TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

VLN2013 Rd,9
ROWE 250-Meilen-Rennen
c0084643_1341984.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2013/10/12
天候 曇り時々晴れ
エントリー 総数:174 台 SP8 クラス:9 台
出走 総数:162 台 SP8 クラス:9 台
完走 総数:115 台 SP8 クラス:4 台
ドライバー #135
・ Uwe Kleen 選手 ・ Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・ 脇阪 薫一選手 ・ Klaus Völker 選手
ドライバー #137
・ Helmut Baumann 選手 ・ Uwe Kleen 選手

Class: SP8 Class
Date: 12/10/2013
Weather: Cloudy and Sunny
Total entries: 174 cars; SP8: 9
Cars started: 162 cars; SP8: 9
Cars completing race: 115 cars; SP8: 4

Drivers #135: Uwe Kleen, Jordan Tresson
Drivers #136: Shigekazu Wakisaka, Klaus Völker
Drivers #137: Helmut Baumann, Uwe Kleen
c0084643_13141697.jpg

濃霧のため予選開始は2 時間遅れの10 時30 分、時間も短縮され60 分間となった。
#136総合40 位/クラス4 位と好位置につける。
#137 総合98 位/クラス8 位。
#135 参加車中唯一、タイム計測無しで予選を終える事となってしまう。

Due to thick fog, the qualifications started with two hours delay at 10:30 and were shortened to only 60 minutes.
Qualifying Results:
#136 overall rank 40 / class rank 4
#137 overall rank 98 / class rank 8
#135 exceptionally the car ended the qualifications without a time measurement.
c0084643_13143772.jpg

12:00決勝レーススタート予選までのトラブルが回避された#135は、順調にレースを重ねていく、#136は2度もタイヤバーストに見舞われる!一度目はGP コース上、スロー走行で緊急ピットインとなった。2度目はノルドシュライフェに入って間もなく、約20kmをバーストしたまま脇阪41選手は車を上手くコントロールし、ピットイン。
#137にも予期せぬトラブルが発生!左リアのタイヤが外れなくなってしまった!ついにピットクルーはホイールをカットして、問題となっているハブボルトを切り落とす事を決断する。戦線復帰したが、30 分以上をロスすることになる。

After resolving the issues from the qualifying, #135 started the race well at 12:00. #136's tires burst twice: Once on the GP track, having to drive back slowly to the pit. The second time was right after entering the Nordschleife, having to drive back 20km with a burst tire. Driver Wakisaka 41 was able to control the car well and reach the pit safely.
Unexpectedly #137 also ran into trouble! The left rear tire was no longer removable! Immediately the pit crew decided to cut off the wheel and remove the hub bolt. The car was able to recover but lost precious 30 minutes.
c0084643_13152516.jpg
c0084643_13153139.jpg
c0084643_13153741.jpg
c0084643_13154478.jpg
c0084643_13155124.jpg
c0084643_1316185.jpg
レース中盤以降、ライバル車が相次いでリタイア!!
レース残り約40 分、135 号車は遂にクラス1位に踊り出る。 そのまま、後続との余裕を保ちチェッカーフラッグ!!!
LEXUS IS F CCS-R今季初勝利!他の2 台もクラス3位、4 位に入り、CCS-R の3 台は素晴らしい結果を残す事が出来た。2013年のCCS-R は完走率が非常に高くポイントも2012年に比べて格段に多く獲得してきたが、VLN9で遂にクラス優勝を果たした。今季は残すところ、あと1 戦今回のように高いパフォーマンスを発揮する事を期待したい。

At the middle of the race, rival cars retired one after the other!!
40 minutes to the end of the race, #135 was finally on its way to finish on class rank 1. The car was able to keep the distance to its followers and continue on that rank racing past the checker flag!!
The first triumph of the season for the Lexus ISF CCS-R! The other two vehicles ended on class rank 3 and 4. The three CCS-Rs were able to bring back a great result! Compared to 2012 in 2013 the number of times the CCS-Rs finished the race was much higher, resulting in many more points than in the prior season. Finally in VLN9 we were victorious. With only one more race to go in this season, we hope to show this kind of high performance again.
c0084643_13162864.jpg
c0084643_13165810.jpg
c0084643_1317445.jpg
c0084643_13171574.jpg

最終順位
135 号車:総合25 位/クラス優勝
136 号車:総合50 位/クラス3 位
137 号車:総合101 位/クラス4 位

Final Results:
#135 overall rank 25 / class rank 1
#136 overall rank 50 / class rank 3
#137 overall rank 101 / class rank 4

