TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

VLN2013 Rd,8
45. ADAC Barbarossapreis
c0084643_1829689.jpg

クラス SP8 クラス
開催日 2013/9/28
天候 晴れ
エントリー 総数:172 台 SP8 クラス:9 台
出走 総数:164 台 SP8 クラス:7 台
完走 総数:119 台 SP8 クラス:4 台
Class: SP8 Class
Date: 28/9/2013
Weather: Sunny
Total entries: 172cars; SP8: 9
Cars started: 164 cars; SP8: 7
Cars completing race: 119 cars; SP8: 4
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #137: Helmut Baumann, Horst Baumann


秋も深まった雰囲気のニュルブルクリンク9月28日(土曜日)VLN 第8 戦、45. ADAC Barbarossapreis が開催された。
土曜日朝の予選で、2 台のCCS-R の明暗が分かれる。135 号車は金曜日午後からトランスミッションのトラブルに見舞われていた。

An autumnal atmosphere awaited the VLN8 (45. ADAC Barbarossapreis) on Saturday September 28 at the Nürburgring.
The qualifications on Saturday morning revealed the unequal fate of the CCS-Rs with only two of them on track. #135 had had transmission problems since Friday afternoon.
c0084643_18293097.jpg

予定通り12:00に4時間の耐久レースがスタート。
#135は、マニュアルモードに移行出来ず、自動変速のままではレーシングスピードでドライバーの意思通りに走る事は難しく、ペースが上がらない。このまま走行を継続する事は危険と判断し、残念ながらリタイヤする事となった。

The 4-hour endurance race was started according to plan at 12:00. #135 was not able to shift gears in manual mode, so we had to let the drivers’ feeling guide the automatic gearshift. Of course this was very difficult and the lap times slow. We decided that it would be dangerous to continue the race like this and unfortunately had to make the call to retire from the race.
c0084643_18294153.jpg

終始、ハイペースなレース展開はドライバーを消耗させ、いつもより燃料も必要になってくる。SP8クラストップ総合でも首位争いを演じていたManthey ポルシェ911GT3RSR #145がコースアウト、同2 位のFerrari F458 #457がバックストレート後半でガス欠。結局この2 台はコントロールラインに戻る事はなかった。

From beginning to end this was a high paced race, wearing out the drivers and consuming more gasoline than usual. The Manthey Porsche 911 GT3 RSR #145 committed to get the 1st place on the podium lost its way off the course and the number two Ferrari F458 #457 ran out of fuel on the end of the back straight. Both vehicles could not make it back to the control line.
c0084643_18301979.jpg
c0084643_18303098.jpg
c0084643_18304051.jpg
c0084643_1831924.jpg
c0084643_18312169.jpg
c0084643_18313128.jpg

レース後半の追い上げが実った137 号車は、そのまま無事にチェッカーフラッグを受け、見事に総合35 位、クラス3 位入賞を果たした。Baumann 兄弟は、自身で購入したCCS-R での参戦4 戦目にして快挙を成し遂げ、CCS-R はまたしても世界一過酷なサーキットの一つであるニュルブルクリンクにその名を刻んだ。

