TrasNEWS

トラスより最新情報のご案内

Rd.11 Czech GP 14August
Rd.11 Czech GP 14August
 Photo:RIZLA+.SUZUKI MotoGP
c0084643_03511.jpg


8月14日、チェコ・ブルノで開催されたMotoGP世界選手権第11戦、リズラスズキのアルバロ・バウティスタは、自己最高ポジションの2番手争いを展開、しかしながら残り6ラップでクラッシュに見舞われリタイヤを余儀なくされた。

 14番グリッドスタートのバウティスタは、スタート直後から抜群の追い上げを見せた。1ラップを終えて10番手に浮上、4ラップ目には7番手となり、着々とトップグループに迫り、安定した走りでポディウム圏内の好ラップタイムを刻みながら、とうとう他の4台との2番手争いに加わった。さらにバウティスタは、前を走るV・ロッシ(ドゥカティ)との差を詰めると、レース終盤で勝負を仕掛けるかに見えたが、16ラップの第13コーナー進入時にスリップダウン、グラベルへと滑り込んだ。幸い怪我などのダメージはなく、バウティスタは再スタートを試みたがそれは叶わず、無念のリタイヤとなった。好成績が期待された展開だっただけに、この一瞬の出来事にはバウティスタ自身も狼狽を隠しきれなかった。
 温暖な晴天に恵まれたこの日のブルノサーキットには15万5400人の観客が詰めかけ、レースは現在ポイントリーダーのC・ストーナー(ホンダ)が優勝を飾った。次戦は8月28日、インディアナポリスで開催。先月のラグナセカに続き、リズラスズキは再び大西洋を渡りアメリカ入りする。


Rizla Suzuki’s Álvaro Bautista looked set for the best MotoGP finish of his career so far at Brno today until he crashed with only six laps remaining.

Bautista began the race from 14th on the grid and rode a superb first lap to put him up to 10th. On the fourth lap he moved in to seventh position and set about hunting down the leading group. He consistently recorded podium-position lap-times and joined a five man group that was battling for second. Bautista had closed the gap on Valentino Rossi and looked like he would make an attack in the closing stages of the race. As Bautista entered turn 13 on the 16th lap he lost the front tyre and slid in to the gravel. He was uninjured and retrieved his machine and re-mounted, but was unable to continue and rode back to the pits. He was visibly upset as he knew that he had the potential today to record a very good result.

Today’s race was held in warm and sunny conditions and the 155,400 fans packed in to the Brno circuit saw Casey Stoner ride to a convincing victory to increase his lead at the top of the championship standings.

Rizla Suzuki now heads back over the Atlantic for the second race in five weeks in America, as the riders get ready to line up for the Indianapolis Grand Prix on Sunday 28th August.

c0084643_041842.jpg
c0084643_042724.jpg
c0084643_043682.jpg
c0084643_044671.jpg

…RACE DATA
■2011MotoGP第11戦チェコGP
■開催日:2011年8月14日(日)決勝
■開催地:チェコ共和国/ブルノ(5.403km)
■観客数:155,400人
■周回数22周(118.866 km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:24度 ■路面:37度
■PP:D・ペドロサ(1分56秒591/ホンダ)
■FL:C・スト―ナー(1分57秒191/ホンダ)
Round: 11- Grand Prix of Czech(Classification after 22 laps = 118.866 km)
Circuit: Brno, Czech Republic
Date: 14 August 2011
Circuit Length: 5.403 km
Race condition:Dry
Air: 24C Ground: 37 C
PP: D. Pedrosa(1'56.591/Honda)
FL: C. Stoner(1'57.191/Honda)

c0084643_06248.jpg
c0084643_061227.jpg
c0084643_062021.jpg
c0084643_062899.jpg
c0084643_063592.jpg
c0084643_064542.jpg
c0084643_065452.jpg

