TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

VLN2013 Rd,10
38. DMV Münsterlandpokal
c0084643_1493753.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2013/10/26
天候 曇り時々晴れ
エントリー 総数:155 台 SP8 クラス:6 台
出走 総数:150 台 SP8 クラス:6 台
完走 総数:110 台 SP8 クラス:4 台
ドライバー #135
・Jordan Tresson 選手・Uwe Kleen 選手・Klaus Völker 選手
ドライバー #136
・脇阪 薫一選手 ・中西 広高選手
ドライバー #137
・Helmut Baumann 選手 ・Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 26/10/2013
Weather: Cloudy and Sunny
Total entries: 155 cars; SP8: 6
Cars started: 150 cars; SP8: 6
Cars completing race: 115 cars; SP8: 4
Drivers #135: Jordan Tresson, Uwe Kleen, Klaus Völker
Drivers #136: Shigekazu Wakisaka, Hirotaka Nakanishi
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_1495614.jpg


予定通り12 時から開催された決勝。スタートの時点ではハーフウェットコンディションであったが、時間が過ぎると共に、路面が乾いていく。#135 #137素晴らしい走りを見せる。

The race started as planned at midday. The conditions were half wet, but as time progressed the surface dried up. Both #135 and #137 showed a great race.
c0084643_1410986.jpg
c0084643_14101782.jpg

第2スティントKleen 選手から、緊迫した無線が入る。「最終シケインで、左前から異常なバイブレーションが発生、緊急ピットインする! 左前のチェック、タイヤ交換とドライバー交代を頼む!!」。タイヤは、バースト寸前の状態だったが、僅かな挙動の変化を感じ取り、直ちにピットインしたKleen 選手の好判断が、レースの流れを更に引き寄せたといえる。

第3 スティント、ここから#137 Horst 選手は猛プッシュを開始、前を走るクラス3 位のアストン・マーティンとの差を、毎周2 分近く詰めていくというスーパーラップを連発する。遂にはCCS-R による、ノルドシュライフェ初の9 分切り、8 分59 秒558 を記録。その次の周では遂にアストン・マーティンを捉え、3 位に浮上する。

In the second stint with Kleen at the wheel an interesting message came in on the radio: “Since the last chicane, I am getting strange vibrations from the front left, so I will have to do an emergency pit stop. Please check that side, change the tires and change the driver!!” The tire was was about to burst, but thanks to the sensitive perception of Kleen and his immediate decision for a pit in, the impact of the incident on the race flow was only minimal.

For the third stint in #137, Horst was on the wheel and started to push. He managed to reduce the gap to the Aston Martin racing in front of him on class position 3 by incredible two minutes per lap! He achieved a CCS-R-first: A lap below 9 minutes at a recorded 8”59’558! In the next lap, he overtook the Aston and took the third position.
c0084643_14103298.jpg
c0084643_14104188.jpg

無事に2 台ともチェッカーフラッグを受け、#135 は前戦に引き続き、見事VLN SP8クラス2 連勝、#137 も3 位という、素晴らしい結果で2013 年シーズンを締めくくる事が出来た。

Both cars passed the checker flag safely. #135 followed up on its performance during last race and secured class victory for the second time in a row. #137 secured the great result of class rank 3 and brought the 2013 season to a wonderful end.
c0084643_14111188.jpg

今シーズンのLEXUS IS F CCS-R は、速さと安定性を兼ね備えた素晴らしい進化を遂げ、世界一過酷なニュルブルクリンクで90%以上という脅威の完走率を果たすことに!!

日本・ドイツ共同チームとして参加しているVLN シリーズ輝かしい成績を残し続けるLEXUS IS F CCS-R チームは、来年も更なる飛躍をすべく準備を整えています。ファンの皆様、期待してください!そして更なる応援を、よろしくお願いいたします。

This season the LEXUS IS F CCS-R showed improved speed and constance and achieved a finishing rate of over 90% on the world’s most challenging track.

The LEXUS CCS-R participated in a Japanese-German team in the VLN series and brought back a great result. Now the preparations for next year must begin with with even higher success as the target. Dear fans you may expect something! We ask you for your support again!

