TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

カテゴリ:Tras Racing( 66 )
VLN2012 Rd,4
レース名 43. Adenauer ADAC Rundstrecken-Tophy クラス SP8 クラス
c0084643_13403350.jpg

開催⽇ 2012/6/23
天候 晴れ時々曇り
エントリー 総数:171 台 SP8 クラス:5 台
出⾛ 総数:171 台 SP8 クラス:5 台
完⾛ 総数:110 台 SP8 クラス:3 台
ドライバー
・ Uwe Kleen 選⼿
・ Klaus Völker 選⼿

c0084643_13412529.jpg


c0084643_13422064.jpg
c0084643_13424628.jpg

by carbon_tras | 2013-03-09 13:37 | Tras Racing
VLN2012 Rd,3
レース名 54. ADAC ACAS H&R-Cup

開催⽇ 2012/4/28
天候 晴れ時々曇り
エントリー 総数:219 台 SP8 クラス:7 台
出⾛ 総数:201 台 SP8 クラス:7 台
完⾛ 総数:148 台 SP8 クラス:5 台

ドライバー
・ 山内 ⼀典選⼿
・ 山本 泰吉選⼿
・ Uwe Kleen 選⼿
・ Klaus Völker 選⼿
c0084643_1333239.jpg

レース残り20分大クラッシュにより赤旗

レース結果:コースアウト
c0084643_13333053.jpg
c0084643_13334297.jpg
c0084643_13335981.jpg
c0084643_13341213.jpg
c0084643_13343068.jpg

by carbon_tras | 2013-03-09 13:36 | Tras Racing
VLN2012 Rd,2
37.DMV 4-Stunden-Rennen

2012/4/14
天候:雨時々曇りのち一時晴れ
出走:181
完走:147
クラス:SP8

ドライバー:山内 一典・Uwe Kleen・Klaus Volker
c0084643_13272231.jpg
c0084643_13273734.jpg

多重事故により赤旗中断

レース結果:SP8クラス3位
c0084643_1327553.jpg
c0084643_1328810.jpg

by carbon_tras | 2013-03-09 13:28 | Tras Racing
VLN2012 Rd,1
59.ADAC-Westfalenfahrt

2012/3/31
天候:雨時々曇り
出走:174
完走:145
クラス:SP8

ドライバー:山内 一典・飯田 章・Uwe Kleen・Klaus Volker
c0084643_13203478.jpg


濃霧により赤旗中断

レース結果:SP8クラス4位
c0084643_13205833.jpg

by carbon_tras | 2013-03-09 13:21 | Tras Racing
2012 FIM Endurance World Championship Series, Round 3
Photo:Jonathan Godin
c0084643_11265029.jpg

c0084643_11292739.jpg

c0084643_11273311.jpg

三重県・鈴鹿サーキットで開催された真夏の祭典「2012 FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦"コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第35回大会」
c0084643_11281556.jpg

c0084643_11284029.jpg

c0084643_11275084.jpg

11時30分にスタートが切られた今大会は、スプリントレース並みのタイムでハイペースのトップチームを始め、大波乱なレース展開となった。終始8時間を通じて安定した走りの#11 ジョナサン・レイ/秋吉耕佑/岡田忠之組 F.C.C. TSR Hondaが周回数215周で優勝しました。

58台出走
42台完走
c0084643_11293796.jpg
c0084643_11294719.jpg
c0084643_11295497.jpg
c0084643_1130592.jpg
c0084643_11301178.jpg
c0084643_11303834.jpg
c0084643_11305245.jpg

11番手スタートのBMW MOTORRAD FRANCE 99 は、途中2位まで順位を上げるも総合9位
18番手スタートのTeam Motorrad 39 は、BMW勢トップの総合8位
29番手スタートのTeam Tras 135は、終始安定した走りで総合18位

・・・RACE DATA
■2012FIM世界耐久選手権シリーズ第3戦"コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第35回大会
■開催日:2012年7月29日(日)
■開催地:三重県・鈴鹿サーキット(5.821km)
■トップ周回数:215周(1251.5 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:32.4度 
■観客:5万7000人
■PP:中須賀 克行(2分06秒845/165.21km/MONSTER ENERGYYAMAHA - YART)
■FL:清成龍一(2分07秒943 2/165 163.79km/MuSASHi RT HARC-PRO.)
c0084643_11314744.jpg

c0084643_11311817.jpg
c0084643_11312892.jpg

c0084643_11321571.jpg

Team Tras 135 は、2012 FIM Endurance World Championship Series で3ポイントをゲットしました。
挑戦し続けることで、世界選手権のポイントまでとれるチームに成長したことを実証しました。
c0084643_11323216.jpg

by carbon_tras | 2012-08-07 11:32 | Tras Racing
Eco Car Cup 2012
富士スピードウエイで開幕したエコカーカップ2012。
c0084643_9271363.jpg