…RESULT
順位 ライダー チーム マシン タイム
1 C・スト―ナー Repsol Honda Team Honda 43'16.796
2 A・ドビツィオーゾ Repsol Honda Team Honda +6.532
3 M・シモンチェリ San Carlo Honda Gresini Honda +7.792
4 J・ロレンソ Yamaha Factory Racing Yamaha +8.513
5 B・スピース Yamaha Factory Racing Yamaha +10.186
6 V・ロッシ Ducati Team Ducati +12.632
7 N・ヘイデン Ducati Team Ducati +23.037
8 C・エドワーズ Monster Yamaha Tech 3 Yamaha +24.189
9 青山博一 San Carlo Honda Gresini Honda +25.202
10 H・バルベラ Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati +36.566
11 T・エリアス LCR Honda MotoGP Honda +36.679
12 R・ド・ピュニエ Pramac Racing Team Ducati +37.109
13 L・カピロッシ Pramac Racing Team Ducati +48.911

Pos. Rider Team Machine Lap
1 C. Stoner Repsol Honda Team Honda 43'16.796
2 A. Dovizioso Repsol Honda Team Honda +6.532
3 M. Simoncelli San Carlo Honda Gresini Honda +7.792
4 J. Lorenzo Yamaha Factory Racing Yamaha +8.513
5 B. Spies Yamaha Factory Racing Yamaha +10.186
6 V. Rossi Ducati Team Ducati +12.632
7 N. Hayden Ducati Team Ducati +23.037
8 C. Edwards Monster Yamaha Tech 3 Yamaha +24.189
9 H. Aoyama San Carlo Honda Gresini Honda +25.202
10 H. Barbera Mapfre Aspar Team MotoGP Ducati +36.566
11 T. Elias LCR Honda MotoGP Honda +36.679
12 R. De Puniet Pramac Racing Team Ducati +37.109
13 L. Capirossi Pramac Racing Team Ducati +48.911

c0084643_073023.jpg


アルバロ・バウティスタ DNF
「転倒リタイヤは非常に悔しいけれど、同時にトップグループを走れたことはとても嬉しく、複雑な気分だ。何より嬉しかったのは、後方グリッドスタートから追い上げて2番手争いまで行ったことだ。スタートを上手く出て、最初のいくつかのコーナーで何台かパスし、まもなくトップグループに追いついた。そこからは最大限に頑張った。限界まで攻めていっても、すべてコントロールできていた。しかしラスト6ラップでフロントがスリップした。そのコーナーの進入は、前周回までまったく問題なく走っていた所だったので、転倒したのが不思議だった。支えてくれたチーム全員とすべてのスポンサーに心からありがとうと言いたい。今回はワイルドカードで出場したジョン・ホプキンスとの2台体制だったが、決勝は自分1台になり(公式練習で転倒したホプキンスはDNS)、さらにDNFという厳しい週末になったことはとても残念だ。好成績を期待したが、まさかの結果になってしまった。全体にはレースペースもリズムも良いので、今後のレースで頑張って結果を出したい。クオリファイでもっと良い順位につけて、決勝では前方グリッドからスタートしたい。それができれば必ず良い結果に結びつくだろう。」

Álvaro Bautista:

“I have a strange feeling because I am frustrated that I didn’t finish after crashing, but I am also quite happy because I did all that was possible to stay with the front group. I was riding just a few seconds behind second position and, after starting from the back of the grid, I was pleased about that. I made a good start and got past some riders in the first few corners and before long I was behind the quick group. After that I pushed to my maximum - I was on the limit, but everything was under control - and then with six laps to go I crashed. I lost the front and it was strange because I entered the corner like the lap before and felt nothing wrong.

“I want to say thank-you to all the team and the sponsors for their confidence and support. I also want to say sorry because it has been a difficult weekend for everybody; we started with two bikes and only had one in the race and none at the end. We expected a good result here, but at the end we are very disappointed with what happened. We need to keep working well in the next few races, we have a good race pace and rhythm, but we need to improve in qualifying because starting from the back means I have to give more effort at the start to catch the front group. I think if we start nearer the front we can stay with the group a lot easier, and the results will come.”

