。2組目以降に雨がやみ3組目はドライに!ウエットでは断トツの順位でしたがドライチームには及ばず4位!
Stage 2: Start in groups of three. We were part of the first group on a totally wet track. For groups 2 and three the rain stopped and the track dried up. Now we were at 4th place.
c0084643_13311132.jpg

ステージ3は給油となります。ここから燃費と緻密な計算が必要なステージに突入。
Stage 3: Fuel stage. Now the consumption will be measured.
c0084643_13313150.jpg

ステージ4は、15周のレース。優勝候補チームのneoと童夢を、低燃費走行と巧みなドライビングテクニックで抑えた黒澤さんの走りで5位。
Stage 4: 15 lap race putting us on 5th rank.
c0084643_1335053.jpg

c0084643_13363362.jpg

ステージ5は、2回のPITストップが義務付けられている35周のレース。スタートドライバーは黒澤さん、大嶋さんに変わり2回目のPITストップで黒澤さんに代わる予定でしたが、名監督黒澤の的確な判断でそのまま大嶋さんが乗ることに。ここで“私の勘違いミス”により、残り5分を前にしてペースダウンを指示してしまい14位に・・・皆さんゴメンナサイ。
レクサスLFAでニュルブルクリンク24hレースに参戦する木下隆之さんと大嶋和也さんはニュルの戦略会議中?
Stage 5: 2 Pit stops, 35 lap race. First Kurosawa rode. Then Oshima took over for the rest of the race.
c0084643_13455779.jpg

ステージ6 最後の給油は、4位プリウス勢の中では一番です。
プリウス低燃費走行に定評のある neo よりも低燃費だったのですが?総合では2位に。
Stage 6: The last challenge brought us to rank 4, being the best Prius. Overall Second Place!
c0084643_13462389.jpg
c0084643_13465294.jpg
c0084643_13465926.jpg

黒澤琢弥さんと大嶋和也さんの普段の移動は30プリウスです!
一流ドライバーも、ハイブリッド車の時代なんですね。
Takuya Kurosawa and Kazuya Oshima also use a Prius as their private car! So also Pro-Racers are using hybrid cars nowadays.
c0084643_13472861.jpg
c0084643_13473752.jpg

Silky PRIUS 010
c0084643_13511259.jpg

カーボン    Tras
ホイール    BBS RF
タイヤ     YOKOHAMA dB
オイル     elf
ステアリング  イズ・ミー

Carbon    Tras
Wheels    BBS RF
Tires     YOKOHAMA dB
Oil       elf
Steering    イズ・ミー
by carbon_tras | 2011-04-13 13:19 | Tras Racing
Eco Car Cup 2011 Spring at FSW
このたびの東日本大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申しあげますとともに、被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。
Tras would like to express their heartfelt sympathy with the victims of the recent catastrophy and their families. Our prayers are with them.
c0084643_15344493.jpg

中止か延期かを余儀なくされていた"エコカーカップ"今週末4月10日に、富士スピードウエイ・ショートサーキットにて開催されます。
Without delay or cancellation the 'Eco Car Cup' will be held on April 10 at the Fuji Speedway Short Circuit.

Trasは、ゼッケン135 チーム名Carbon Tras  車両名シルキープリウス010で参戦することになりました。
ここまでは、へ~~良かったじゃん頑張ってね!って感じたと思うのですが、ドライバーさんが凄いんです!!!

2011GT500有力トップチームの監督さんとドライバーがタッグを組んでシルキープリウス010に乗ることになりました。

Tras will compete with the number #135 and the Team Name Carbon Tras. The car name will be 'Silky Prius 010'.
While this by itself is very exciting, wait until you hear who will drive the car!
The director and driver of a powerful 2011 GT500 team will be driving the 'Silky Prius 010'.

c0084643_1535942.jpg


シルキープリウス010のどこが凄いの?
ボンネット・ルーフ・リアスポイラーをカーボンにしました。実は、以前からお世話になっている黒澤琢弥さんとランチしたついでにシルキープリウス010に乗ってもらったんです。『すごいぞ~この車・・・』ってことでスケジュール確認してもらったら、たまたまオフ。プライベートで乗ってあげるよってことになり。どうせなら大嶋和也も乗せちゃおう!と監督である黒澤さんのお誘いをドライバーが断るはずもなく決定!!!