VLN10最終順位
135 号車:総合35 位/クラス優勝
136 号車:リタイヤ
137 号車:総合68 位/クラス3 位

Final Results at VLN10:
#135 overall rank 35 / class rank 1
#136: retired
#137 overall rank 68 / class rank 3
c0084643_14114345.jpg

『Jordan Tresson 選手のコメント』
ハーフウェットからのスタートを担当したけど、レース中に乾いてきて、どのタイミングでスリックに換えるのか、判断が難しかった。ライバル車との差も考えながらレース及びタイヤマネージメントを同時にこなすタフなスティントだった!ダブルイエローなども重なりタイヤマネージメントの助けにはなったね?ボス櫻井の戦略で、全スティントをウェットタイヤで通したけど、結果的にそれが順位をキープ、最終的にクラス優勝につながったから、嬉しいね。
今シーズンはLEXUS IS F CCS-R でとても良い経験をさせていただき感謝しています。
山内一典さん、ビックチャンスをくれて本当に有難う。
山内さん、来シーズンは是非一緒にCCS-R でVLN を走り切りましょう!
『Uwe Kleen 選手のコメント』
前回クラス優勝を果たしたから、その良い調子を持続出来る様、今回も良い成績を目指してチーム一丸となって頑張った。気を抜かずに行こうと思っていた矢先、最終シケインでフロントから明らかにおかしいバイブレーションが出た!迷わず緊急ピットイン。
バースト直前で危ない状態だったから、良い判断だったね。
その後のKlaus も慎重にレースをコントロールしてくれて前戦に引き続きクラス優勝!
#137 もトラブルがあったにも関わらず3 位!良い形でシーズンを終えることができた。
・2012年はSP8クラス優勝1 回・2013年はSP8クラス優勝2回・来年はクラス優勝3 回が目標だね?
LEXUS、RingRacing、TRD、TMG関わっている全ての人々に感謝します。来年もよろしく。
『Klaus Völker 選手のコメント』
今回は天候が不安定な中でレースが始まったから、気持ちを冷静に保つよう努力した。#137 がバースト、#135もバースト寸前で帰ってきたから、タイヤに気を使って自分のスティントをスタートさせた。2後続との差を気にしながらのレースだったから、難しいレースだったネ。レース終盤はセーフティーリードが保てていたから、タイヤマネージメントに気を使って周回しました。優勝できて本当に嬉しかった。

『脇阪 薫一選手のコメント』
今回はチームメイトの中西選手に、まずは車とコースに慣れてもらう、自分はそれをサポートする事を優先しました。自分は昔から“勝負は1 番にならんといかん”誰よりも速くないといかん!と言われてレースをしてきたのですが、ここニュルブルクリンクでは、これまでの参戦で、レースへのアプローチの仕方の違いを多く学びました。近視眼的に、一発の速さを求める為に全てを費やすのではなく、車を安全にチェッカーフラッグまで運ぶ事。ニュルブルクリンクでの耐久レースではそれが非常に大事で、それが出来て初めて、その先に何か得られるものがある。レースコンディションやコースコンディションも刻々と変化するから、本当に最後まで気を抜かず、一つ一つ冷静にこなし、経験則や曖昧な記憶で決め付けない。そうやってレースを生き残っていく事が大事だと思い知らされました。ここでの経験、チャンスを与えて頂いて、本当に感謝しています。
チームの皆様2013年お世話になりました。
『中西 広高選手のコメント』
ニュルブルクリンクでレースに参加出来るなんて夢みたいでCCS-R はとても乗りやすい車なので、安心できました。金曜日のプラクティスの時から少しずつコースに慣れてき、感触を掴んでいきましたが、初のノルドシュライフェは、とにかく驚きでした。道幅は狭くコーナーの数が多いだけではなく、右に左にうねっている。更にはその多くがブラインドで、これは世界中の人々を魅了するサーキットだな!と思いました。土曜日の予選、ノルドシュライフェに入って最初の1/3 周位、Adenauer Forst の辺りで、左にコースアウトしてしまいました。車の左前が傷んでいたのは分かったけど、とりあえず自走は出来るかな、と視認せずにそのまま再スタートしたのですが、Pflanzgarten の辺りで、車を左側のエスケープに出しましたが、思っていたよりダメージが大きかった。車のダメージを確認しなかった経験の浅さが出てしまいました。また修行し直して、いつか必ず再挑戦したいと思います。チームの皆様にはご迷惑をお掛けして、申し訳ありませんでした。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
ノルドシュライフェに入ったばかりのHatzenbach で、左前タイヤがいきなりバーストしてしまうという不運に見舞われたがレースを諦めず気持ちを落ちつかせた。ピットの皆は本当にフレキシブルに動いてくれて感謝している。車のことも何時もより理解出来てきて良かった。レースを諦めないことで無事完走、しかも3 位に入れて良かったよ。
来シーズンはCCS-R とRingRacing共にさらに進化したいね。
『Horst Baumann 選手のコメント』
今回も非常に満足のいく感じで車に乗れた。雨でのレースは、まだまだ自分でも上手に乗らないとダメだなという反省もある。2 回目のスティントの時は、兄貴や他の車でもタイヤのトラブルがあったから、タイヤに負荷をかけない様に乗った。2 周目からペースアップしていこうと思って、それがタイムにも反映されたから良かったね。まさか自分がCCS-R で最初に9 分を切れるとは思わなかったし、まだ信じられないけど、車の事がよく分かってきたという事かな。ドライビング中は楽しくて自分の順位なんて全然分かっていなかったから、パルクフェルメでクラス3 位に入れたと聞かされて、とても嬉しかったよ。

