TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

Rd.16 Australian GP 16 OCTOBER
Rd.16 Australian GP 16 OCTOBER

Photo:RIZLA+.SUZUKI MotoGP
c0084643_18341533.jpg

 10月16日、フィリップ・アイランド・サーキットで開催されたMotoGP世界選手権第16戦、リズラスズキのアルバロ・バウティスタは、今季ドライコンディションでのベストリザルトが期待されたが、レース中に突然降り出した雨の中で転倒、リタイアとなった。
 公式予選2位のJ・ロレンソ(ヤマハ)が決勝前のウォームアップ走行で転倒負傷し決勝への出場を見合わせたため、前日の公式予選で4位のバウティスタは、決勝では3番グリッドからのスタートとなり、レース開始直後から表彰台争いに加わった。やがて前を走るN・ヘイデン(ドゥカティ)と2台の競り合いによってややペースが下がり、バウティスタがヘイデンをかわし前に出たときには、後方から追い上げてきたV・ロッシ(ドゥカティ)もバトルに加わり、三つ巴の展開に。14ラップ目、バウティスタをパスしようとしてロッシがクラッシュしたが、バウティスタはこれに巻き込まれることなく、後方のヘイデンとの差をさらに広げ、今シーズンのドライレース自己ベストとなる5位フィニッシュは確実かと思われた。しかしながら、レースが進むにつれて空には活発な雨雲が広がり、とうとう強い雨が降り出したところでバウティスタは転倒。怪我はなかったが、フィニッシュまであと4ラップというところだっただけに失望は大きかった。
 強い風と変わりやすい空模様の下、フィリップ・アイランド・サーキットにはおよそ4万4000人の観客が詰めかけた。オーストラリア出身のC・ストーナー(ホンダ)が勝利し今季のタイトル獲得したことで、地元ファンは沸いた。
 今シーズンも残すところあと2戦、次戦のマレーシアGP・セパンサーキットでは、ワイルドカードでジョン・ホプキンスが加わり、リズラスズキは2台体制での闘いとなる。

Rizla’s Suzuki’s Álvaro Bautista crashed out of this afternoon’s Australian Grand Prix during a sudden rain-shower as he looked certain to claim his best dry finish of the season.
Starting from third on the grid, due to Jorge Lorenzo’s withdrawal because of an injury he sustained in this morning’s warm-up, Bautista was immediately involved in the battle for a podium position. He got into a fight with Nicky Hayden that cost the pair some pace and by the time Bautista got past the American, Valentino Rossi had caught them to make it a three-way battle. Rossi tried to make a pass on Bautista, but crashed, causing the Suzuki star to take avoiding action. Bautista made a break from Hayden and looked to be heading for a season’s best dry result of fifth, but as the laps wore on the rain clouds gathered and a brisk, but heavy rain shower caught out the Spaniard and he crashed with only four laps remaining. He was uninjured, but bitterly disappointed to see the opportunity slip away.
Almost 44,000 fans packed into a very windy and changeable Phillip Island circuit and the majority of them left happy as they witnessed local hero Casey Stoner secure the World Championship with a comprehensive victory.
Rizla Suzuki now heads directly to Malaysia for the penultimate round of the season, where Bautista will be joined by wild-card rider John Hopkins to mount a two-man attack at the Sepang circuit.
c0084643_18343761.jpg
c0084643_18344695.jpg
c0084643_18351332.jpg
c0084643_18352077.jpg
c0084643_18352687.jpg


・・・RACE DATA
■2011MotoGP第16戦オーストラリアGP
■開催日:2011年10月16日(日)決勝結果
■開催地:オーストラリア/フィリップアイランド(4.448km)
■周回数:27周(120.096 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:14度 ■路面温度:26度
■PP:C・スト―ナー(1分29秒975/ホンダ)
■FL:C・スト―ナー(1分30秒629)
Round: Round: 16 - Grand Prix of Australia(Classification after 27 laps = 120.096 km)
Circuit: Phillip Island, Australia
Date: 16 October 2011
Circuit Length: 4.448 km
Practice condition: Dry
Air: 14 C
Ground: 26 C
PP: C. Stoner(1'29.975/Honda)
FL: C. Stoner(1'30.629)

c0084643_1835512.jpg
c0084643_18355862.jpg
c0084643_1836444.jpg
c0084643_18361154.jpg
c0084643_18362628.jpg
c0084643_18363291.jpg
c0084643_18364021.jpg

・・・RESULT
順位ライダーチームマシンタイム
1C・スト―ナーRepsol Honda Team Honda42'02.425
2M・シモンチェリSan Carlo Honda Gresini Honda+2.210
3A・ドビツィオーゾRepsol Honda TeamHonda+2.454
4D・ペドロサRepsol Honda Team Honda+13.160
5C・エドワーズMonster Yamaha Tech 3 Yamaha+30.886
6R・ド・ピュニエPramac Racing TeamDucati+48.800
7N・ヘイデンDucati Team Ducati+1'16.314
8T・エリアスLCR Honda MotoGPHonda+1Lap
9L・カピロッシPramac Racing TeamDucati+1Lap
10K・アブラハムCardion AB MotoracingDucati+2Laps

