TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

VLN2014 Rd,4
45. Adenauer ADAC Simfy Trophy
c0084643_17582692.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2014/5/17
天候 晴れ時々曇り
エントリー 総数:208 台 SP8 クラス:6 台
出走 総数:202 台 SP8 クラス:6 台
完走 総数:178 台 SP8 クラス:5 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手・Jordan Tresson 選手
ドライバー #137
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 17/05/2014
Weather: Sunny with some clouds
Total entries: 208 cars; SP8: 6
Cars started: 202 cars; SP8: 6
Cars completing race: 178 cars; SP8: 5
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_17584765.jpg
ニュルブルクリンク24 時間レース前の前半戦最後となる、45. Adenauer ADAC Simfy Trophy。
今回も前回に引き続き天候に恵まれ、朝夕は肌寒いものの日中は半袖でも快適に過ごせる程であった。

Die 45. Adenauer ADAC Simfy Trophy is the last race before the 24 hour race at the Nürburgring.
Again the weather was sunny with chilly weather in mornings and evenings and t-shirt weather during the day.
c0084643_1759556.jpg

予定通り土曜日8 時30 分から行われた予選。
ニュルブルクリンクがいくら長いコースだとはいえ、200 台超が一斉に走れば、やはり所々渋滞が発生する。予選開始直後から、あちらこちらでダブルイエローが振られていたが、40 分位経ったところで遂に赤旗中断となってしまう。
135 号車は8:58:417 で総合54 位/クラス2 位という好位置につけ、137 号車も9:06:218 で総合66 位/クラス5 位と、まずまずの位置から上位をうかがうという予選結果となった。

Qualifying took place as planned from 08:30 on Saturday. Although the Nürburgring is a very long circuit, if more than 200 cars circle there is bound to be a traffic jam here and there. Right after the qualifying was started there were double yellow flags to be seen here and there, but after 40 minutes the qualifying was halted altogether.
#135 achieved a time of 8:58:417 getting overall rank 54 and 2nd in class. #137 ended at 9:06:218 placed on overall 66 and 5th in class. It was an acceptable qualifying result on which to build on during the race.
c0084643_17592266.jpg
1 周のフォーメーションラップの後、予定より若干遅れて12 時16 分から行われた決勝。
2 台のCCS-R は好対照なスタートを見せる。135 号車は第1 コーナーでわずかに開いた隙間に鼻先をねじ込み、幸先良く順位を上げる。逆に137 号車は後続車にかわされ順位を落としてしまう。135 号車はそのまま快調に走り続け、順位をキープしたまま無事に第1 スティントを終えてピットに戻ってきた。137 号車は、スタートの遅れを何とか取り戻そうと必死にリカバリーを試み、第1 スティント8 周の後にようやく元の順位を奪回、ピットインしてきた。

After the formation lap, the race started with a slight delay at 12:16. The two CCS-Rs showed contrasting starts. #135 found a slight opening and fought for it right at the first corner and started into the race with a good omen. #137 on the other hand was pushed down the ranks by overtaking action by following cars. #135 finished the first stint without trouble and keeping its rank. #137 fought hard to recover the loss at the start and after lap 8 of the first stint finally got its place back before coming into the pit.
c0084643_17594772.jpg

第2 スティントは、コースをアグレッシブに攻める事よりも、レースを冷静にコントロールする事の方が重要になってきていた。
135 号車は後続のクラス3 位との差を確認しつつ、クラストップの座を伺う。137 号車はHelmut 選手が毎周上位との差を少しずつ着実に詰めて行き、第2 スティントが終わる頃にはクラス3 位に肉薄していた。
第3 スティントは、ピットからクラス上位陣とのタイム差が伝えられ、追撃体制に入る。レースをコントロール下に置き走り続ける135 号車と、プッシュを開始した137 号車。2 台同時の上位入賞を予感させる第3 スティントの始まりであったが、 突然観客席から悲鳴にも似たどよめきが起こる。丁度テレビモニターにバックストレートのDöttinger Höhe が映し出されていたが、そこで大クラッシュが発生したのだ。その後ろを走っていた2 台のCCS-R も心配されたが、2 台共クラッシュを無事回避。結局、このクラッシュが原因となりレースは赤旗終了となった。

For the second stint it became more important to race coolly and control the race, rather than aggressively pushing around the course. #135 kept track of the gap to the runner-up and overtook the leader bringing it on first place in class. #137 with Helmut focused on reducing the gap to the next car ahead and by the end of stint 2 had almost caught up with third in class.
#137 went for a push keeping track of the gaps and class ranking through the radio from the pit. #135 kept a steady race watching its own ranking. This was the beginning of the stint and it gave the impression we would get a win, but suddenly among the guest seats a stir arises. The Döttinger Höhe was just on screen, where a major crash had happened. We were of course worried about the two CCS-Rs, which were on their way behind that crash, but both made it through unharmed. Finally the race was ended there with the red flag.
c0084643_1801477.jpg

年間10 戦のシリーズ戦という事を念頭に置き、着実にポイントを稼ぐことが出来た事は評価に値するであろう。そういう観点では、CCS-R 持ち前の安定感を存分に発揮した素晴らしいレースであったと言うことができる。この安定感を、6 月に開催されるニュルブルクリンク24 時間耐久レースや、その後7 月から再開されるVLN でもまた見せてほしい。

With ten races a year in the series, we are happy to be able to constantly collect points. From this perspective the CCS-R is showing its stable character, making it a wonderful race. We would like to show this stability at the Nürburgring 24hour race and at the VLN series from July onward again.

