TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

VLN2014 Rd,1
60. ADAC Westfalenfahrt

c0084643_94534.jpg
クラス SP8 クラス
開催日 2014/3/29
天候 晴れ
エントリー 総数:170 台 SP8 クラス:4 台
出走 総数:165 台 SP8 クラス:4 台
完走 総数:116 台 SP8 クラス:3 台
ドライバー #135
・Uwe Kleen 選手 ・Klaus Völker 選手
・Jordan Tresson 選手
ドライバー #137
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 29/03/2014
Weather: Sunny
Total entries: 170 cars; SP8: 4
Cars started: 165 cars; SP8: 4
Cars completing race: 116 cars; SP8: 3
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_952468.jpg

暖かかった冬が過ぎ初春を迎えたこの季節、ドイツには珍しく穏やかな晴天が続く中、2014 年VLN 開幕戦が開催された。
前年SP8クラス年間チャンピオンを獲得したCCS-R は、冬の間も南フランスでタイヤやブレーキのテストを重ね、準備万端でVLN2014シリーズを迎えることに。

After the too warm winter has passed, we have arrived in this season: Unusually mild days are continuing in Germany as the 2014 VLN opening race takes place.
After emerging as the SP8 class champion last year, the CCS-R went through tire and brake tests in the South of France to prepare for the VLN Series 2014.
c0084643_955981.jpg

予選中に起きたクラッシュによる設備補修の為、13 時からに変更された決勝。
135 号車はTresson 選手−Völker 選手−Kleen 選手の順に、137 号車はHelmut 選手−Horst 選手−Helmut 選手の順に搭乗する事に決定。
開幕戦という事もあり、どのチームも序盤は慎重に走る。第1 スティント中盤あたりから、冬の期間に車を順調に仕上げてきたチームと、そうでないチームの差が出始め、コース上でも徐々にイエローフラッグが!
第1 スティント最終周に事態が急変する。先行していた135 号車のTresson 選手が予定通りピットイン、ドライバーチェンジ、給油、タイヤ交換をし、第2 スティントを担当するVölker 選手がピットを後にしようとした所で、137 号車のHelmut 選手から無線が入る。「Helmut からピットへ。Döttinger Höhe 手前、Schwalbenschwanz 付近でクラッシュ、コースアウト。自分は大丈夫だがレースは続行出来ない!!」

Due to a crash during the qualifying, repair works on the track led to a delayed start of the race at 1PM.
The driver stint order for #135 was Tresson, Völker and Kleen. For #137 it was set to Helmut, Horst Helmut.
As it was the first race of the season, at first every team was driving carefully. Around the middle of the first stint, the difference between the teams that prepared well during the winter break and those who didn’t started to show and yellow flags started to go up!
In the last lap of the first stint things suddenly changed. The leading #135 entered the pit with driver Tresson: Driver was changed, gas was refilled and tires were changed. Völker, who was in charge of the second stint, was just leaving the pit, when Helmut in #137 radioed the pit. “Helmut to pit. Just before Döttinger Höhe and close to Schwalbenschwanz ther I had a crash and landed off-track. I am fine, but we cannot continue the race!!”
c0084643_961959.jpg
135 号車の第2スティントを担当したVölker選手は、持ち前の冷静な走りを披露、落ち着いたレース運びを見せる。タイムが伸び悩んだり、トラブルでピットインしたりするライバルチームを尻目に、135 号車はコンスタントな速さをノルドシュライフェで発揮。
Völker 選手は、SP8 クラスのライバル車全てを周回遅れにする程のパフォーマンスを見せた。

第3 スティントを担当したのはKleen 選手。大幅なマージンを保ったまま戻ってきたVölker 選手からスティントを受け継いだKleen 選手は、ライバルとの差を鑑みた巧みなペース配分で北コースを走っていく。スティント中盤Kleen 選手からバイブレーション発生の無線が入る。一つの判断ミスが致命傷になりえるこのサーキットで、Kleen 選手は自身のノルドシュライフェでの知識と経験を活かし、車とレース状況にふさわしいドライビングを見せる。135 号車はライバル車との差を大きく保ったままチェッカーフラッグを受け、見事2014 年のVLN 開幕戦を勝利という最高の形で終え、また2013 年のVLN 終盤戦からクラス3 連勝を飾った。

ニュルブルクリンクでの速さ、安定感、そして車としての非常に高い成熟度を見せつけたCCS-R。今年のVLNSP8 クラスを牽引していくであろうCCS-R にとって、素晴らしい開幕戦となった。

Völker in #135 showed his usual cool driving and continued the race calmly. Unlike the rival teams that encountered difficulty improving their times and had to pit-in due to troubles, #135 sped constantly around the Nordschleife.
Völker showed a performance that left all SP8 rival cars a lap behind.

