TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

VLN2014 Rd,3
56. ADAC ACAS H&R-Cup

c0084643_15385325.jpg
クラス SP8 クラス
開催日 2014/4/26
天候 晴れ時々曇り
エントリー 総数:199 台 SP8 クラス:7 台
出走 総数:195 台 SP8 クラス:7 台
完走 総数:141 台 SP8 クラス:5 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手
・Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・山内 一典選手 ・大井 貴之選手
ドライバー #137
・Horst Baumann 選手 ・Lorenz Frey 選手
・Fredy Barth 選手

Class: SP8 Class
Date: 26/04/2014
Weather: Sunny with some clouds
Total entries: 199 cars; SP8: 7
Cars started: 195 cars; SP8: 7
Cars completing race: 141 cars; SP8: 5
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #135: Kazunori Yamauchi, Takashi Ohi
Drivers #137: Horst Baumann, Lorenz Frey, Fredy Barth
c0084643_15393410.jpg

開幕から2 週間おきのペースで開催されている今年のVLN は、早くも第3 戦を迎えた。

In a bi-weekly pace this VLN season has come off to a fast start, bringing us already to the third race.
c0084643_15402555.jpg

今回のドライバー陣135 号車はレギュラー3 人。136号車には約1 年ぶりの搭乗となる山内一典選手が、過去4 回のニュルブルクリンク24 時間レース出場を誇る、経験豊かな大井貴之選手と組んで参戦。137 号車にはHorst Baumann 選手が、6 月に開催されるニュルブルクリンク24時間レースでパートナーとなるFredy Barth 選手、Lorenz Frey 選手と搭乗し、久々に3 台のCCS-R がニュルブルクリンクを走ることとなった。

The drivers for #135 were the regular three. #136 was driven by Kazunori Yamauchi, who took the cockpit for the first time in a year and has raced the 24 hour race four times already. He participated together with the experienced Takashi Ohi. In #137 Horst Baumann and two drivers, who will be joining him in the 24 hour race in June - Fredy Barth and Lorenz Frey - took the wheel. It has been a while we had 3 CCS-Rs on the Nürburgring track.
c0084643_15404497.jpg
135 号車はTresson 選手−Völker 選手−Kleen 選手の順に、136 号車は大井選手−山内選手−大井選手、137 号車はBarth 選手−Frey 選手−Baumann 選手とスティントは決定。

Stint orders were as follows: #135 with Tresson, Völker, Kleen. #136 with Ohi, Yamauchi, Ohi and #137 with Barth, Frey and Baumann.
c0084643_15405868.jpg
c0084643_1541855.jpg
1 周のフォーメーションラップの後、順調にスタートを切ったかに思えた3 台のCCS-R だったが、いきなり波乱が起きる。GP コースのショートカット立ち上がりでポルシェと交錯した136 号車がコースアウト、クラッシュしてしまう。幸いドライバーの大井選手は無傷であったが、オープニングラップでリタイヤという残念な結果となってしまった。

After the formation lap we were ready for a smooth start with all three of our vehicles, however an incident occurred soon after: At the short cut of the GP course a Porsche collided with #136 and clearly crashed out. Luckily driver Ohi was unharmed, but the retiring on the opening lap was the unfortunate outcome of the situation.
c0084643_15412996.jpg

残された2 台のCCS-R は序盤の混乱を乗り切ったかに見えたが、更なる試練が待っていた。137 号車のBarth 選手から突然の無線が入る。「左フロントから激しいバイブレーション、タイヤがバーストしたかもしれない。緊急ピットインする!!」 ピットに帰ってきた137 号車は、タイヤを含め外装のダメージは確認出来なかったが、左フロントタイヤにガタが発生していた。細部を確認するとアッパーアームのボルトが脱落しており、手持ちのボルトを使って応急処置を行いレースに復帰したが、20 分強をロスしてしまった。

The other two CCS-Rs overcame the challenges of the first rounds, but a different kind of challenge was waiting. Barth in #137 radioed the pit suddenly: “I think my front left tire might have burst. I’m getting strong vibrations. I’ll come in immediately!!” Once returned to the pit no external damages could be found but the front left tire appeared to be a little wobbly. Checking in detail, the bolt of the upper arm had fallen off. After some emergency measures of repair the car was sent back into the race. Nevertheless the issue caused a loss of 20 minutes.
c0084643_15424965.jpg

第2 スティントはコース上でダブルイエローフラッグが増え始めて、中々ペースが上げられない。2 台のCCS-R は持ち前の安定感を発揮し、クラス2 位、4 位を走行する。
レースも残り1 時間強となった所で、第3 スティントに突入する。Kleen 選手は、ピットとの無線を通じて各車のタイム差を把握しつつ、レースをコントロールしていく。
2台のCCS-Rは、波乱の第3戦も切りぬけチェッカーを受ける。順位は135 号車がクラス2 位、137 号車がクラス4 位であったが、その後、フェラーリがダブルイエロー区間での追い越しによりペナルティーを受け、クラス3 順位降格と判明。

