TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
“限界への挑戦”
 2002年よりBMWチームと共に参戦している鈴鹿8時間耐久ロード-レースですが、今年はレギュレーションの関係上BMWでの参戦ができませんでした。そこで8月19日に開催された、もてぎ7耐にR1100S・K1200R2台の8耐マシンを持ち込みました。
R1100Sは、4年間も過酷な鈴鹿8耐に挑戦し続け、酷使に耐え抜き、なんと今回のカウルは、2003年に制作した1号機で度重なる転倒後修理(新しいカウルを作成するのではなく、コンポジット製品の耐久性を確認するために)をし続け、息の根を止めることなく走り続けている戦闘機の様な耐久マシンです。
c0084643_19174163.jpg

私は、デザイン~制作~組み付け、だけでなく、耐久レーススタッフとして様々なポジションで協働し続けています。(今回はガソリン給油担当)なぜ、現場にまで行き率先し協働するのか?  一般的な業務では、製品を納入させて頂く。ほとんどはこの段階で業務として成立します。製品単体だけで納入し業務の終了?このような気持ちでは本当の、ものづくりのプロフェッショナルと言えるのでしょうか。実際に現場でどの様にTras製品が使用されているか。耐久性や限界を見極めるために、チームスタッフとしてマシンに近い位置で協働することによりコンポジット製品の利点、さらなる軽量化、各パーツの接合部の状況や、補強すべきところを見出し、次の主業務製品の制作にフィードバックしています。自ら、デザイン~設計~製品作製~組み付け後、レース中も常に製品の耐久性を実戦で協働しながら確認し続けているプリプレグ成形メーカは、Trasだけでしょう。

製品を受け取る側の気持ちで制作する。Trasの姿勢は、現場で”限界へ挑戦”し続けることにより生まれてきた本心なのです。

Trasは今後も、より良いものづくりの為にBMWチームと共に新たな目標に向け“限界へ挑戦“し続けます。

挑戦を続けることにより、イノベーションが生まれるのではないでしょうか。
c0084643_19171981.jpg

K1200Rは、最初の1時間2時間トップを走っていましたが予期せぬアクシデントにより優勝争いからは、離脱してしまいました。 
by carbon_tras | 2007-08-21 19:29 | Trasからのお知らせ
“”BMW AG本社デザイン部最高責任者“”
 8月4日5日の両日、BMW Motorrad Bikermeeting2007inHAKUBA
が開催されました。詳しい内容は、こちらこちらよりご確認願います。
 Trasにてデザイン~製作しているパーツを装着し、出店展示していただいているディラー様が何社もあり、各ディラー様独自の出店方法で弊社製品のアピールもして頂き、さらにメインブースBMW2007年モデルラインナップ車の中にTras&PIAA号がBMW New HP2 Megamotoと共に、テーピングされた状態での展示をして頂きました。
c0084643_2251686.jpg
c0084643_2253132.jpg


BMW Motorradデザイン部最高責任者David Robbさんに通訳様を通じ、失礼を承知で私の持参した資料をもとにTrasのアピールをさせていただきました。
c0084643_21452066.jpg

今まで制作してきた製品はベースモデルのデザインを崩さないようにレース用に仕立て直しいます。と説明しながら資料をめくっているとロブさんの表情が軟らかくなり、私のような者にデザインに関するもの造りの情報を30分近くもお教えいただきました。
とても口外したり文書にて報告できる簡単な内容ではなく、“もの創り“に大変重要な要素を、数タイプのBIKEを実際に見て触れて教えてくださいました。
     BMWは、他のメーカにないアグレッシブなデザイン構成でNewモデルをラインナップしていくようで、プロダクトモデルに一番重要なのは、乗る人の意見を最重要視しすることだ。  “もの創り“の本質を改めて教えていただきました。
最後に、「Tras&PIAA号のデザインで悪いところはありませんか?」とお伺いさせて頂くと、                               『ベースモデルを崩さずに作成してくれてアリガトウ。』本当にうれしいお言葉を頂戴いたしました。
c0084643_213938100.jpg

ロブさんにご教授いただいた内容は、私の頭の中にインプットし今後のTras“もの創り”に反映していきます。BMW関係者の皆様本当にありがとうございました。
by carbon_tras | 2007-08-05 21:48 | Trasからのお知らせ
広報沼津 8月1日号

 広報沼津8月1日号 “特集 世界に羽ばたく沼津の技術3“Trasが掲載されました。
2002年より鈴鹿8時間耐久ロードレース『鈴鹿8耐』にBMWチームと参戦しつづけ“2006年XXF-D2クラス優勝”をした情報が沼津市広報課にまで流れ、取材に来ていただきました。(取材時点では、掲載されるか否かは未定でした。)

とかく世間では、モータースポーツ=環境破壊的な観点で見られがちですが、耐久レースにおいては、燃費の節減!通常領域では考えられない過酷な状況下で使用されるエンジン・サスペンション・車体・タイヤ・外装等 の耐久性等、様々なデーターが採取しています。レースで採取したデーターが一般市販車開発へもフィードバックされていきます。
現に、某自動車メーカーは“2007年十勝24時間耐久レース”にハイブリットエンジンのレースカーにて参戦し、ガソリン車に大差をつけて見事優勝した記録も残しています。高性能で環境にやさしい乗り物の“もの創り”にはモータースポーツ参戦が近道でもあります。
上記内容を含め、モータースポーツの有用性&Trasのカーボンに対する取り組み方を力説し続けることにより。
今回の掲載へのはこびとなりました。
c0084643_1559387.jpg

by carbon_tras | 2007-08-01 16:01 | Trasからのお知らせ

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。