『Jordan Tresson』
I was in charge to start the race in the half-wef conditions. During the race the conditions dried up and the difficult question arose, whether to change to slick tires or not. It was a tough stint thinking about the gap to the rival cars as well as figuring out the optimal tire management. The double yellow flag actually might have helped with the tire management in the end. Following boss Sakurai’s strategy we fought all stints on wet tires. In the end we were able to keep our position and even happily win in our class.
I am very happy to have been able to experience this season with the Lexus IS F CCS-R.
I would like to thank Yamauchi Kazunori for giving me this big chance. Yamauchi-san, let’s race in the CCS-R together in the VLN next season!
『Uwe Kleen』
The great victory achieved this time, was achieved thanks to the great team work and hard work each and every one put in. I was in to fight for it, when suddenly at the last chicane an obviously strange vibration emerged from the front of the car. I needed to enter the pit urgently!
The tire had been about to burst, so it had been the right call. After this Klaus took control of the race and pulled through getting us class victory!
In 2012 we had one SP8 class victory; in 2013 we had 2 class victories. We have to set our target for 3 victories next year!
Everyone involved from the side of LEXUS, Ring Racing, TRD and TMG: Thank you very much! Let’s go for it again next year!
『Klaus Völker』
The race started in bad weather conditions, so I tried hard to stay cool. #137 had a burst tire and #135 came back right in time, as the tire was about to burst, so I tried to drive my stint with the health of my tires in mind. I also had to keep in mind the gap to the following car at the same time, so it was a hard race. In the end phase of the race I had a safe lead, so I could do my laps without putting too much force on my tires. I am very happy we were able to grab the victory!

『Shigekazu Wakisaka』
First of all I wanted my team mate driver Nakanishi to get used to the car and the course, so I supported him on that. Personally I have always been told in the past: “In a race you must win! You have to be faster than anyone else!” That is how I had approached racing too. However, here at the Nürburgring, I learned to approach a race quite differently. It is not about shortsightedly going full throttle and spend all your power on that, it is about bringing the car back safely to the checker flag. At the Nürburgring endurance races that is an extremely important thing. Only by approaching it in that way, may you achieve anything. The race and course conditions change throughout, so one has to stay on the ball until the very end making cool-headed decisions. There is no room for general rules or vague thinking! This is what I learned is necessary to remain in the race. I am very thankful for this learning opportunity. I would like to thank the whole team for their support in 2013.
『Hirotaka Nakanishi』
It has been like a dream to participate in a race at the Nürburgring. The CCS-R is a great car to drive and I felt safely calm in it. From the practice sessions on Friday onward, I was able to get a feel for the course little by little, however I was surprised at the first lap on the Nordschleife. Not only is the circuit very narrow, but also swerves from left to right. Furthermore you enter most of those turns blindly! No wonder this circuit fascinates people worldwide. At the qualifications on Saturday, on my first Nordschleife at around one third of the lap around Adenauer Forst, I got off course to the left. I knew I collided with my left front, but as I was still able to drive I left without checking the car. Around Pflanzgarten, I brought the car out into the escape area on the left side. The damage was larger than I had expected. Not having assessed the damage before reentering the race showed my lack of experience. After additional training, I will certainly challenge this race again one day. I would like to apologize to everyone on the team for the hassle caused this time.

『Helmut Baumann』
Just after entering the Nordschleife at Hatzenbach, the front left tire suddenly burst. We did not let this bad luck stop us from racing. Thanks to everyone in the pit, who worked so flexibly in the pit, we were able to go on! It was good to learn even more about this car than ever before. It was great to end up this race unharmed and even on the 3rd rank in our class!
We are looking forward to taking the CCS-R to the next level together with Ring Racing.
『Horst Baumann』
Again I left the race and riding the car with lots of satisfaction. I felt that I myself must improve my driving in raining conditions. Since in the second stint my brother as well as the other cars had some tire troubles I drove without putting too much strain on the tires. From the second lap on I increased my pace and was happy to see this reflected in my times. I never thought I would be the first one to take the CCS-R around the course under 9 minutes and still cannot believe it. Maybe it means I am getting to terms with the car. I was having lots of fun driving, so I was not aware of my ranking. When I was told we made 3rd rank in class in the parc fermé, I was really happy!
c0084643_1412495.jpg
c0084643_1412123.jpg


レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2013-11-04 15:44 | Tras Racing

<< VLN2014 Rd,1 VLN2013 Rd,9 >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。