『Uwe Kleen 選手のコメント』
前戦からのトラブルが解消されなかった135 号車が、決勝ではノートラブルで優勝出来て本当に嬉しい!137 号車に物理的トラブルが出て、レースの厳しさというか、面白さというか、色々と経験させてもらった。自分のスティントで乗っている時には、どちらの車共、ピットとも上手く交信出来て、ボス櫻井さんと共にレースをを進めていった。それがチーム全体としての好成績にも繋がった。ピットクルーも毎戦フレキシブルに対応してくれているし、苦労の末に皆で掴んだ勝利を、素直に喜びたい!!!
『Jordan Tresson 選手のコメント』
135 号車は、前戦からトラブルに悩まされていて、決勝でその鬱憤が晴らせて良かった。自分は走って結果を出すしか無いから、トラブルが再発しないか心配だったけど、無事に
走れて良かった。自分は最初の2 スティントを担当して、Kleen 選手が最後まで素晴らしいドライビングでレースをコントロール。ライバル車のトラブルもあって、最後にはクラス優勝が出来た♪クラス2 位、1 位と順位を上げていって、優勝が見えてきた時には、チェッカーが待ち遠しかった。チーム皆で勝ち取った勝利は最高です。

『脇阪 薫一選手のコメント』
今回の車の安定性には満足している。もう少しストレートが速くなる仕上がりにしたかった。決勝で足回りを変更して、結果としてタイムを上げる事は出来たけど、まだまだ早く走れるはず?ノルドシュライフェに入って、バーストしたのが比較的安全な場所だったから、スローダウンしながらピットに戻れたけど、今思うとぞっとするよ。
取り敢えず最低限の結果は出せた感じ。次戦はもっとストイックに攻めて行くので応援よろしくお願いします。
『Klaus Völker 選手のコメント』
ポルシェやM3 に負けない戦闘力があるから、ノルドシュライフェで勝負出来るのは楽しくて仕方がない。毎周定時連絡の無線で、他の2台のチームメイトがどの辺りを走っているかを把握できて彼らとのペースの違いレースコンディションを計算していくのも良い経験に結びつく。自分のスティント最終周に入って、GP コース走行中にタイヤがバーストしてしまったのは残念だったけど、直ぐにショートカットしてピットイン出来たから、ロスは最小限に抑えられたと思う。タイヤに関しては136 号車はアンラッキーだったと思うけど、結果が残せて良かったよ。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
今回もレースを楽しめたし、CCS-Rには大変満足しているよ。毎レース自分のベストラップを更新しているし、本当に楽しい♪前回はクラス3 位、今回はクラス4 位で、安定して良い成績も残せて大満足。もっともっと車の事を理解していけば、まだまだタイムは伸びると思う、あと10 秒は早く走れる!来週は練習する時間もあるから、最終戦に向けた自己鍛錬に励む事にします。来週は練習する時間もあるから、最終戦に向けた自己鍛錬に励む事にします。


『Uwe Kleen』
I am really happy that after all the troubles we had with #135 in the prior race, we were able to get the 1st rank without encountering any troubles. #137 had some physical troubles and a difficult race. Still, it was an interesting way to gain some new experience. During my stint I was able to communicate with the pit well and thus was able to plan out the race together with boss Sakurai-san. This resulted in good results for the whole team. The pit crew flexibly addresses the challenges thrown at them during each race. I am really happy that we were able to achieve a graspable win for everyone.
『Jordan Tresson』
After the troubles with #135 last time, it was great to be able to let off all that steam during the race. The only thing to do for me was to race and get a good result. Of course I was worried that we would again run into trouble and was glad that we were able to race without problems. I was in charge of the second stint after Kleen had shown great and controlled driving throughout his stint. The rival cars having troubles, we were able to take the victory home. Climbing ranks from 2nd to 1st, I could not wait for the checker flag. It is wonderful to have won together with everyone of the team.

『Shigekazu Wakisaka』
I am very happy with the level of stability of the car this time. I wanted to adjust the car to get a little bit faster on the straight through. During the race I changed the settings of the chassis and was able to improve the time. However, I still think we are able to race even faster. Where I encountered the tire bursting was in a comparably safe place and I was able to drive back slowly, but thinking of it now, that was scary.
After all I feel like we got the minimum result out of it. Next race we will improve stoically, so please support us!
『Klaus Völker』
As we have the fighting powerl to win against Porsche and M3, the races on the Nordschleife are immensely fun. Thanks to the radio call at each lap, I can find out about the other two team mates position on the circuit and calculate the conditions on the track. Entering the last lap of my stint my tire burst on the GP course. This was unfortunate, but I was able to take the short cut back to the pit and reduce the time loss to a minimum. Regarding tires #136 was unlucky, but we were still able to get a good result.

『Helmut Baumann』
The race was fun and I was thoroughly satisfied with the CCS-R. At each race I am improving on my personal best lap and it is really fun. Last time we finished on class rank 3, this time on class rank 4. I am happy we are showing a stable performance and good results. The more I learn about the car, I think I still can improve on the time and get another 10 seconds out of it! Next week I have time to train, so I will practice hard for the season’s final race.

c0084643_1317311.jpg
c0084643_13174038.jpg


レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
by carbon_tras | 2013-10-25 13:18 | Tras Racing

<< VLN2013 Rd,10 VLN2013 Rd,8 >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。