What is so amazing about the 'Silky Prius 010'?
The bonnet, roof and rear spoiler are made of carbon. After a recent lunch with famous driver Takuya Kurosawa, I let him have a ride in the car. "Wow! What a great car...", he exclaimed. I made him check his schedule then and there and as he and director Kazuya Oshima were free, the two of them agreed to drive it for the Carbon Tras team!!

c0084643_15352092.jpg

車の詳細
ボンネット・ルーフ・リアスポをTrasカーボンに改装(今後カーボン化は進化していく予定です。)

軽量化をデザインに盛り込んだ BBS さんの新商品である RF アルミ鍛造1ピース

ADVAN dB 225/50R17 同一サイズでは軽く・静かで・グリップも良い・ECO対応タイヤ

当日は、中学生以上は入場料¥1000 FSWライセンスをお持ちの方は無料で入場ができます。
ピットは6です。黒澤琢弥さん大嶋和也さんに近づけますよ~~。
みなさんFSWショットサーキットに応援に来てくださ~~い。
当日私は、現地で暇してますので、お声掛けお待ちしています。

Car Details
Bonnet, Roof, Rear spoiler are produced in Carbon by Tras.
BBS provides us as sponsor with their new product with reduced weight: RF Aluminium wheels.
YOKOHAMA provides us a sponsor with ADVAN dB 225/50R17 tires. These are their eco tires, which excel through lightness, quietness and a good gripp.

On race day guest can enter for 1000¥. With an FSW License entry is free.
Our pit is #6. Come by an catch a glance of Takuya Kurosawa and Kazuya Oshima!
Looking forward to see you there cheering!
by carbon_tras | 2011-04-06 15:35 | Tras Racing
Rd.02 Spanish GP 03April
Photo: RIZLA+.SUZUKI MotoGP
c0084643_1203148.jpg
c0084643_1212469.jpg



4月3日、スペイン ヘレスサーキットで開催されたMotoGP世界選手権第2戦で、リズラスズキのジョン・ホプキンスが10位に入る健闘を見せた。2008年以来3年ぶりとなるリズラスズキでの復帰レースとなった。
 14番グリッドからスタートしたホプキンスは、オープニングラップから好調な走りを見せ、ほどなく8番手争いを展開する6台のグループの中へと入ると、その後は着実に周回を重ねた。レース終盤はタイヤのグリップに悩まされながらも粘り強い走りで他のライダーの追随を許すことなく10位でフィニッシュ。そのライディングは終始スムーズで、マシンコントロールも最後まで確実におこなった。
 この日は早朝から雨の降るあいにくの天気にもかかわらず、ヘレスサーキットには12万3750人の観衆が詰めかけた。ウェットになった路面コンディションに苦戦するライダーも多く、ポイントリーダーのC・ストーナー(ホンダ)やM・シモンチェリ(ホンダ)など計5名のライダーが転倒リタイヤする波乱もあった。地元スペインのJ・ロレンソ(ヤマハ)が2位のD・ペドロサに19秒以上の差をつけ優勝したことで、ランキングトップが入れ代わった。
 負傷中のバウティスタの次戦復帰が難しい場合についての代理ライダーは現在まだ決定していないが、リズラスズキは、5月1日エストリルで開催されるポルトガルGPに向けた準備を進めており、チーム体制の発表が待たれる。
Hopkins started from 14th on the grid and got a good start that promoted him up the field on the first lap. As the riders settled down he became part of a six-rider battle for eighth place and was regularly trading positions as the race developed. With the final few laps looming Hopkins had extreme grip issues, causing him to lose some hard earned positions, but he still managed to keep a steady momentum and, as other riders were struggling to stay upright, Hopkins rode a smooth and controlled last part of the race to secure a well deserved 10th position for the Rizla Suzuki team.
A crowd of 123,750 fans braved the rain that started to fall on the Jerez circuit from early in the morning. An eventful race saw many riders crash and re-mount in the difficult conditions and early leaders Casey Stoner and Marco Simoncelli crash out of the race completely – along with three other riders who were unable to continue after crashing. Local hero and current World Champion Jorge Lorenzo rode to a convincing victory of over 19 seconds from compatriot Dani Pedrosa.
Rizla Suzuki will next be in action at the Portuguese Grand Prix at Estoril on Sunday 1st May, although nothing has yet been confirmed as to who will replace regular rider Álvaro Bautista if he is unable to compete due to the injury he sustained at Qatar.
c0084643_1244851.jpg
c0084643_1245749.jpg