c0084643_082491.jpg


ポール・デニング 監督
「ジョン・ホプキンスが金曜を走り終えた時点で私に話したのは、(ホプキンスがバウティスタの代理で参戦した第2戦)ヘレスの時から比べてチームは格段に進化しており、ポディウム獲得を目指すレースができる、ということだった。これはスズキのエンジニア達にとってもグッドニュースであり、アルバロが証明してくれた今後の可能性と共に、新たなシャーシと新たなエレクトロニクス戦略、新たなセッティングのいずれも正しいことを確信させてくれた。そのようなわけで期待も高かっただけに、決勝でジョンがDNS、アルバロがDNFという結果はあまりに残念な事態だった。スズキのためにこれからのレースにベストを尽くして取り組み、幸運を掴みたい。残り6ラップでのアルバロのクラッシュは紛れもない事実であり、スポンサー、ファン、友人などチームを応援してくれるすべての方に申し訳ない思いだ。しかしレース内容としては、一層のポテンシャルを示している。14番グリッドからのスタートで、1ラップ目で10番手、D・ペドロサの転倒も幸いして4ラップ目では7番手に上がった。後方スタートからの追い上げ走行ながら、アルバロがクラッシュするまでの平均ラップタイムは、じつにJ・ロレンソ(ヤマハ)、B・スピース(ヤマハ)、V・ロッシ(ドゥカティ)よりも速く、A・ドヴィツィオーゾ(ホンダ)とM・シモンセリ(ホンダ)のわずか0.2秒落ちだった。さらに昨年の平均ラップタイムと比べて1.8秒も短縮している。また8、9、10ラップと12ラップでは2位のタイム、11ラップでは3位のタイムを出している。クラッシュの前、アルバロは2位に3秒後方まで迫っていた。アルバロの最高速度は298.3km/hで全体の4番目、トップとはわずか2.7km/h差だ。ジョンのプロ精神に満ちた姿勢と、ジョンが走る機会を与えてくれたスズキとリズラ、フィクシィに改めて御礼を申し上げたい。そして素晴らしい頑張りを見せてくれたアルバロについては、予選でより良い結果を出し、決勝を走りきって、アルバロとリズラスズキの持つポテンシャルを証明しなくてはならない。アルバロを信頼し、インディアナポリスでは必ず良い結果を出したい。」


Paul Denning – Team Manager:

“John Hopkins told me after Friday that the Rizla Suzuki had improved so much since Jerez – and that it was capable of fighting for the podium. This was a nice thing for Suzuki’s engineers to hear, and it confirmed – alongside the potential recently shown by Álvaro – that the new chassis, new electronics strategies and new setting direction was correct. So to end up here on Sunday afternoon with John in a cast and Álvaro in the gravel – after a stirring display – is so depressing. We are all working hard to get the best results possible and to keep Suzuki in MotoGP - we need a little luck!

“Álvaro crashed with six laps to go, that’s the reality and we are sorry to all our sponsors, fans and friends of the team. However, the race statistics do show more of the potential:

- We started 14th and we were 10th at the end of lap one, and seventh at the end of lap four. The only place gifted to us was Dani’s crash.

- Álvaro’s average lap-time until the crash was faster than Jorge, Ben, and Valentino, and was 0.2 from Andrea and Marco, despite the traffic caused by the starting position.

- Álvaro’s average lap-time was 1.8 seconds faster per lap than 2010.

- On laps 8,9,10 and 12 Álvaro was the second fastest rider on the track, and was the third fastest on lap 11.

- Before the crash, Álvaro was only three seconds back from P2.

- Álvaro’s best top speed over the weekend was fourth fastest at 298.3km/h, only 2.7km/h slower than the best.

“Thanks again to John for his professionalism at Brno, and to Suzuki, Rizla and Fixi for helping us to give him the opportunity. As for Álvaro – what a fantastic effort, but we have to qualify better and finish the races, and make use of the obvious potential that he and the Rizla Suzuki have. We believe in him completely and we will go to Indy and give our maximum once again.”
c0084643_084790.jpg
c0084643_085634.jpg
c0084643_09448.jpg
c0084643_091211.jpg

by carbon_tras | 2011-08-17 00:09 | Trasからのお知らせ

<< Rd.12 Indianapo... Eco Car Cup 201... >>

カーボン職人集団 Tras
最新ニュース


by carbon_tras


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新田正直photoTras 代表
新田 正直です。