Pos.RiderTeamMachineLap
1C. StonerRepsol Honda Team Honda42'02.425
2M. SimoncelliSan Carlo Honda Gresini Honda+2.210
3A. DoviziosoRepsol Honda TeamHonda+2.454
4D. PedrosaRepsol Honda Team Honda+13.160
5C. EdwardsMonster Yamaha Tech 3 Yamaha+30.886
6R. De PunietPramac Racing TeamDucati+48.800
7N. HaydenDucati Team Ducati+1'16.314
8T. EliasLCR Honda MotoGPHonda+1Lap
9L. CapirossiPramac Racing TeamDucati+1Lap
10K. AbrahamCardion AB MotoracingDucati+2Laps
c0084643_18365746.jpg

アルバロ・バウティスタ DNF
「今日は最初から順調だったのに、最後にがっかりする結果になった。スタートはそれほど良くなかったが、トップグループの中で表彰台を目指した。数ラップするとタイヤのグリップが落ち始め、ニッキー(ヘイデン)とのバトルが始まって、前のライダー達には離された。ニッキーをパスしてからは、消耗したタイヤから最大限のグリップを得てベストを尽くすことに集中した。あのまま5位でフィニッシュできれば、納得のいく結果になっていただろう。レースの最中ほとんど、ところどころで雨が降っていて毎周回のように状況が変わる、難しいコンディションだった。第10コーナーでフロントスクリーンに雨粒が見えて、あっと思った瞬間には転倒していた。路面はかなりウェットで、どうすることもできなかった。この週末、チーム全員が素晴らしい仕事をしてくれて、今シーズン初めてのフロントロースタートだったのに、申し訳なく思う。5番手を走って順調なレースだったのに転倒してしまって、頑張ってくれたチームの皆には本当に申し訳ない。今回のレースで得たすべての前向きな材料を次のマレーシアGPに生かして、きっと良い結果を出せると信じて頑張りたい。」

Álvaro Bautista:
“It was a good, but in the end disappointing race for us today. We didn’t start so well, but I was with the front group and very close to the podium battle. After a few laps, when the tyres started to lose their grip, I started to fight with Nicky and we lost time to the others. After I got away from Nicky I tried to concentrate to get the most from the used tyre and do my best. I just had to finish the race to get a fifth place, which would have been a good result here. The conditions were difficult though because during the whole race it was raining in some parts of the track and each lap seemed different. In turn 10 I saw some drops of rain on the screen and before I could even think to react I crashed - the surface was very wet and I just couldn’t do anything about it!
“I am sorry for the whole team because they did a fantastic job for the whole weekend and we started from the front row for the first time this year. We were in fifth in the race and looking good, so I’m really sorry for the crash – those guys deserved something from this weekend. We now have to look forward to the next race and take all the positives from here to Malaysia and I’m sure we can go well there.”



ポール・デニング 監督
「フィリップ・アイランドでのこの週末、我々は非常に多くの前向きな結果を得たが、一方で“もしも~ならば”というコメントをするのは、まったく残念なことだ。アルバロは、すぐ前にライダーもいない状況で、雨が強く降っていることを知らなかった。ちょうど悪い時に悪い場所にいたとしか思えない。転倒は我々全員にとって本当に残念なことだが、GSV-Rの大きな有望性について確認することができた。4、5ラップの間ニッキーとのバトルに関わって前のホンダ勢のリードを許したあの状況がもしもなかったなら、実際のレースペースはもっとずっと速くなっていたと思う。次のマレーシアは、これまでもスズキと相性の良いトラックであり、ジョン・ホプキンスも参加するので、良い結果が出せることを期待したい。」

Paul Denning – Team Manager:
“There are so many positives to be taken from this weekend at Phillip Island, that it’s really unfortunate to be making another ‘if only’ comment! Álvaro had no idea that it was raining that hard and with no rider directly in-front of him it just looked like he was in the wrong place at the wrong time! It’s really unfortunate for all of us, but the promise shown by the GSV-R was huge and I think the race-pace potential could have been a lot better if we hadn’t have got hung up with Nicky for four or five laps, and allowed the Hondas to escape.
“Malaysia’s next, it’s been a good track for Suzuki in the past, we’ve got John Hopkins joining the team and a chance to have another go at a decent result – we’re looking forward to it!”
c0084643_18372186.jpg
c0084643_18372846.jpg
c0084643_18373324.jpg
c0084643_18373987.jpg

by carbon_tras | 2011-10-18 18:37 | Trasからのお知らせ

<< Rd.17 Malaysian... Rd.15 Japan GP ... >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。