TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

VLN2013 Rd,4
44. Adenauer ADAC Simfy Trophy
c0084643_20282895.jpg

参戦クラス:SP8
開催日 2013/6/22
天候 曇り時々雨
エントリー 総数:186 台 SP8 クラス:9 台
出走 総数:173 台 SP8 クラス:8 台
完走 総数:156 台 SP8 クラス:7 台
ドライバー #135
・ Uwe Kleen 選手 ・ Klaus Völker 選手
・ Jordan Tresson 選手
ドライバー #136
・ Helmut Baumann 選手
・ Horst Baumann 選手

Class: SP8 Class
Date: 22/6/2013
Weather: Cloudy with rain
Total entries: 186 cars; SP8: 9
Cars started: 173 cars; SP8: 8
Cars completing race: 156 cars; SP8: 7
Drivers #135: Uwe Kleen, Klaus Völker, Jordan Tresson
Drivers #136: Helmut Baumann, Horst Baumann
c0084643_2029944.jpg

ウイークに入り天候は不安定、ニュルウェザーで、ドライ〜ハーフウェットのコンディションでの幕開けとなったVLN第4戦。
土曜日の朝8 時30 分から10 時迄行われた予選では、両車共クリアラップを中々取れず、苦労を強いられる。
タイムアップを果たすもののSP8クラスのライバルチームも戦闘力を上げてきており予選結果は#135  9 分14 秒924 で総合58 位、#136 9 分22 秒127 で総合71 位。

Entering the VLN week, the weather was unstable. It is classic Nürburgring weather that makes for dry to half wet tyre conditions, as the curtain opens for the fourth VLN challenge. During the qualifying from Saturday 8:30 to 10:00AM both cars were having trouble finding a clear lap. The rival teams of the SP8 class were increasing their efforts as ever. The results of the time lap were as follows. #135 with 9”14’924 leading to overall qualifying rank 58. #136 with 9”22’127 leading to overall qualifying rank 71.
c0084643_20293541.jpg

予定通り正午に決勝がスタート。序盤、両車共に50 位前後をキープする順調な出だしを見せる。KlausVölker 選手、Horst Baumann 選手の両者が乗るCCS-R は、非常に安定した走りを見せ、ジリジリと順位を上げていく。
しかし、レース4 周目辺りから時折雨がパラつき始め、その影響からかクラッシュによるイエローフラッグが多くなってきた。
ピットでも、第1 スティント終了ギリギリ迄スリックとレインタイヤ両方を考慮した準備を進めるが、ニュルブルクリンクを熟知したチームは、スリックタイヤ続行の決断と共に、ピットに両車を迎え入れる。
第2 スティントは135 号車にJordan Tresson 選手、136 号車にHelmut Baumann 選手が搭乗。コンディションが徐々に厳しくなっていく中、CCS-R は中盤第2 スティントでも安定した走りを続ける。特に今レースがVLN デビュー戦となるTresson 選手は、デビューとは思えない素晴らしい走りを見せ、イエローフラッグのみならず、ダブルイエローも毎周発生する過酷な条件下で、順位を着実に上げていく。
第2 スティントを終えようとしていた所、レースは急変する。ピットは第3 スティントの準備に追われていたが、突如レースは赤旗中断となり、車両をパルクフェルメに移動するよう、レース本部より指示が出る。時刻は14 時40 分、通常であれば再開の可能性もある時間だったが、この措置はレース終了を意味していた。
レース本部からの発表によると、Opel Astra で参戦していたWolf Silvester 選手が、心臓発作によりマシンをコントロール出来ずにコースアウト、レスキュー隊による懸命の蘇生措置が行われたが、搬送中に死亡が確認された。死因はクラッシュによるものではないものの、主催者側の迅速な判断は的確なものでした。
Wolf Silvester 選手のご逝去を悼み、ご遺族ならびに関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げます。
2 台のCCS-R は今回、非常に安定した走りを見せ、そのポテンシャル、パフォーマンスの高さを証明出来た。このまま順調に経験を積み、ポイントを積み重ね続けて行く事が出来たら素晴らしいシーズンとなるであろう。最終順位は、#135が総合30 位/SP8 クラス3 位、#136 は総合45 位/SP8 クラス6 位。