c0084643_1261116.jpg
…RACE DATA
■2011MotoGP第2戦スペインGP
■開催日:2011年4月3日(日)決勝
■開催地:スペイン/ヘレスサーキット(4.423km)
■周回数27周(119.421km)
■観客数: 123,750 人
■コースコンディション:ウエット
■気温:17度 ■路面温度:15度
■PP:C・ストーナー(1分38秒757/ホンダ)
■FL:V・ロッシ(1分48秒753/ドゥカティ)
Round: 2- Spain GP(Classification after 27 laps = 119.421 km)
Circuit: Jerez, Spain
Date: 3 Apr. 2010
Circuit Length:4.423 km
Practice condition: Wet
Air: 17 C
Ground: 15 C
PP: C. Stoner(1'38.757/Honda)
FL: V. Rossi(1'48.753/Ducati)
c0084643_1261749.jpg
c0084643_1262254.jpg
c0084643_1262810.jpg
c0084643_1263544.jpg
c0084643_1264365.jpg


c0084643_1272629.jpg
…RESULT
順 位ライダーチームマシンタイム
1J・ロレンソYamaha Factory RacingYamaha50'49.046
2D・ペドロサRepsol Honda TeamHonda19.339
3N・ヘイデンDucati TeamDucati29.085
4青山博一San Carlo Honda GresiniHonda29.551
5V・ロッシDucati TeamDucati1'02.227
6H・バルベラMapfre Aspar Team MotoGPDucati1'08.440
7K・アブラハムCardion AB MotoracingDucati1'14.120
8C・クラッチローMonster Yamaha Tech 3Yamaha1'19.110
9T・エリアスLCR Honda MotoGPHonda1'42.906
10J・ホプキンスRizla Suzuki MotoGPSuzuki1'48.395
11L・カピロッシPramac Racing TeamDucati1'51.876
12A・ドビツィオーゾRepsol Honda TeamHonda1L

Pos.RiderTeamMachineLap
1J. LorenzoYamaha Factory RacingYamaha50'49.046
2D. PedrosaRepsol Honda TeamHonda19.339
3N. HaydenDucati TeamDucati29.085
4H. AoyamaSan Carlo Honda GresiniHonda29.551
5V. RossiDucati TeamDucati1'02.227
6H. BarberaMapfre Aspar Team MotoGPDucati1'08.440
7K. AbrahamCardion AB MotoracingDucati1'14.120
8C. CrutchlowMonster Yamaha Tech 3Yamaha1'19.110
9T. EliasLCR Honda MotoGPHonda1'42.906
10J. HopkinsRizla Suzuki MotoGPSuzuki1'48.395
11L. CapirossiPramac Racing TeamDucati1'51.876
12A. DoviziosoRepsol Honda TeamHonda1L
c0084643_1273438.jpg
c0084643_1273918.jpg
c0084643_1274576.jpg


c0084643_1211169.jpg

ジョン・ホプキンス 
「トップ10でフィニッシュできたことは、まず悪くない結果だ。今回のレースをレースウィークの金曜日に取りかかった時はさすがに不安もあったが、とにかくきちんと結果を出すことがこの週末の最大の目標だった。プラクティスから少しずつタイムを詰めていき、プロとして出来る限り良いレースをしようと取り組んだ。スタートである程度前に出ることができれば、あとはペースを保って行けるのではという作戦だった。それでスタートから積極的に出て行った。第3コーナーでリアが流れ、マシンが横向きになってしまうといったミスもあり、なかなか思うように追い上げられなかったが、それでもドゥカティ2、3台とその他を含む8番手争いのグループに加わることができた。しかし、その後、タイヤグリップに違和感が出てきてしまった。自分にとってはモトGPマシンをウェットコンディションで走らせるのも、ブリヂストンのウェット用タイヤを使うのも本当に久しぶりのことだったので、マシンセッティングが完全に出ておらず、レース前半の走りでタイヤを消耗し過ぎた。そのようなわけでレース終盤はペースも上がらなかったが、他のライダーが次々と転倒して、自分はトップ10圏内にいるとわかっていたので、ここは無理せず着実にフィニッシュすることを考えた。
今回、モトGP出場の機会を与えてくれたリズラスズキに心から感謝すると共に、パドックでのチームの仕事ぶりはすべてが素晴らしく、自分も非常に楽しんで、充実のレースウィークだった。今後もぜひまたモトGPを走りたいのはもちろんだが、今シーズンの本来の仕事であるイギリス選手権に集中しなくてはならない。改めて、今回のレースについては、アウェイで走る素晴らしい機会を再び与えてくれたリズラスズキに、本当に感謝している。」