In the second stint the double yellow flag was increasingly waved on the circuit and the races pace did not go up. The two CCS-Rs showed strength and bolted through to 2nd and 4th place in class.
With little more than an hour to go in the race the 3rd stint started. Kleen stayed in contact with the pit to check the time gaps of the cars and controlled the race.
Both CCS-Rs were able to overcome the dangers of the 3rd stint and reached the checker flag. #135 on 2nd place and #137 on 4th place. Later on however the Ferrari turned out to have overtaken a car during the double yellow flag phase and got a penalty, leaving #137 3rd in class.
c0084643_15431847.jpg

135 号車はクラス優勝!!137 号車も3 位へと繰り上げになった。135 号車は今季3 戦2 勝、3 位1 回と抜群の成績、137 号車も3 位に入り、着実にポイントを稼ぐ事が出来た。

様々なコンディションの中でも安定感を保ち、速さや勝負強さも発揮している。
LEXUS IS F CCS-R
世界一過酷なニュルブルクリンク耐久レースで戦績を積み上げてきているという事実は、クルマだけでなくチーム力も向上している証明であるといえよう。

#135 got the victory in class, and #137 on 3rd rank! What an outcome! #135 had two out of three victories and one podium on 3rd. #137 also on rank three this time means we are really collecting points.

Amongst these various conditions we were able to keep up reliability, speed and strong racing.
The LEXUS IS F CCS-R is building results on the worlds hardest race circuit – the Nürburgring. This is not only thanks to the car, but also proof of the increasing team strength.
c0084643_1543463.jpg

最終順位
135 号車:総合40 位/クラス優勝
136 号車:リタイヤ
137 号車:総合92 位/クラス3 位

Final ranking
#135: Overall: 40 / Class: Victory
#136: Overall: Retired
#137: Overall: 92 / Class: 3rd rank

『Klaus Völker 選手のコメント』
VLN 2014は結構大きいクラッシュが頻繁に起きて、それでフラッグが多くなる傾向にあるね。自分のスティントでまともに走れたのは3 周弱かな。それ以外はフラッグの確認に大忙しというくらい旗が多かったよ。でもダブルイエローの減速区間でタイヤのグリップを回復させたりも出来たから、そういう事も計算に入れてレースをコントロールしていた。もし136 号車がリタイヤせずそのまま走っていたら、レース終盤で3 台のCCS-R のバトルが見られたかもしれないと思うと、少し残念だったね。天気も良かったし、チームの皆がいい仕事をしてくれたからレースに勝つ事も出来たし、また嬉しい週末になったよ。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
今日もいつも通り最終第3 スティントを担当して、ライバルとの差をチェックしながら走っていた、それにしてもクラッシュが多かったよ。このコースはまず無事に走りペースを掴んでいくべき。今年はちょっとアグレッシブ過ぎる車が多いね!一つ一つコツコツとやっていく事が最終的には勝利への近道になったね。このままの好調を維持して、後は慢心しないようにやっていければと思う。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
今回も予選、決勝共にスターターだった。自分がペースをつかみ始めた決勝3〜4 周目には、もう3、4 ヶ所でダブルイエローが振られていて、随分荒れたレースだなと思ったけど、結果的に自分のスティントでクラス2 位まで順位を上げられた事は嬉しかったし、速さやペースに関する自分の感覚と実際のレース展開がシンクロしてきて、より客観的にレースをコントロール出来たのも良かった。また次もいい結果が出せるように頑張るよ。

『大井貴之選手のコメント』
今回初めてCCS-R に乗ったんだけど、すごく完成度、成熟度の高い車ですね。
タイヤとの付き合い方の工夫も必要だけど、足回りはもっとノルドシュライフェに合わせたものにしていけると思う。予選は自分ではまずまずの走りが出来ました。決勝は、ファーストラップのショートカットの出口の立ち上がりで、ポルシェが急にハンドルを切ってきてコース外に押し出されて、ガードレールに当たっておしまい。多分こっちを見てなかったと思うんだけど、とても残念。
『山内一典選手のコメント』
久々のCCS-R は、やっぱり乗りやすいですよね。サーキットを走っているのにラグジュアリーセダンの乗り心地ですから。そんな乗り心地だから気付きにくいけど、実際は速い車です。 大井選手が予選で良いタイムを出してくれたから決勝を楽しみにしていたけど、リタイヤしてしまって残念。僕も乗りたかったな。