#137 caught up during the second half of the race and was able to pass the checker successfully racing to overall rank 35 and class rank 3 on the podium! The Baumann brothers in the fourth race in their personally owned CCS-R and performed greatly engraving the CCS-R once again further as being one part of the Nürburgring!
c0084643_18314273.jpg
c0084643_18315584.jpg
c0084643_1832623.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
今回は金曜日のプラクティスからトランスミッションにトラブルが出て、中々まともにセッティングを詰めることが出来なかった。今の車は電子制御で管理されている部分が多いから、視認出来る物理的トラブル以外は特定するのも難しいね。
トラブルの原因はある程度限定出来たから、次のレースで今回の鬱憤を晴らす事にするよ。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
今回は自分達の想定外のトラブルに悩まされて、その原因特定が本当に難しかった。CCS-R がニュルブルクリンクで参戦し始めて以来同じトランスミッションを使っていたから、そろそろあの辺りに寿命が来るはずだとは思っていたけど、これはまだデータがない領域だから、次の開発にフィードバックされるといいね。新しいタイヤはどの様に使うと、どういった走りが出来るかが確認出来たから、次のレースでは期待して欲しいよ。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
新しいソフトコンパウンドのタイヤはグリップも増して、車のコントロールがよりしやすくなったね。もう少し足回りを固めにしてもいいかもしれないけど、VLN は耐久レースだからリスクマネージメントも大事。あくまでも車の安定性を失わない範囲で少しずつセッティングを詰めていこうと思う。 次戦にはトラブルシュートしたCCS-R で良い成績を残したい。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
CCS-R 乗る度に車の事をより理解出来て、今回はそれがある程度結果を伴ったものになったと思うよ。この車は本当に気持ち良く乗れて、安定感も抜群。自分のミスで少しコースアウトしてしまったけど、無事に、そして良い成績を伴って完走出来てよかった。ピットクルーの皆も一丸となってサポートしてくれて、皆で勝ち取った入賞だ!これからもセッティングを詰めていって少しずつ早くなって行きたいけど、あまりピーキーな車になってCCS-R の安定感が損なわれないよう、慎重に取り組んでいきたいね。
『Horst Baumann 選手のコメント』
今回のヨコハマタイヤは、自分が思い描いている理想のラインにかなり近い所を攻める事が出来て、車のポテンシャルを引き出すのに素晴らしい効果をもたらしてくれた。タイヤライフコントロールもやりやすくなったよ。レースコンディションによって走り方をコントロール出来れば、タイムも揃うようになってきたし、本当に乗っていて楽しい。タイヤのグリップが良くなったから、ギリギリまで攻めていけるようになったね。こんなにポテンシャルが高いから、8 分50 秒辺りまでは目指してみたい。素晴らしい週末になったよ。

『Klaus Völker』
From the Friday practice onwards we had trouble with the transmission and couldn’t find the right setting. As cars nowadays are controlled largely my electronics, it is difficult to find and identify issues, which are non-physical.
We could circle the root issue more or less and I will make sure to let off my steam over this issue at the next race.
『Uwe Kleen』
We were hit by troubles we could not predict this time and they were hard to figure out. Since the CCS-R started participating in races at the Nürburgring we have been using the same transmission so I thought its life span might be coming to an end, but this is an area we do not have any data on. I hope in the next development stage this feedback will be considered. We are at a point where we know how to implement and handle the new tires and we shall implement this experience well at the next race.
『Jordan Tresson』
With the new compound tires we have a better grip providing better control over the car. Maybe it would be good to harden the settings, but as the VLN is an endurance race, risk management is important as well. So we shall little by little improve the settings without losing the stability of the car. Next race I want to leave a good result with the fully troubleshot CCS-R.

『Helmut Baumann』
Each time I drive the CCS-R, I understand the car better, this time this helped to a certain extent to achieve our result. This car really feels great to drive and its stability is unbeatable. Due to my own mistake I was off the course a little. Coming back safely and even driving to the podium was great! Thanks to the support from everyone in the pit crew, we were able to win this prize for all of us! Continuing from here we want to go ahead and tweak the settings on the car to gain speed without making it into a too edgy car losing its stability.
『Horst Baumann』
I was able to drive the Yokohama tires on exactly the line I wanted to and could unleash the potential of the car bringing out a good result. The tire life control was not so easy. If I am can adjust my driving style to the race conditions, the good lap times follow. This is when it gets fun! As the tire grip improved I was able to attack to the limit. With this high potential I saw, I want to aim for an 8”50’ lap time. It was a great weekend!

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
c0084643_18322033.jpg

by carbon_tras | 2013-10-04 18:16 | Tras Racing

<< VLN2013 Rd,9 VLN2013 Rd,7 >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。