The third stint was fought by Kleen. Völker handed over a big margin against the competition to Kleen, who drove off at a model pace onto the north course. At the middle of the stint Kleen started noticing some vibration and radioed the pit. On this circuit, where one misguided decision can mean the end, Kleen used his own experience on the Nordschleife and adopted a driving style fitting to the cars condition. #135 was hence able to keep the gap to the competition and pass the checker flag. An exemplary opening race of the 2014 VLN season brought back triumph to the team and the victory actually was the third in a row continuing from the VLN 2013 season.

The CCS-R has reached a ripe stage looking at the speed, stability and demands on the car at the Nürburgring. It has been a great start into this year’s VLN SP8 battle for the CCS-R.

最終順位
135 号車:総合32 位/クラス優勝
137 号車:リタイヤ

Final ranking
#135: Overall: 32 / Class: Victory
#137: Retired
c0084643_963825.jpg

『Jordan Tresson 選手のコメント』
予選に関してはソフトタイヤがベストチョイスで上手くハマったね。新しいブレーキパッドもすごく良く効いて、タイムの伸びに繋がったと思うよ。本戦のミディアムタイヤは、勿論ソフト程のグリップは無いけど、1 スティント9 周ノルドシュライフェを走る事を考えると、とてもいいパフォーマンスだと思う
『Klaus Völker 選手のコメント』
第2 スティントで交代した時、既にクラス首位だったし、開幕戦でもあったから慎重に走った。途中フロントにバイブレーションが出たんだけど、サーキット上のゴミを拾っただけかもしれないと思い、出来るだけセーフティーに走る事を心掛けた。全体としてはとてもいいセッティングが出せているし、その結果クラス優勝出来て嬉しいね。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
タイヤに負荷が掛からない様に走った。2 位との差を確認しながら周回を重ねた。そうしている内に、ハブベアリングの疲労が原因と思われる、左右フロントからバイブレーションが感じられて、神経質に走らなければならなかった。確実にフィニッシュする為に、最後は総合トップのゴールタイミングも加味しなくてはいけなくて、ノルドシュライフェをペースを落として走るのは普通に走るよりかなり難しいんだ。結局総合トップとタッチの差で1 周多く走らなければいけなくなったけど、ウイニングランさせてもらう感じで楽しんだよ。
昨シーズン終盤から合わせて3 連勝、今シーズンは始まったばっかりだけど、この勢いを続けていきたいね。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
新しいブレーキパッドは、20%位パフォーマンスアップしている感じかな。大分遅くブレーキングに入ってもキッチリ止まってくれるね。タイヤに関しては去年より車を良くコントロール出来ると思うよ。順調に走っていたのだけど、スティント最終周に左前からクラッシュしてしまった。その時はステアリングが切れない状態になっていたし、ダメージの大きさも自分では判断出来なかったから、そこでレース続行を断念したよ。
『Horst Baumann 選手のコメント』
新しいタイヤ、ブレーキパッド共にパフォーマンスアップに繋がっていると思う。両方共車の制動に直結するから、ブレーキタイミング、ラインの取り方を再調整しなければならないけど、車の安定感が抜群だから、もっとポテンシャルを引き出せるようにしたいね。

『Jordan Tresson』
We made the right choice deciding to do the qualifying on soft tires. The new brake pads also were highly effective. I think they helped us to improve our time. The medium tires we used in the race of course did not have the grip of the soft tires, but considering one stint consists of nine Nordschleife laps, I thinkg they showed a great performance.
『Klaus Völker 』
At the driver change for the second stint, we were already at the top of the race, so considering it was the first race of the season I raced carefully. At some point I felt vibration from the front, but I thought it might just be some debris I collected on the course and just continued as safely as possible. Overall we had a good setup of the car and thanks to this were able to take the class victory.
『Uwe Kleen 』
I drove in a way to reduce strain on the tires. Always checking the gap to the second ranked car I did laps. I think origin of the vibration that I started to feel came from the left and right front and was tire of the hub bearing. I had to drive quite carefully in order to finish, which impacted on our overall timing. It is actually much more difficult to control your pace on the Nordschleife as opposed to driving at normal speed. Finally due to the gap with the overall leader we had to drive one lap more, but the feeling of being on a winning run was fun.
Continuing from last season it was the third win in the row. The season just started, but I want to continue on this momentum.

『Helmut Baumann 』
I felt the new brake pads increased performance of 20%. Even when going for the breaks quite late the car would stop effectively. Regarding the tires, I feel I can control the car better than last year. I drove quite constantly, but in my stints last lap I crashed the front left. That caused the steering to block and the damage was so big that I could not determine the issue myself, so I had to retire from the race there.
『Horst Baumann 』
The new tires and the brake pads have led to increased performance. As the breaks were updated, we needed to adjust our brake timing and how we take the line, but the cars stability is unsurpassable now and I want to go ahead taking good positions.

c0084643_965371.jpg



レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2014-04-22 09:07 | Tras Racing

<< VLN2014 Rd,2 VLN2013 Rd,10 >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。