『Fredy Barth 選手のコメント』
初めて乗ったこのクルマ、私が最近開発している他メーカーのGT3 車両と、どこがどの位違うのか興味があったけど、まずポジティブなサプライズの連続でした。ニュル24 時間レースの為に色々とこのクルマの事を知っておこうと思って、抑え目に走って観察したんだけど、とにかく安定した速さを持つ車です。ブレーキは良く効く反面、強く踏むとABS が入っちゃうからその感覚もまだまだ慣れないといけないね。
安定感と素晴らしいパフォーマンスを持った車だと感じました。
『Lorenz Frey 選手のコメント』
CCS-R は素晴らしいね。今回は参加台数も多かったしイエローフラッグも多く振られていた。GT3 カーとの違いがどの位あるか不安だったけど、快適なドライビングをすることが出来た。車が跳ねた時や、ブレーキの踏み具合、ABS とのバランス等、完璧に車を理解した訳では無いけど、今日は非常に良い経験を積む事が出来ました。ありがとう。
『Horst Baumann 選手のコメント』
レース終盤の第3 スティントにも関わらず、すごく混んでいた。ダブルイエローも多かったですね。Fredy の時のトラブルが原因かもしれなが最高速が落ちていたように感じました。まだまだこの車のセッティングは詰められる所が沢山あるし、自分ももっとギアチェンジが少ない乗り方をしたい。これからもCCS-Rを楽しみながら、考えていく走りを続けていきます。

『Klaus Völker』
In VLN 2014 there have been quite often big crashes, leading to a tendency for more flags. I was only able to drive about three regular laps during my stint. Besides that I was always busy checking for flags. But well, during the double yellow flag phase I was able to improve the grip of my tires. Of course, thinking of what could have happened if #136 had not crashed out – a battle of the three CCS-Rs maybe – it is a little sad we did not see that happen. The weather was great and all the team members all did great work making us win finally. It has been another happy weekend.
『Uwe Kleen』
As usual I was in charge of the third stint and was watching my gap to the rival cars. Still there were many crashes. The most important on this circuit is to drive through without incident and keep your pace. This year there are a few cars driving a bit too aggressively! Carefully going step by step led us onto the road to victory in the end. We shall continue to keep this approach, so that we will not become bigheaded at some point.
『Jordan Tresson』
I was the starter in both qualifying and the race. At the point I was getting to my pace at the 3rd or 4th race, there were already double yellow flags at 3, 4 places. I think it was quite a stormy race but finally I am happy I was able move up and finish my stint as second in class. Also I was able to synchronize my feeling of speed and pace with the real race and arrived at an objective race control. I will fight hard to bring good results next time again.

『Takashi Ohi』
I was the first time for me to drive in the CCS-R. The car is a high-end piece of engineering and shows a high degree of maturity.
I still need more experience on these tires, but I believe that there is potential to adjust to the Nordschleife. As I was leaving the shortcut at the race’s first lap, I was pushed off course as a Porsche suddenly cut in and hit me. I hit the guardrail and that was it. I think he just didn’t see me, but it was a great pity.
『Kazunori Yamauchi』
It has been a while since I had driven the CCS-R, but it I felt again it is a great car to drive. Although you are driving on a circuit, you feel like you are in a luxury sedan. Since it is that comfortable it is sometimes hard to notice, but it actually also is a really fast car. Ohi got us a good time during qualifying, so I was looking forward to the race, but unfortunately we had to retire. I also wanted to race..

『Fredy Barth』
This was my first time in a CCS-R. As I am working on the development of another manufacturers GT3 car, I was really looking forward to see where the differences lie, but first of all I was very positively surprised. Keeping our upcoming participation in the 24-hour race at the Nürburgring in mind, I wanted to learn as much as possible. So I tried to drive with consideration. At any rate the car showed great reliability. While the brakes are very responsive, when hitting them hard the ABS kicks in, which I still need to get used to.
『Lorenz Frey』
The CCS-R is a great car! This time there were many entries in the race and many yellow flags. I was a bit worried as to how different the car might be from a GT3 car, but was able drive comfortably. The way the car spurns the ground, the breaking and the balance with the ABS; many things I have not yet mastered perfectly, but today has been a great opportunity to gather experiences. Thank you.
『Horst Baumann』
Although I was driving in the 3rd stint, the circuit still was very crowded. Also there were many double yellow flags. It might have been a result of the troubles Fredy encountered, but I feld the max speed was slightly reduced. There are still many things we can optimize in the cars settings and I have to still reduce the gear shifting on my end. I will continue to enjoy driving the CCS-R and continue to race, while thinking how to improve!
c0084643_15453135.jpg

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2014-05-10 15:46 | Tras Racing

<< MFJ SUPERBIKE20... MFJ SUPERBIKE20... >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。