John Hopkins:
“Well, I finished where I wanted to – I certainly wanted to get into the top-10! That was the goal for the whole weekend, but I did wonder if it was going to be a reality when I started on Friday. We pushed right from the start of practice and chipped away little-by-little to bring the lap-time down and just went about the job as professionally as possible. My main target at the start of the race was to try and jump up as many places as possible and get up into the group, because I knew that if I was in there I would be able to follow some guys and do the lap-times. We made up some positions early on, although I dropped back a few places and made a few mistakes - including a huge moment in turn three when I lost the rear and hit the paint - the bike was 90º sideways underneath me, when I should have been going forward! I was able to keep it upright and hang on to a group that included a couple of Ducati’s and some other guys in a battle for eighth. Then suddenly the tyres dropped off a lot, but this was my first time in the wet for a while on a MotoGP bike and I’d never used the Bridgestone wets, so we didn’t have the electronics set completely in the right way and I chewed up the tyre way too much at the beginning of the race. I dropped off the pace quite dramatically for the last part of the race and I saw many riders crashing, so I knew I was close to the top-10, but my main aim was to finish and bring the bike home.
“It has been an amazing weekend and I’m so grateful – again – to Rizla Suzuki for giving me this great opportunity, it’s been great and I’ve really enjoyed it, just to see everybody in the GP paddock has been awesome! Hopefully in the future you’ll see more of me here, but for now I need to concentrate on the BSB championship and we’ll see what happens. I once again want to say how thankful I am for this chance and it was great to see my ‘away-from-home family’ in the Suzuki garage again!”

c0084643_12114711.jpg

ポール・デニング 監督
「ジョンは昨日、久しぶりのモトGP復活でトップ10に入ることが出来れば最高だと私に言って、本当にその通りの結果を出した。タイヤに悩まされながらも彼自身とGSV-Rの両方をじつに上手くコントロールし、大きなミスもなく頑張ってくれた。実際に決勝レースはかなり厳しい状況になり、ラスト3周回はとにかく転倒を避けて走ることに専念することでフィニッシュできた。最初の10周回ではジョンは周りの6台にまったく引けを取らず確実に8位争いをしていたので、他チームよりも早いタイミングでタイヤを消耗したことは確かに失敗だったが、今季ウェットコンディションでの走行は初めてだったということもあり、スズキもリズラスズキも、今日のタイヤについてのデータを今後に役立てたい。突然の起用にもかかわらず、快く久しぶりに古巣に戻り、プロフェッショナルな走りで素晴らしい活躍を見せてくれたジョンに、私個人としても感謝している。また、アルバロがマドリッドからクルマを運転して応援に駆けつけてくれたことも大変嬉しかった。アルバロはとても元気そうで、治療経過も順調とのことだ。次のレースをどのようにおこなうかについて、できるだけ早くアナウンスしたいと思う。」

Paul Denning – Team Manager:
“John said to me yesterday that a top-10 would be a dream result in his comeback ride and to achieve it was richly deserved. He’s not put a wheel wrong all weekend, made no mistakes and shown clearly both his potential and that of the GSV-R. The race itself was crazy and just to keep the bike on two wheels for the last third of the race was an achievement in itself. It’s actually a shame that we used up the tyres more quickly than some of our competitors, because for the first 10-laps John was in a six-way battle for eighth place and quite comfortably matching the lap-times and manoeuvres of those around him. It’s the first time the 2011 bike has been used in the wet so the data from today should allow Suzuki and the team to make the bike a little more user friendly on the tyres. I would like to pass on my personal thanks to John for the fantastic job he did here in Jerez, he showed true professionalism and it was a pleasure to have him back in the team.
“It was also great to have Álvaro here this weekend to support the team; we really appreciate his efforts to drive down from Madrid. He’s looking well and the recovery is going in the right direction. We hope to make an announcement regarding our plans at the next two races as soon as possible.”
by carbon_tras | 2011-04-04 12:11 | Trasからのお知らせ

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。