鍛造ホイル・チタンマフラー・カーボン外装・などで-150kg軽量化したプリウスで参戦しました。

車両開発は、トラス。レースマネージメントは、XaCARのコラボ企画?

ライバルは、童夢インサイト!こちらは自慢の空力パーツを取り外し-153kgで今回のレースに挑みました。

勝利の女神は、われらが Carbon Tras WITH XaCAR に!
チーム力勝利って感じです。

詳しい内容は、こちら!!!

この模様は、5月10日発売のザッカー誌に掲載される予定です。
by carbon_tras | 2012-04-23 09:28 | Tras Racing
VLN10 Nürburgring 29/October
c0084643_1156815.gif

VLN10 Nürburgring 29/October

PHOTO:Ring Racing
c0084643_11563572.jpg
c0084643_11564879.jpg

2011年10月29日ドイツ ニュルブルクリンクにて開催されたVLN10にLexus ISF CCS-Rが参戦しました。
CCS-R(Circuit Club Sport Racer)は、300kgもの軽量化を達成した サーキット専用車である。
29/ October 2011  Germany Lexus ISF CCS-R entered VLN10 held in Nürburgring.
CCS-R (Circuit Club Sport Racer) attained a no less than 300 kg weight saving. It is a circuit private car.

・・・Driver
Kleen Uwe, Boxberg
lker Klaus, Haltern
ItohMasashige, Japan

VLN 10.Lauf 2011 Toyota Motorsport Lexus IS F Onboard Nürburgring Nordschleife - Driver: Uwe Kleen (c)race-media.tv.
by carbon_tras | 2011-11-10 12:00 | Tras Racing
Eco Car Cup 2011 Summer at Racing course
Eco Car Cup 2011 Summer at Racing course

“エコカーカップ2011夏atレーシングコース”にSilky PRIUS 010で参戦しました。

Tras challenged the "Eco Car Cup 2011 Summer at Racing Course" with the Silky PRIUS 010.
c0084643_1815586.jpg

今回は、カーボン製品を使用することでプリウスがどこまで軽くなるかに挑戦です。
前回は、ボンネットフード・ルーフ(張替え)・サイドステップ(オリジナル形状)・BBSホイール(RF)に改装することで車の運動性能がアップしました。
特に、ルーフは-50%の軽量化!剛性アップにも大きく貢献し、初参戦クラス優勝という快挙を成しえました。

夏の大会に向け、フロントバンパー(ダクト部をオリジナル形状に)・フロントスポイラー追加・ボンネットフード(エアダクト追加)・フロントフェンダー・フロントドア・リアドア・リアハッチ・リアバンパー(ディフューザー形状)・リアホイルカバー・リアシート取り外しをすることでノーマル車両に対し-147kgもの軽量化に成功しました。

まずは、受付を済ませ主催者からの指示であるステッカーを決められた位置に添付します。
フロント&リアバンパーに横浜ゴムさんのステッカーを4枚・フロントドアにブリジストンさんとelfさんのステッカーを各2枚車両に貼付します。

This time ourchallenge was to see how far the weight of the PRIUS could be reduced. At the last race the bonnet and the roof were replaced by full carbon parts, the original side steps were used and BBS RF wheels were used to increase the manoeuvrability. Especially the roof could be reduced by 50% in terms of weight! By this the structural strength of the car was also improved and we were able to take the class victory.

For the summer race we exchanged the front bumper, front spoiler, bonnet hood with the air duct, front fender, front and rear doors, rear hatch, rear bumper, rear wheels and rear seat. With all theses changes we succeeded in reducing 147kg or weight compared to the normal version.