The race started as planned. First the cars strived to keep a rank around 50th. The CCS-R drivers Klaus Völker and Horst Baumann both show a steady race and manage to climb the ranks slowly but surely. However, from the fourth lap onwards rain started to fall intermittently. This led to crashes and yellow flags.
In the pit, considering until the end of the first stint, both slick and wet tyres were prepared. The team, knowing the Nürburgring well, decided to continue with slick tyres as it called the cars in.
The second stint was fought by Jordan Tresson in the #135 and Helmut Baumann in the #136. Despite conditions growing constantly worse during the middle of the race, the CCS-R continued to race steadily. Especially Tresson, who raced the VLN for the first time, showed a performance unlike a debut and continuously climbed the ranks despite yellow and double yellow flags being shown each lap.
During the second stint the race suddenly changed. Race control called the red flag, just when the preparations for the third stind in the pit had been completed. The cars retired to the parc fermé. At 2:40PM the race was declared finished.
Race control announced that driver Wolf Silvester, who was racing in the Opel Astra, had experienced a cardiac episode and had lost control over his machine. He subsequently ran off the circuit. The rescue team initiated life saving actions, however during transportation death was confirmed. Death resulted not from the crash, but due to other medical reasons and the race organization decided clearly and rightly to end the race.
As we mourne the passing of Wolf Silvester, we would like to send our condolences to his family and team members.
Both CCS-Rs showed a steady race this time. Their potential and high end performance capability was proven. If we continue to gain such experience and success, we will accumulate points and can aim for a great season. The final rankings were as follows: #135: Overall 30th and 3rd in the SP8 class. #136: Overall 45th and 6th in SP8 class.
c0084643_2030124.jpg
c0084643_20302683.jpg

『Klaus Völker 選手のコメント』
今回のレースは、スタートドライバーを担当しました。
CCS-Rは全体的に良いセッティングが出ています。アンダーステアも解消されてタイムも刻めるようになっています。
『Uwe Kleen 選手のコメント』
赤旗中止により、今回は結局予選しか走ってない、車のセッティングは大分固まってきた。ハードコンパウンドのタイヤがセッティングにうまくマッチして安定感が増してきたので、この方向でセッティングをもっと詰めていく事になると思う。予選ではクリアラップが取れなくて苦戦しました。
『Jordan Tresson 選手のコメント』
チャンスを提供して頂いた山内一典さんに感謝したいです。車のバランスが非常に良いですね!ブレーキ、タイヤも素晴らしい!!コーナリングもスムーズ!!!ノルドシュライフェの厳しさ、という経験も出来た。
コンディションが悪くなっても、車の電子制御システムが素晴らしかったから、気持ち良く走れたよ。
私にとって今回のレースは「クラス3 位入賞なんて驚くほど見事な出来です!!」
Silvester 選手のご冥福を祈ります。

『Helmut Baumann 選手のコメント』
CCS-R でのレース経験を積む為に色々試しながら走った。
攻めるところが見えてきたから次戦はもっと良い結果が期待出来るよ。
『Horst Baumann 選手のコメント』
CCS-Rは、どの点を取ってもポジティブ。兄が走ったプラクティスでセッティングを変え乗りやすくなった、土曜日のレースは良い仕上がりでとても満足。決勝ではVölker 選手とあまり変わらない位のタイムで走れて楽しかったよ♪~
ブレーキは「ファンタスティック」と表現出来る位素晴らしいね。

『Klaus Völker』
“This race I was the starting driver. The CCS-R has good overall settings. We were able to resolve the understeer issues, which is now helping us to cut the time.“
『Uwe Kleen』
“Due to the race being red flagged, I only drove during the qualifying this time. The settings of the car have been more or less settled at this point. As the hard compound tyres matched our other settings well, the stability of the car increased. I believe we will go ahead with this setting. Despite this, I had rough going in the qualifying as I was unable to find a clear lap.“
『Jordan Tresson』
“First of all, I would like to thank Kazunori Yamauchi for giving me a chance to race. This car’s balance is really great! Breaks and tyres alike were incredible!! The cornering was also smooth!!! I was able to experience the difficulties of the Nordschleife. Although the conditions were bad, the car’s electronic control system was great, so I was able to drive comfortably. For me being able to finish the race 3rd was a big and pleasant surprise!
My condolences to Wolf Silvester’s family and friends.“

『Helmut Baumann』
“To increase my experience, racing in the CCS-R, I tried out various things during this race. I have identified several things I want to improve, so I expect a better result in the next race.“
『Horst Baumann』
“Everything about the CCS-R is positive! Changing the settings, my brother used during practice, the car was easy to handle. I was pleased with the finish we made on Saturday’s race. It was a great feeling to drive at almost the same rank and time as Völker during the race. The breaks can really be called FANTASTIC!“

レポート:櫻井 崇
Report: Takashi Sakurai
c0084643_20304914.jpg

by carbon_tras | 2013-07-11 20:31 | Tras Racing

<< VLN2013 Rd,5 VLN2013 Rd,3 >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。