最終順位
135 号車:総合47 位/クラス2 位
137 号車:総合73/クラス4 位
Final ranking:
#135: Overall: 47 / Class: 2nd rank
#137: Overall: 73 / Class: 4th rank
c0084643_1804254.jpg

『Jordan Tresson 選手のコメント』
今回は出場台数も多いし、24 時間耐久レース前の最後のVLN だから、チームミーティングでも慎重にレースを進めるように言われたし、自分も今回は他の車とダブルエントリーだったから、リスクを出来るだけ避ける様なドライビングを心掛けた。予選は、コンスタントにタイムが出せる様になってきたかな。本戦は、ファーストラップから自分の真後ろでビッグクラッシュが起きたりしていたけど、自分は淡々と、でも出来るだけ良いラップタイムを出せればいいな、と思って走った。今回も難しいレースだったけど、またトロフィーが貰えて今年のVLN の前半は自分にとって素晴らしい経験になったよ。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
自分のスティント中にも何回かクラッシュに巻き込まれそうになったけど、正しい回避ラインを見つける事が出来たよ。ペースコントロールしながら走って、着実にポイントゲット出来て良かったね。
『Klaus Völker 選手のコメント』
コースをアグレッシブに攻めるのもレースをしているのだからある程度分かるけど、ここでのレースはまずは耐久レースとして最後迄生き残って、やっと順位やタイムを考慮するべきだから、今シーズンのレースの傾向はあんまり良くないと思うよ。ニュルブルクリンクでのレースは毎回楽しいし、CCS-R にも満足している。レースとしては消化不良の面が否めない。特に決勝はゆっくりとレースに入っていった所で終わってしまったからね。

『Horst Baumann 選手のコメント』
今回のレースは24 時間前の最後のVLN だから参加台数が多く混雑していたね。予選の時は何とか比較的空いている時間にタイムアタックが出来たけど、本戦では殆どクリアに走れなかった。本戦の第1 スティントはスタートをちょっと失敗して、そこからペースアップするのがとても大変だった。第3 スティントは、Helmut が前の車を追い上げてのスティントだったから楽しみだったし、第1 スティントと違って良いペースで走れていたから赤旗終了は非常に残念。今回もまた惜しいレースをしてしまったね。
『Helmut Baumann 選手のコメント』
この車の事も大分理解出来る様になってきた。1 戦お休みした後、久々に乗ったらイメージより大分足回りが柔らかくて、感覚を合わせるのが難しかったかな。勿論車の基本的な性能は問題無し。出場台数が多かったから、1 周1 周を大事に走り最後の周には、SP8 クラスの前を走る車を追い詰めて、プッシュのオーダーが無線で届いたり!自分なりによく走れたと思う。

『Jordan Tresson』
As it was the last VLN race before the 24hour Nürburgring race, there were many entries in the race. At the team meeting we were told to race carefully and as I was entering the race in two different cars and had two stints to cover I wanted to reduce risk as much as possible. At the qualifying I was able to show constant times. At the race itself there was a big crash right behind me, but I was trying to get good lap times nevertheless. It was a difficult race again, but we again got a trophy, so this years first half of the VLN is a great experience for me.
『Uwe Kleen』
Several times I was close to getting involved in a crash, but I was able to choose the right evasive manoeuvres. Pacing ourselves we were able to get good points, which was good.
『Klaus Völker』
Of course attacking the course aggressively is part of the race, so I understand it to a certain extent, but this is an endurance race, where first priority is to survive and then only it is time to think about ranking and time. This is why I am not sure how good the trend this season is. The races at the Nürburgring are fun each time and I am pleased with the CCS-R. As a race I have problems to digest it. Especially when we started into the race slowly, it was over.

『Horst Baumann』
There was lots of traffic from all the entries in this last race before the 24hour race. During qualifying it was still somehow possible to get comparatively good times, but during the actual race it was hardly ever possible to race clearly. I made a mistake at the start of the first stint and increasing my pace from there was quite difficult. I was looking forward to the third stint, as Helmut has closed up to the car ahead and allowed for a better pace than the first stint. So it was a pity the race was ended with the red flag. Again it was a regrettable race.
『Helmut Baumann』
I reached a point, where I understand the car quite well now. After missing the last race, the suspension felt a lot softer and it was difficult to adjust to the feeling. Of course the car hat no basic issues at all. There were so many entries in the race, I had to drive carefully lap for lap. Still in the final lap I was able to catch up with the last car in the SP8 class and the order to push came through the radio. Personally I think I had a good race.
c0084643_1811760.jpg


レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2014-05-29 18:01 | Tras Racing

<< MFJ SUPERBIKE20... MFJ SUPERBIKE20... >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。