The organizers informed us of which stickers needed to be added to the car. On the front and rear bumper we had to place 4 Yokohama Tire Stickers. Also two Bridgestone and elf stickers each needed to be placed on the front door.

c0084643_18161156.jpg
c0084643_18162293.jpg
c0084643_18162929.jpg


ブリーフィング会場は、座れないほど参加者で一杯になっています。
参加募集枠60台フル出場!(何とエントリー締め切り後も、たくさんの申し込みがあったそうです!)
予選順位は、プリウス勢1位の7番グリットをゲットです。

さすが、GT500LEXUS TEAM LeMans ENEOS監督である黒澤琢弥さんがドライビ
ングすれば、レースに向いていないプリウスでもいいタイムを出してくれます。

At the briefing hall there were so many participants, that there was not enough space to sit. 60 verhicles were participating in the race, which is the maximum. Even after the deadline many teams apparently wanted to join the race.
For the qualifications we got the 1st place in the 7th grid. With Takuya Kurosawa, who normally directs the GT500 LEXUS TEAM LeMans ENEOS at the wheel, we were confident to get a good time.
c0084643_18164456.jpg
c0084643_1817710.jpg

でも、気になることがあります。無理な軽量化により、砂漠を走る車のごとく車高が上がり、車両バランスが崩れVSCが全コーナーで作動し続けてしまいます。VSCとは、Vehicle Stability Control(ビークル・スタビリティ・コントロール)の略で、トヨタが採用するハイテク安全装備。障害物回避のための急ハンドルや、滑りやすい路面でのコーナリング中などに発生する車の横すべりをセンサーが感知し、各輪のブレーキやエンジン出力を自動的にコントロールすることで、不安定な挙動を抑制するシステムです。
ドライバーは、前に進める仕事をし、車はVSC介入によりブレーキやエンジン出力を制御してしまったので燃費は悪くなってしまいました。

But there was a problem: By reducing weight as much as possible several unwanted consequences ensued. The cars chassi got as high as if we were planning to take part in a sand race in the desert. So the VSC system, which stabilizes the car in corners was activated in every corner! VSC is short for Vehicle Stability Control. This system is highly developed high tech, which Toyota uses for safety reasons. In case of sudden extreme turnings of the handle, which would normally cause the vehicle to slip sideways, the VSC sensors ensure that the car brakes and even controls the engine power in such a situation. This is a very sophisticated safety system. When ourdriver decided to forcefully continue ahead, the interference of the cars VSC on breaks and engine power caused our fuel efficiency to drop drastically.


c0084643_1819017.jpg
c0084643_1819841.jpg
c0084643_18191582.jpg
c0084643_18192337.jpg
c0084643_18192937.jpg
c0084643_18193566.jpg

車両改造無制限クラスであるSHVクラス(スーパーハイブリッドクラス)3位。

レース順位と燃費が合算されるエコカーカップで燃費が悪くなるのは、致命的なミスでもあります。次回に向け新たな車づくりに挑戦です。

Our rank was third in the super hybrid class, where everything on the car may be changed according to the regulation. As in the race regulation the fuel efficiency has great importance for the Eco Car Cup, this was an essential fault of our strategy. For the next race we will go forward with a new car construction .
c0084643_18195748.jpg
c0084643_1820464.jpg
c0084643_18201156.jpg

トヨタが販売している車は、空力・重量バランス・安全装備・快適性・などが最良になるセッティングで販売されていることを、今回のプリウスの改造により知りました。
今回は、惨敗です。

The cars Toyota builds are sophisticated in terms of aerodynamics, balance, safety and comfort. The fact that Toyota sells cars with the most ideal settings, got clearer than ever to us after the modifications we implemented.

This time we were defeated.
by carbon_tras | 2011-08-12 18:20 | Tras Racing
Team Tras・BMW S1000RR
Team Tras・BMW S1000RR


Photo;Keisuke ASAKURA
c0084643_1516616.jpg
c0084643_15161431.jpg
c0084643_15162386.jpg

c0084643_15211510.jpg


今年も、鈴鹿8時間耐久ロードレースにBMWチームと共に“Team Tras”として参戦しました。
BMW Motorrad Japan武藤昇氏との活動も、早いもので10年の月日が流れ、8耐に参戦・完走を目的としたクラブ活動から、世界選手権ポイント獲得に!目標も目的もバージョンアップし、新たなチーム体制を組んだことが今までとの大きな違いです。

Together with Noboru Muto from BMW Motorrad Japan we have been active already for 10 years and have joined the 8hours of Suzuka yet again. In the beginnings we were aiming merely at being able to finish the race. This year we focused on getting into the point ranking of the world championship! With this new target set, the organisation of the team of course also changed compared to the past.



御協賛
Team Partners
c0084643_15164328.jpg



第一ライダー 高田速人 Rider1 Hayato Takada
第二ライダー 寺本幸司 Rider2 Kouji Teramoto
第三ライダー 片平亮輔 Rider3 Ryosuke Katahira

総監督      山田純 Project Manager: Jun Yamada
監督       中林真人 Team Manager:  Masato Nakabayashi
副監督      武藤昇 Sub Manager:   Noboru Muto
副監督      新田正直 Sub Manager : Masanao Nitta
マネージャー   齋藤栄治 Team Administrator: Eiji Saito
メカニカルアドバイザー 柳澤勝由 Technician: Katsuyoshi Yanagisawa
ドクター     松本栄直Doctor: Yoshinao Matsumoto
チーフメカニック 高橋達也 Crew Leader: Tatsuya Takahashi

世界選手権のポイントをゲットし、世界選手権ランキングにも乗ることが出来ました。
Team Tras・BMWS1000RR綜合順位 15位 世界選手権ランキング 31位

これもひとえに、トラスを支えてくれる皆様・チームスタッフ・何より大きな仕事をしてくれたライダー・それぞれのご家族の支え・応援してくださる皆様・のお力のおかげです。感謝いたします。
これからもTeam Tras・BMW S1000RRの活動に御支援・御協力をお願い申し上げます。

We were able to get world championship points and made it into the FIM world championship ranking! Team Tras - BMW S1000RR got rank 15 in the global ranking. The world championship ranking amounts to rank 31!
Photo: Jonasan Godin
c0084643_15171167.jpg
c0084643_15171857.jpg
c0084643_15172510.jpg
c0084643_15173313.jpg



Team BMW Motorrad France 99
総合4位 世界選手権ポイントランキング1位(第3戦終了時)
This team achieved global rank 4 and leads the world championsship (at the point of the 3rd race)
c0084643_15174015.jpg



Photo: bike-bros
c0084643_1518195.jpg
c0084643_1518967.jpg
c0084643_15181764.jpg



Photo; Keisuke ASAKURA
c0084643_1518399.jpg
c0084643_15184636.jpg
c0084643_15185445.jpg
c0084643_1519381.jpg
c0084643_15191867.jpg



BMW Biker meeting 2011
photo:bike-bros
c0084643_1540348.jpg
c0084643_15404641.jpg

by carbon_tras | 2011-08-12 15:19 | Tras Racing
Super HYBRID Class Winner
ECO CAR CUP初参戦“スーパーハイブリッドクラス優勝”
First Eco Car Cup Participation led to a "Super Hybrid Class" Win!
c0084643_13194393.jpg

車の“①剛性感②快適性をアップ③運動性能を向上”。
さらに、車にやさしいドライビングテクニックを持ったスキルの高いドライバーがドライビングすることで燃費は向上していくはず?
Trasでは、過去の開発事例をもとにSilky PRIUS 010 プロジェクトをスタートさせました。
第一弾は、ルーフの軽量化により①②③を確認することに重点を置きました。
The car has improved ① rigidity, ② driving comfort and ③ kinematic performance.
A key point in succeeding in this race was to have a driver with a high driving skill, in order to keep fuel consumption at a minimum.
Based on past experiences, Tras has developed the Silky Prius 010. The main focus in this project was to reduce roof weight, in order to improve points ① through ③.
c0084643_13255739.jpg
c0084643_1326625.jpg

 一般道での通常走行テストを、黒澤琢弥さんに依頼。「明らかに車の上質感を感じる。①②は狙い通り!③はホイールとタイヤを変えることで今以上に向上する。ブランド・デザイン・クオリティー・軽さ・剛性・BBS RFが良いんじゃない?」BBS はメッシュイメージが強かったのですが、RFはスタイリッシュに生まれ変わった感じも見受けられるデザインで、美しい気品も感じる。
そんなRFは、トラスのプロジェクトにピッタリ!

燃費を稼ぐなら、細いエコタイヤに細めのホイールで抵抗をいかに少なくするかが大きな戦略となります。
車は見た目のカッコよさも重要です、ホイールとタイヤは、車からはみ出さないギリギリな感じがバランスよく写ります。
ノーマルの10.67kgに対しRFは6.58kg なんとホイール一本で4.09kgの軽量化に成功!

The tests on normal roads were conducted by Takuya Kurosawa. His conclusion was that the car was handling very well and an improvement in points ① and ② were there. Only point ③ needed to be addressed with better wheels and tires. From the perspective of brand, design, quality, weight and stiffness the BBS RF seemed to be the best choice. The choice of these wheels was a perfect fit for our project.

Of course the looks of a racing car is important! The cool looks of the chosen tires and wheels gave the car a nice balance and reduced the weight too. The normal tires are 10.67kg. The used RF are at 6.58kg. This excercise saved us 4.09kg per wheel!
c0084643_13264054.jpg

c0084643_14394462.jpg

タイヤも、ノーマルより太目に変更!でも重量は同じ・静かで・ECOなYOKOHAMA dBを選択。
The tires we used were wider than the normal ones, but kept the same weight. We used the silent and ecological Yokohama dB.
c0084643_14382518.jpg

当日の富士スピードウエイ(FSW)は雨!温度も低く寒い朝となってしまいました。
ステージ1は、くじ引きです。
レースには運も重要です。順位は5位?まずまずのスタートです。

我がチームには、富士スピードウエイ加藤裕明社長も応援に駆け付けてくれました!
左から黒澤琢弥さん FSW加藤裕明社長 Tras新田 大嶋和也さん
On the day of the race: Rain! First task on this cold day is the lottery. Luck is an important part of a race. We got assigned starting position 5... Well, off to the start.
Our team was cheered to by Hiroaki Kato, the president of the Fuji Speed Way. Thank you! From left to right Takuya Kurosawa, Hiroaki Katoh, Masanao Nitta (Tras) and Oshima Kazuya.
c0084643_13275024.jpg

練習走行スタート。大嶋和也さんがトップタイム。さすがプロ!
In practice Oshima got the top time. Leave it to the professionals!
c0084643_13304951.jpg

ステージ2は、3組に分かれてスタート。われわれ1組目は、完全ウエット路面。2組目以降に雨がやみ3組目はドライに!ウエットでは断トツの順位でしたがドライチームには及ばず4位!
Stage 2: Start in groups of three. We were part of the first group on a totally wet track. For groups 2 and three the rain stopped and the track dried up. Now we were at 4th place.
c0084643_13311132.jpg

ステージ3は給油となります。ここから燃費と緻密な計算が必要なステージに突入。
Stage 3: Fuel stage. Now the consumption will be measured.
c0084643_13313150.jpg

ステージ4は、15周のレース。優勝候補チームのneoと童夢を、低燃費走行と巧みなドライビングテクニックで抑えた黒澤さんの走りで5位。
Stage 4: 15 lap race putting us on 5th rank.
c0084643_1335053.jpg

c0084643_13363362.jpg

ステージ5は、2回のPITストップが義務付けられている35周のレース。スタートドライバーは黒澤さん、大嶋さんに変わり2回目のPITストップで黒澤さんに代わる予定でしたが、名監督黒澤の的確な判断でそのまま大嶋さんが乗ることに。ここで“私の勘違いミス”により、残り5分を前にしてペースダウンを指示してしまい14位に・・・皆さんゴメンナサイ。
レクサスLFAでニュルブルクリンク24hレースに参戦する木下隆之さんと大嶋和也さんはニュルの戦略会議中?
Stage 5: 2 Pit stops, 35 lap race. First Kurosawa rode. Then Oshima took over for the rest of the race.
c0084643_13455779.jpg

ステージ6 最後の給油は、4位プリウス勢の中では一番です。
プリウス低燃費走行に定評のある neo よりも低燃費だったのですが?総合では2位に。
Stage 6: The last challenge brought us to rank 4, being the best Prius. Overall Second Place!
c0084643_13462389.jpg
c0084643_13465294.jpg
c0084643_13465926.jpg

黒澤琢弥さんと大嶋和也さんの普段の移動は30プリウスです!
一流ドライバーも、ハイブリッド車の時代なんですね。
Takuya Kurosawa and Kazuya Oshima also use a Prius as their private car! So also Pro-Racers are using hybrid cars nowadays.
c0084643_13472861.jpg
c0084643_13473752.jpg

Silky PRIUS 010
c0084643_13511259.jpg

カーボン    Tras
ホイール    BBS RF
タイヤ     YOKOHAMA dB
オイル     elf
ステアリング  イズ・ミー

Carbon    Tras
Wheels    BBS RF
Tires     YOKOHAMA dB
Oil       elf
Steering    イズ・ミー
by carbon_tras | 2011-04-13 13:19 | Tras Racing

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。